~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
在宅医療の問題点 
2009/04/29 Wed 09:54
先日、熱心に往診をしている開業医の先生と話をする機会がありました。

普段は、あまりないので新鮮に感じたことがふたつあります。

ひとつ目は、紹介状の内容についてです。

仕事柄、往診を熱心にしている開業医さんへの紹介状といえば、在宅医療を望む患者さんを紹介することが多いのです。

紹介状の内容は、がんと診断がついたときのステージ、そして行った治療歴(抗がん剤、放射線、手術など)と治療の効果、いつどこに転移が出現したかなどを中心に書いていました。

往診に熱心な開業医が望む紹介状とは、そんなものではないのです。

病院から病院への紹介状ならそれでよかったのでしょうけど。

開業医が望む紹介状とは、現在の患者さんの状態です。

例えば、食事はどんなものか(胃瘻や高カロリーが必要か)、トイレまで歩けるか?、ほかに管はついていないか?、呼吸状態は安定しているか?どんなところに気をつけて診察すればよいか?(例えば、すぐに誤嚥をするので気をつけてとか排便のコントロールが悪いとすぐにイレウス(腸閉塞)になるとか)の情報が欲しいそうです。

ですので、医者の書く紹介状よりも看護サマリーの方が役に立つことが多いそうです。

まあ、冷静に考えたらそうですわな。

今までの治療経過よりも、在宅で診るにあたってどんなところを注意して診察したらよいか、さらに自宅で最期を迎える決心がついていない方ならどの病院に搬送すればよいかも大切な情報でしょうね。

もうひとつは、医療器具の問題があるそうです。

熱心な開業医はできるだけ患者さんのためにと思い在宅を希望する患者さんの希望をできるだけ聴こうとします。

するとどうしても、いろいろな医療用具を使わざる負えません。

例えば、尿道カテーテルを使った尿の管理、高カロリー輸液の点滴セットなど多くの管関連の医療器具などを使用します。

在宅で患者さんが使用するのにその患者さんにとっては必要不可欠な者です。

これらの医療器具の多くは10個単位の購入となるそうです。

実際に患者さんに使った分は、元が取れるのらしいです。

ただ、病院に再入院したり、死亡したりしたら余ります。

もちろん、同じ者を使う患者さんがいればいいのですけど。

余った分は当然持ち出しとなってしまいます。

勤務医だとどうしてもコスト意識は低いんですよね。

そんなこと、気がつきませんでしたわ。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

せっかく、一生懸命やってもねぇ。

いつ、再入院するとか全く予測できないのにねぇ。



次回、GW特別企画を予定しています。

おたのしみに!
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

老々介護の現実 
2009/03/22 Sun 13:59
今まであまり介護についての話しはなかったような気がします。

何故かというと医者は介護の現場を直接は知らないことが多いからです。

往診などをたくさんしている開業医の先生はよく知っているかも知れませんけど。

個人的には、看護師やヘルパー、ケアマネージャーの話を聞いて介護の現場を想像していたのでした。

そんな中、老々介護についてまさに百聞は一見にしかずと思われる映像がありました。

『夫の介護の日々映像に…80歳主婦の作品が準グランプリ』

>寝たきりで認知症の夫を介護する日常を描いたもので、内田さんは、「介護に漠然としたイメージしか持っていない人に『老々介護』の現実を知ってほしい」としている。

作品の説明には
『80歳を越した老夫婦が日常生活から介護の現状や家族の大切さを考えるドキュメンタリー。「介護4」の夫を介護する妻が、自らの負担や介護サービスの実態、好きなカラオケを楽しむ夫の姿を通じて老老介護の現実を描き出し、最後は夫婦の絆と実感する。』とあります。

実際の映像を見ると家の中での日常からはじまり、夫の状態の説明、体(膀胱)に入った管の管理など。

そして、訪問看護、ディサービス、ショートスティの実際が描かれている。

おそらく、ディサービス、ショートスティなど介護にかかわったことのない方は知らないであろう。

後半の、カラオケや絵を描いたり(塗り絵)するところを見ていると介護が必要な方には見えなかったんですけど。

介護者のレクリエーションはあまり見たことがなかったので勉強になりました。

あまりこれ以上書くよりも見て頂いた方がわかりやすいので。

実際の映像はこちらから『共に行く道』

介護の現実わかった方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

水がなくても大丈夫 
2008/12/10 Wed 12:26
トイレといえば、何を思い浮かべますか?

やっぱり、水と紙でしょうかね。

水を使わないトイレって、昔のバキュームカーのやってくるくみ取り式を思い浮かべてしまいます。

でも、くみ取り式でなくて水を使わないトイレがあるんです。

『ラップポン』というトイレです。

・水を使わない。
・臭わない。
・お手入れ簡単

の3点がウリらしいです。

ホントにいいのか?と思いながらHPをみていました。

カタメルサーという物質を入れて固める。

しかも、おからから出来てるらしいです。

そして、5重構造のビニールで閉じこめるから臭わないらしい。

さらに小さくて場所をとらない。

簡易トイレ用の周囲を囲む段ボールもあるようです。

詳しくは、ビデオを見てください。

この記事によると2005年からあるようです。

もともとは、災害用トイレとして開発されたらしいのですけど。

最近は、介護用に人気だそうです。

理由は、組み立てが簡単で、室内で使用できて臭いがないことのようです。

病院のベットサイドの簡易トイレとかもってこいですね。

まあ、トイレに水を使わない。という発想がよかったのでしょう。

水、いると思いますもん。

常識的に。

いいと思った方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


あとは、値段だけでしょう。

いくらかかるかHP見た限りはよくわかりませんでした。

気になりますね。



『ラップポンライフ101』なるブログもありました。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

在宅医療推進!? 
2008/02/22 Fri 12:08
m3のブログに去年の6月28日にエントリーした記事です。




緩和医療学会で、ある先生が『在宅は医師、看護師、介護士の三位一体である。』とおっしゃっていました。

まさにその通りです。みんなが力を合わせないとうまくいきません。

以前、最期はどこで?ででも述べさせていただきました。

現在の問題点は介護士もしくはケアマネの方々が緩和医療に対する知識、意識レベルが低い方が多い、もっと研修が必要であるとのことです。

国は、在宅医療を推進しようとしています。
そのために緩和ケアの講習を5年以内に関係者は受けなさいといっています。

それにしても、緩和研修は、医師、看護師、薬剤師、介護士、ケアマネなどの職種が受けるって事ですよね。

ホントにそうなら、大規模な研修体制が必要です。
この研修を行う体制はあるんでしょうか?
5年でできるわけないんじゃないでしょうか?

そこまで分かってるんでしょうかね。

また、緩和ケアチームの友人の医師は
『ある程度のレベルまではすぐになれる。しかし、ある程度専門的な知識を持った方への研修制度がほとんどないのが残念。』とのこと。
本当にそうだと思います。

在宅医療に非常に興味はあります。前回も述べましたが国の政策で在宅を選ぶのではなく、個人個人で選ぶものだと思います。





『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

在宅医療は、医師、看護師、介護師の三位一体です。
がん治療は、手術、放射線、抗がん剤治療の三位一体です。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体


copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。