~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2010/01/02 Sat 11:27
ちょうど、FC2のブログを作って丸2年になりました。

初エントリーが2年前の1月3日だったと思います。

m3のブログからは3年弱になります。

ブログを開設してからいろいろな事がありました。

m3をはじめた当時は、医療崩壊という言葉は医療者以外ほとんど知られていませんでした。

医者自身も、日本の医療レベルが世界と比べて本当に優れているのかを詳しく知っている医者はほんの一握りでした。

私も、ブログをはじめて、他の医者ブロガーとの交流をしたうえで今の医療情勢、政治的な問題、司法の問題などを知っていきました。

その過程で医療関係者と一般の方との医療に関する常識のずれが非常に大きくて、それが医療崩壊の原因のひとつになっていると感じました。

せっかくブログを開設しているのだから、少しでも医療崩壊を避けるべく力になりたいと思い今までのブログの形式となりました。

ブログの内容としては

・医者が一般に考えていること。

・がんに関する情報の提供

・一般医療のニュースに関してのコメント

・今までの患者さんの生き様

などをつづってきました。

多くの医師ブロガーがそうだったのですが、大野事件は大きなインパクトを持っていました。

大野事件の判決が出た後にブログをやめた先生方も多かったのも事実です。

確かに、あの判決の後にブログに対する情熱が少し冷めてきました。

さらに一番印象に残っていた『遠くて遠い』をあげてさらに気力が減りました。

その後も、いろんなネタでブログを続けていたのですが、途中から自分の趣味をかねてブログを書いていたのがだんだんと義務のような感じになって来ました。

そう感じだしたときに、新型インフルエンザなどがあり、また、ブログを書かなければならないというような使命感があり続けてきました。

一番楽しかったのは、やはり『楽しい入院生活』のUさんでしたね。

なんだか、ブログを終わるみたいに感じられたかと思いますが終わるわけではありません。

残しておきます。

ただ、新しいエントリーはもうないと思います。

もう、更新する気力というのがなくなりました。

最後に気力を奪ったのは事業仕分けで来年の診療報酬がマイナスになるとの話が出たときです。

最終的には少しプラスですが、今の状況は大幅プラスにしなければ行けない状況だと思っています。

病院は、まだまだ人手が足りていないので新たな雇用を作り出せる場でもあるのです。

この時代こそ医療や介護にお金をかけるべきだと思います。

3年にも満たない短い間ですが今までおつきあいいただいて本当にありがとうございます。

これからは、目の前の患者さんと学会などの活動で医療に貢献していきたいと思っています。

もしかして、また書かなければという気力がわいてきたら再開するかも知れません。

今のところ、2週間放置していましたけどもそう言う気力は出てきていませんけど。

現実的なのは、他のブログで今までのエントリーを小出しにしていくことはあるかも知れません。

新年早々のお知らせでした。





ひとつ心残りがあるとすれば尊厳死についてのエントリーをあげようと思っていたのですが、あげることは出来ませんでした。

難しすぎて、うまくまとめることが出来ませんでした。

3年前から、考えていたんですけどね。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

TBSって 
2009/12/08 Tue 12:20
最近、TBSがひどいと感じます。

市橋容疑者を乗せた車の警備を突き放し公務執行妨害で逮捕されたのもTBSの社員でした。

ゴルフの試合中に取材用のカートで詩とをはねたのもTBSでした。

しかも、前日に主催者側から注意されていたらしいのです。

http://www.j-cast.com/2009/11/30055062.html

石川選手がらみでは、ヘリコプターが近づきすぎて試合中断させたこともありました。

また、試合中の発言を盗聴しようとしたりしていました。

両方ともTBSです。

また、内藤・亀田戦でも『内藤×亀田戦の舞台裏でリングアナがTBSに激怒 』とあります。

>29日夜に行われた内藤大助(35)vs亀田興毅(23)のプロボクシングWBCフライ級タイトルマッチの舞台裏で、中継局のTBSが判定の採点内容を読み上げないよう、リングアナウンサーに指示していたことが分かった。

スポーツをいったい何だと考えているのでしょうか?

またこんなサイトもあります。

『暴走TBS──取材を受けると被害にあうテレビ局』

内容を見ると本当にひどいですね。

そういえば、『坂本堤弁護士一家殺害事件』もTBSでしたよね。

正直、放送免許剥脱して欲しいと思います。と思ったら、そんなアンケートがありました。

『TBSの放送免許を剥奪したほうがいいと思う?』

ここでは、9割を超える方が剥奪した方がいいと考えているようです。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

そういえば、毎日新聞もいろいろ話題を提供してくれましたね。

『毎日新聞があつい 』

新聞の時代は終わりました。

テレビの時代も終わろうとしています。

そんなときに、こんな事ばかりしていては自分の首を絞めているだけなのに。

いったい何を考えているのでしょうかね。
目先だけなの? 
2009/12/05 Sat 11:00
先日、『日本の医療費』についてのエントリーをあげました。

これと似たような話があります。

『ノーベル賞受賞者・フィールズ賞受賞者、「事業仕分けに対する緊急声明」』

 資源のない我が国が未来を持つためには、「科学技術創造立国」と「知的存在感ある国」こそが目指すべき目標でなければならない。この目標を実現するために、苦しい財政事情の中でも、学術と科学技術に対して、科学研究費補助金を始め、それなりの配慮がなされてきた。このことを私たちは、研究者に対する国民の信頼と負託として受け止め、それに応えるべく日夜研究に打ち込んでいる。
 学術と科学技術は、知的創造活動であり、その創造の源泉は人にある。優秀な人材を絶え間なく研究の世界に吸引し、育てながら、着実に「知」を蓄積し続けることが、「科学技術創造立国」にとって不可欠なのである。この積み上げの継続が一旦中断されると、人材が枯渇し、次なる発展を担うべき者がいないという《取り返しのつかない》事態に陥る。
 現在進行中の科学技術および学術に関する予算要求点検作業は、当該諸事業の評価において大いに問題があるばかりではなく、若者を我が国の学術・科学技術の世界から遠ざけ、あるいは海外流出を惹き起こすという深刻な結果をもたらすものであり、「科学技術創造立国」とは逆の方向を向いたものである。
 学術と科学技術に対する予算の編成にあたっては、このような点検の結論をそのまま反映させるのではなく、学術と科学技術の専門家の意見を取り入れ、大学や研究機関運営の基盤的経費や研究開発費等に関する配慮を行い、将来に禍根を残すことのないよう、強く望むものである。




ただでさえ、日本の教育費は医療費と同じように絞られています。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3950.html

こんな状況で研究費をけずれば医療と同じようにズタボロでしょうね。

しかし、この国は目先のことしか考えてないんですかね。

ため息が出ます。

もっと、将来を見据えてお金の使い方を考えて欲しいものです。

もし、どうしても削りたいなら他にも削るところがあるでしょう。

例えばJAL。

こんな時に、なぜ税金をつぎ込まないといけないのか?

アメリカの会社が支援をと手を挙げているではないのですか?

任せたらいいんじゃないですか?

何か問題でもあるんでしょうか?

地方空港も存続しておくだけでどれほどの赤字を生み出すのでしょうか?

聞いた話ですけど、地方空港の整備会社などが天下り法人でどんな仕事にせよそことの契約が他の水準からしたら高額でそれがJALの赤字の原因となっているとのこと。

おそらく、外資系と提携させずに税金をつぎ込もうとしているのは外資が入ればそのような天下り法人との契約が一番無駄なことにすぐ気がつかれて契約更新しないからだろうとのことです。

JALの現場で働いている人間は、結構削られているらしいですよ。

もし、このまま税金がつぎ込まれたら、天下り法人がぶくぶく太ることになるようです。

JALに税金投入は本当にやめて欲しいものです。

確かに、日本は大きい国ではないので飛行場は今ほどいらないでしょう。

本州なら陸路でいいのではないでしょうか。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。
ほこり 
2009/10/09 Fri 19:20
10年の歳月は今度アップします。

もう、ご存じの方も多いと思いますがこんな記事がありました。

『<調査>自国への誇り、最も高い国は豪、中国は7位、日本は最下位―英誌』

>英誌エコノミスト(The Economist)が発表した調査結果によると、世界33か国中、自国に対する誇りが最も高い国はオーストラリア、最も低い国は日本であることが分かった。

>オーストラリアが自国に付けた点数は100点中90点前後と最も高かった。最低点を付けたのは日本で、およそ56点だった。「オーストラリア国民の自国への情熱は、まるでスポーツのようだ」と同紙は総括している。

>同ランキングの2~10位は、順にカナダ、フィンランド、オーストリア、シンガポール、インド、中国、フランス、スペイン、チリ。自国に対する誇りにおいて世界基準とされている米国は11位で、自国に付けた点数はおよそ70点だった。

なんだかなぁ。

日本は、いいところたくさんありますよ。

世界的に見ても誇れるところたくさんあります。

確かに、誇れないところもたくさんありますけど。

でも、33カ国中最下位って誇りなさ過ぎですよね。

どう、悪く考えても真ん中辺じゃないでしょうか?

こんな記事を見ると将来が暗くなってきますね。

この記事に対する緩和ケアの先生であるhirakata先生の意見が的を射ていると思うのですが皆さんいかがでしょうか?

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

少し、引用させてもらいます。

http://air.ap.teacup.com/awatenai/1064.html

>これはひとえに、教育の結果だろう。
>よその国は「私たちの国はすごい」「私たちの国はこんなところが優れている」「私たちの国は世界一」と、自分の国に誇りを持てるような教育を続けているのに対して、日本は戦後一貫して、謙虚であり続けるような教育を施してきた。
>謙虚といえば聞こえはいいが、「卑下することが日本の取るべき態度」というような教育が、戦後しばらくの間は米国によって、その後は日本以外の国々の内政干渉によって、行われ続けてきた。

>よその国では、あることないこと好き勝手に書いて「日本はひどい国だ」と教育していても、それに直接抗議することは行われていない。しかし日本の教科書が、外国で言われていることと違うことを書くと、たとえ日本の教科書の方が客観的であっても「修正しろ」と圧力を掛けてくる。

>教育の現場で責任を持つ人が、国旗を掲揚するなとか、国歌を歌うなとかいう国が、日本以外に世界のどこにあるだろう。そのような教育をすべきだと考えている教師たちは、日本をどのような国だと思っているのだろう。
>日本を恥ずかしい国だと思う人たちに、これからの日本を担う子供たちを教育してほしくない。

>私は、日本は世界の中でたくさん誇れるものを持っている国だと思う。
>誇れる歴史もあるし、誇れる技術もあるし、誇れる頑張りも持っていると思う。
>そのような実力を、実際の実力よりちょっとだけ謙虚に評価して教育するぐらいが、丁度いいのではないかと思う。

>日本人は、もうちょっとこの日本という国に、誇りを持ってもいいんじゃないかと思う。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

エコロジー万歳 
2009/09/29 Tue 12:11
エコ、エコと言いますが、日本の場合はマスコミが騒ぎすぎているだけのような気がします。

それに乗じて、いろいろな企業がエコ、エコといってお金儲けのネタにしているような気がしてなりません。

それを政府が後押ししているような。。。

確かに、無駄を省くというのは普通に考えて誰も反対意見はないですわね。

省きすぎは問題ですけど。

特に、マスコミに洗脳されてますのでマイバッグも持参した方がいいと多くのかたは考えていますし、マイバッグの中に直接買ったものをいれて持ち帰ることも普通です。

でも、昔は違いました。

コンビニもほとんどなかった時代、あっても24時間営業は珍しかった時代の話です。

手のひらに乗る程度の品物を購入したお客さんが、店主に

『おしるしでいいですか?』と聞かれて(おしるしとはテープなど張るだけ)

『きちんと包装するのがサービスだろ』

と怒鳴っているのを見たことがあります。

そのときから比べると今の状況は全然違います。

そんなことで怒る人は今はいないでしょう。

もちろん、無駄遣いはダメだと思いますがいきすぎたエコはどうかと思っています。

エコポイントもテレビにつくの?テレビってそんなに電気を消費したっけ?

なんだか、地デジ推進の補助をしているだけのような気がします。

また、エコカー減税もありますが、ほとんどの車に適応されているみたいでなんだかなぁと思います。

電気屋さんや車屋さんのためのエコみたいです。

まあ、私がつぶやいてもどうしようもないことを書き連ねてしまいましたが今日の本題はこれからです。

こんなのがありました。

ホワイトゴートです。(クリックすると音が出ますので注意を)

なんとシュレッダーから出た紙くずをトイレットペーパーにかえてくれる機械です。

1個のロールを作るのに約30分24時間稼働すると48個のトイレットペーパーが出来上がるとのことです。

使うのは電気と水だけのようです。

ネーミングもホワイトゴート(=シロヤギ)だなんていい感じですね。

ちなみに1台あたりおよそ900万円だそうです。

いい値段していますが企業とすれば機密文書がきちんと水に流せますしいいのかもしれません。

しかし、電気代などひとつのロールを作るのにどんだけかかるのでしょうか?

気になります。

エコは少し毛嫌いがちな私ですが、ホワイトゴートならOKです。

だって、目の前でゴミからロールが作られるの凄くないですか。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

これがホントにエコに結びつくかどうかは別にして興味をそそられたもので。

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。