~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2009/01/30 Fri 12:13

オンラインレセプト義務化と言われても医療関係者以外ピンとこないでしょうね。

レセプトとは、患者が受けた診療について、医療機関が保険者(市町村や健康保険組合等)に請求する医療費の明細書のことです。

これを手書きでなく、ネットワークを通してしか認めません。というようなことです。

もちろん、便利な一面はあります。

ただ、高齢の開業医さんにも義務化は厳しいんじゃないかと思います。

そんでもっていろいろなニュースがありました。

「オンライン請求義務化で廃院」8.6%
 2011年にレセプトのオンライン請求が原則義務化される。それを前に、「手挙げ方式」を主張する日本医師会がアンケート調査を実施し、このほどその結果を発表した。義務化されると対応できないため、廃院を考えている医療施設が、8.6%に上ることが分かった。

60歳以上開業医の約3割が「辞める」-オンライン請求義務化

2011年4月からレセプト(診療報酬請求書)のオンライン請求を義務化する厚生労働省の方針に対し、60歳以上の開業医の約3割が「義務化されれば、開業医を辞める」と考えていることが、全国保険医団体連合会(保団連)の調べで明らかになった。保団連では、「地域の患者の健康などを熟知したベテラン開業医が、オンライン請求義務化で廃院すれば、地域医療に深刻な影響を及ぼす。個々の医療機関の実情に応じた柔軟な対応が必要で、義務化は撤回すべき」と指摘している。

人「手書きレセプト」開業医の約6割が「閉院を検討」-オンライン請求義務化
 2011年4月からレセプト(診療報酬請求書)のオンライン請求を義務化する厚生労働省の方針に対し、レセプト作成用コンピューター(レセコン)を使わず、レセプトを手書きしている開業医の約6割が「閉院を考えている」ことが、大阪府保険医協会の調べで明らかになった。同協会では、「調査結果には、個々の医院の事情などを全く考慮せず、一律にオンライン請求を義務化することの弊害が明確に表れている」として、オンライン請求の義務化の撤回を求めている。

===========================

全体で廃院を考えるのは10%いないのに60歳以上で30%。

高齢者いじめですね。

しかも、手書きレセプトの60%がやめる事を考えているようです。

病院であれば、若い医者に聞いたりしてパソコンのこと勉強する機会も多いだろうけど極端な話し個人商店ですよ。

無理もないと思います。

少なくとも手書きレセプトも条件付きで認めるべきではないでしょうか?

もしくは、どうしても義務化したいんだったらパソコンやソフトの導入、さらに講習会まで国が負担すべきではないでしょうか?

なぜ、国策で行うことに個人商店である開業医が医院の負担で強制されなければならないのでしょう。

そこまでしても、レセプトオンライン化についていけない医師には引退してもらったらいいんじゃないでしょうかね。


『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

そりゃ、訴訟もおこしますよ。

死活問題ですから。

次回は、軽い話でいきたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

100万 
2009/01/28 Wed 12:13
CATEGORY【目次】
とうとう100万アクセス突破しました。

おつきあいしてくれた皆様、ありがとうございます。

こころより、御礼申し上げます。

このブログを立ち上げてもうすぐ2年になります。

ブログの世界では長い方らしいですね。

そう言えば、ブログを書き出したときから存在していたブログも半分くらいはなくなっちゃったような気がします。

やはり、100万という数字は感慨深いものがあります。

m3の上位3ブログは300万を超えているわけですけど。

これをひとつの区切りとして頑張っていけそうな気がします。

これからもどうぞよろしくお願いします。

久々に目次の作成でもしたいと思います。

がん関連です。

『主要評価項目』
臨床試験で非常に大切なモノです。

『抗がん剤なんですけど』
一応、個々に分類してみました。

『薬価についての噂』
少し調べてみると、裏の部分が見えてきますよね。

『究極の緩和ケア』
これもがん関連にまとめちゃいました。

『がん哲学外来』
こんな外来、あったらいいですね。

『ドラッグラグ~薬がない!』
『ドラッグラグ~薬がない!』
使いたい薬が使えないのは辛いです。


医療制度関連です。

『寄付と診療と』
『寄付と診療と』
昔はたくさんあったのでしょうね。
今後、どうしていけばいいのでしょうか?

『薬の通販禁止』
何だか今でももめてますよね。

『通信販売で買えるの!?』
上のエントリーよりよっぽど問題です。

『PFI病院』
『PFIは英国で失敗したが、しかしその輸出は止まらない』だなんて最低ですよね。

『治験の同意』
『治験薬の副作用』
『治験薬の副作用』
治験、臨床試験も医療者と患者さんの考えのギャップが大きいところですよね。

『知識と経験の違いだけでは』
『知識と経験の違いだけでは』
こんなのもギャップのひとつでしょうか。

『NHKスペシャルの編集』
マスコミの方、正しい情報をお願いします。

『自治体病院崩壊』
リコールの騒ぎにもなってます。
どうしようもないみたいですね。
『お知らせ2』
『お知らせ2』
お知らせでした。

『技術の値段』
『技術の値段』
本当に安いと思います

『2008年を振り返って』
『2009年になりました』
『2009年になりました』

医者の仕事関連です。
『モチベーション』
やっぱりね、医者も含めて医療関係者は好きで仕事してる率が高いと思います。
モチベーションがさがると、、、ねぇ。

『ムカッとする診察』
『ムカッとする診察』
こんな事でもモチベーションは下がっていきます。

『おまかせします』
『おまかせします』
こんなことを考えてしましました。

『MRI、恐ろしや』
『MRI、恐ろしや』
ホント、こ・わ・い!!

『腹水穿刺という手技』
『腹水穿刺という手技』
基本的なことを書き忘れていました。
担当医は、何のために腹水を1.5リットルも抜いたのか?と言うこと。
これだけ抜くのは、患者さんがお腹が張って苦しいのを楽にするためです。
肝硬変がよくなるわけではありません。
ですので、この場合必ず腹水を抜かなければならなかったわけではありません。(ただ、抜かないのは非人道的だとさえ思うほどお腹パンパンは、苦しいのですよ。)
こんな風に言われると、苦しくても腹水抜くのを躊躇しますよね。

『患者力1』
『患者力1』
『患者力2』
『患者力2』
患者さんにも医療のこと理解して欲しいです。

『水がなくても大丈夫』
災害用トイレですが、介護用にも十分使えると思います。

『経鼻内視鏡の欠点』



どうでもいい話です。
『藤崎奈々子は、、、』
本当にどうでもいい話でした。
実際に食した方からTBいただきました。


『実名と匿名と』
『実名と匿名と』
どこに分類していいかわかりませんでした。


今まで読んでくれてどうもありがとう!(murajun先生風)



ご祝儀に『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

技術の値段 
2009/01/26 Mon 13:17
尼崎の件で気になったので調べてみました。

ありました。

『腹腔穿刺、230点』

医療関係者はよくご存じかと思いますが、1点10円として計算します。

よって、腹腔穿刺の技術料は2300円と国が決めています。

もちろん、研修医が行っても、私が行っても、消化器専門医で20年以上消化器畑の仕事をしている先生が行っても、教授が行っても同じ値段です。

他にも胸腔穿刺220点、骨髄穿刺130点(胸骨)、骨髄穿刺150点(胸骨以外)とあります。

胸骨の方が簡単にできますが、万が一の時のリスクは高いです。

膀胱穿刺80点安すぎです。

腹腔穿刺より明らかに難しいですよね。

お腹の中に膀胱あるんですからね。

なのに、800円ですよ。

お昼ご飯を外で食べたら800円以上するところ多いですよね。

これと似たような点数が心電図の130点。

これは、リスクを考えると高くはないけど、それを読むための技術料を考えたら安いです。

そんでもって、胸腹エコー500点です。

腹腔穿刺や胸腔穿刺の前に水を確認するのにエコーを当てて確認することがほとんどです。

てことは、医者の技術そのものよりも穿刺前のエコーの方が高いんですね。

医者のやる気をそいでますよね。

リスクのある検査はもっと技術料を認めて欲しいですね。

少なくともエコー代以上は欲しいです。

そう言えば、気管内挿管(緊急時に人工呼吸を行うためにする)も500点です。

5000円ですよ。

泣きそうです。

ちなみに、摘便100点でした。

難易度の高い膀胱穿刺(80点)が、摘便より安いなんて。。。

膀胱穿刺なんて医者からしたらするリスクが大きすぎですね。

本当に、外国と比べて医者の技術料は安すぎです。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

もっとひどいのがありました。

マッサージ安いところでも30分3000円程度しますよね。

心臓マッサージは、30分まで250点です。

30分で2500円!

町中のマッサージ屋さんの値段より安いんです。

しかも、かなりの重労働。

正直、10分真剣にやったら腕はガクガク腰も痛くなります。

しかも、人の命がかかっています。

むちゃくちゃ安いです。

何とかしてくれないかな。

マジで。

ひどすぎです。

この国の技術に対する値段ってこんなモンです。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

お知らせ 2 
2009/01/24 Sat 17:17
『10年後の医療』のエントリーで10年の医療がどうなっているかの小説の紹介をさせてもらいました。

『2018年 地中海病院』



『2018年 菊花病院』

イギリス型の医療崩壊が進んでぼろぼろになって救急でさえすぐにみれない医療、ゆったりとしっかりとみてもらえるが非常にお金がかかる医療との両極端な医療しかなくなった世界がいいわけないですよね。

しかし、10年後(正確には9年後)の医療制度はどんなのでしょうね。

今の、皆保険制度残っているのでしょうか?

そんでもって、本題のお知らせです。

このふたつの物語がなんと、DVD化されるらしいんです。

その手始めとしてボイスサイトができたようです。

音で聞く物語もなかなかよいです。

楽しんだ方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

今日は、それだけですけど。

なにか。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

実名と匿名と 
2009/01/23 Fri 12:26
先日のエントリーの中で『尼崎医療生協問題、医療ミスを証明することは患者側にとってははなはだ困難なことなのです』なるエントリーを紹介しました。

この中で気になる一文がありました。

>開業医なのか、病院勤めなのか、はたまたどこにお住まいなのか、ネットの匿名性の元では、名をさらしている私としては、ちょっと不公平な感じがした。

ネットで実名を出すかどうかは個人の全くの自由だと思います。

特にこの方は、市議会委員であり、実名を出すことによって仕事上のメリットを享受されています。

だからこそ、実名でブログを書いているのだと思うのですが。

仕事上のメリットで実名を出している方が、名前を出すことによってデメリットこそあれメリットの少ない方に対して不公平を言うのはいかがなものかと思ったりしたのですが。

不公平と感じるなら、匿名で情報発信を行えばいいわけですし。

他にもときどき見ている医者のブログで実名を出している方がいらっしゃいます。

その多くが開業されている方です。

実名を出すメリットがあるから出していると思われます。

その中で主にがん関連の話題をしている先生がいらっしゃいます。

興味のあるところですし、一般的でないような治療などに対しては、コメント欄に書き込んでみたいと思うこともあるのですが。

そのブログ主は、基本的には匿名でのコメントは好まれないようです。

こちらが実名でブログを書いているので実名でないコメントには、対応しないこともある。などとときどきコメントで書いています。

基本的には、匿名の世界だと思っています。

もちろん、IPなどを調べることによりどこから書き込んでいるかの目星はついたりするようですけど。

個人的には、名乗りたい方は実名で名乗りたくない方は匿名でいいと思います。

人に、匿名はずるいから実名で発言しろってのはどうなんでしょうかね。

匿名だからこそいろんな意見交換が出来ていると思うのですが。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。
す。

某がんセンターの院長もm3からの連絡1/6の中でこんな事をおっしゃっているようです。

「今年も現場に立脚した意見を述べ、匿名で発言する卑怯者は無視し、医療現場の改善に努めます。」

匿名だからこそ、言いにくい意見も入っており本音の部分があると思います。

力のある先生方が、現場に基づいた意見を聞いてくれなかったから今の医療情勢になっているのではないでしょうか?

中には、匿名で発言する卑怯者もいるかも知れませんが多くはまっとうな意見を述べていると思いますよ。


そういえば、『日々是よろずER診療』のなんちゃって救急医先生は、ブログの本を出版されて実名を出して、ブログをやめちゃいましたね。

勤務医なので実名を出すメリットないですからね。
2009/01/21 Wed 12:15
『卵巣がん「薬がない」 「世界標準」も国内未承認/保険きかず患者は悲鳴1』
『卵巣がん「薬がない」 「世界標準」も国内未承認/保険きかず患者は悲鳴2』
『卵巣がん「薬がない」 「世界標準」も国内未承認/保険きかず患者は悲鳴3』

簡単に説明すると海外で使える標準治療である薬が日本では使えないので患者さんが困っているとの話しです。

卵巣がんの初回治療は、カルボプラチン+パクリタキセルの治療です。

再発までの期間が長ければ再発時の標準治療もカルボプラチン+パクリタキセルの治療となります。

ただし、再発までの期間が短ければ日本で使える薬は非常に限られています。

ドセタキセルあたりが推奨すべき薬剤なのでしょう。

世界的には、ゲムシタビン、トポテカン、リポソーマルドキソルビシンが使用されており、リポソーマルドキソルビシンが一番効果は高そうです。
(確か、第2相試験の結果しかなかったと思います。)

これらの薬剤は日本で未承認、もしくは、卵巣がんに対して適応がありません。

ちなみに、リポソーマルドキソルビシンが承認されている国は、こちらです。

確かに、日本以外の多くの国々で使えるようです。

スマイリーの解説もご覧ください。

確かに日本は遅れています。

何とかしないといけない。

世界標準の治療が受けれない。

このドラッグラグを解消しようとして世界に先駆けて承認された薬が『イレッサ』なのです。

ただ、イレッサの場合は薬剤性の肺傷害の副作用が問題となりました。

欧米人にはほとんどなく、日本人を含めアジア人で頻度が高い副作用だったのです。

しかも、最初はわからなかったのです。

イレッサをスピード承認したのだが、それが肺の問題でこけたので国としては慎重になるわけです。

ですので、質の高い臨床試験を行い日本人のデータを出さなければなりません。

どの治療法もそうです。

マスコミの皆様。

個々の事例だけをとりあげて報道するだけではなく、医療全体をみて報道することは出来ないのでしょうか?

イレッサも承認前は夢のような薬と報道してましたよね。

死亡例が続くと、悪魔の薬のような報道をされましたよね。

最近も、治験を人体実験というような報道もありました。

その一方で、ドラッグラグをなんとかしようとの報道です。

これらの報道を垂れ流すだけではなくて有機的に組み合わせてみてはいかがでしょうか?

一般の方々に新しい治療が認められるためには

・臨床試験を行って本当にいいかどうか検証しなければならないこと

・臨床試験に参加するしないは、患者さん自身の自由意志であること

・臨床試験に参加して患者さんにメリットがあるかどうかは不明なこと

・もちろん、予期せぬ副作用や合併症は起こりえること

などを啓蒙していって欲しいものです。

理解できた方楽しんだ方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

2009/01/19 Mon 13:02
がん患者「健康時と変わらぬ生活望む」―東大調査
http://news.cabrain.net/article.do?newsId=20071(ログインしないと全文読めないですが)


放射線科と緩和ケア診療部は、日本人の「死生観」と「望ましい死」についてのアンケート調査の結果が公表されました。

東大病院放射線科外来受診のがん患者312名と、一般353名(東京都民から無作為抽出だそうです)、東大病院の医 師106名、看護師366名から得られた回答を比較して分かった、現代日本人の「死生 観」、「望ましい死」についての結果・解析です。

ちなみに、患者さんの75%は治療済みで20%が治療中だそうです。

医療者と一般の方でギャップが大きかったモノがあります。

・「最後まで病気と闘うことが必要とした」のは、患者の81%、一般66%、医師は19%、看護師は30%

・「やるだけの治療はしたと思えること」は、患者の92%、一般75%、医師は51%で、看護師は57%

・「知らないうちに死が訪れること」は、患者の49%に、一般42%、医師は21%、看護師は24%

・「身の周りのことが自分でできること」は、患者、一般88%、医師は54%、看護師は65%

・「よくないことは知らないでいられること」は、患者の40%、一般39%、医師は13%で、看護師は22%

・「同じ医師や看護師にずっと診てもらえること」は、患者の91%、一般82%、医師は48%、看護師は73%


・「家族やまわりの人に弱った姿をみせないこと」は、患者の66%、一般50%、医師は26%、看護師は30%

・「死を意識せずに、普段と同じように毎日を送れること」は、患者の88%、一般77%、医師は44%、看護師は58%

同病院緩和ケア診療部の中川恵一部長は「『望ましい死』に対する考え方の違いは、医師が終末期の現実をよく知っていることで生じているのだろう。価値観は人によって異なるため、予後の説明や病状の説明などは、個別に配慮して行われるべき。患者にとって知ることは権利であって、義務ではない」と語った。

これらの結果を見ると多くは、医療関係者とそうでない方で見解が異なっています。

非医療者の方が、
「さいごまで病気とたたかうこと」
「家族やまわりの人に弱った姿をみせないこと」
「やるだけの治療はしたと思えること」
「身の回りのことが自分で出来ること」
「知らないうちに死がおとずれること」
「よく知らないでいられること」
を望む傾向が強いんですね。

これは、中川部長の言葉にもあるように医療者は、経験が多いがために一般の方とは考え方が変わっていると思われます。

「同じ医師や看護師にずっとみてもらえること」が面白い結果になってますね。

医師が半分以下なのに対して、看護師は一般の方より少し低い程度で医師と医師以外でわかれています。

おそらく、医師の専門性を活かすためにはずっと同じ医師ではない方が患者さんにとってよりよいと考えているのではないでしょうか。

でも、同じ医師、看護師、病院が安心できるのはわかりますし、私も自分の患者さんはずっと診ていきたいと思っています。

死への恐怖、がん患者より医師の方が強い
http://news.cabrain.net/article/newsId/20068.html
(ログインしないと全文読めないですが)

また、死への恐怖は医師が一番高くその他(看護師、患者、一般)は、同じくらいでした。

これは、まだ医師の間で『死=敗北』という概念がインプットされたままだからじゃないでしょうかね。

死は苦しみや痛みからの解放と考えるのはやはり、患者さんが一番多かったようですね。

死後の世界に対する見方では、一番信じているのが看護師。
ついて一般の方、患者さんと続いて医師が一番信じていないようです。

この結果は、なかなか解説しづらいですね。

私も信じませんけど。。。

結構、楽しませてもらいました。

楽しんだ方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

医療者と非医療者の差は経験や知識で説明がつくんですけどね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

患者力 2 
2009/01/17 Sat 09:15
CATEGORY【診療】
『患者力を発揮して医療事故を防止しよう。』という書類の紹介です。

前回の続きですので。。


>>その3:検査の結果は必ず確認する。


そうしてください。


>・検査を受けたら、いつ結果がわかるかを確認する。

ときどき聞かれますね。

検査によっては、結果がわかるのに一週間以上かかることもあります。

結核菌などの培養だと結果判明までに「8週間」なんてこともあります。


>・説明がなかったら自分から尋ねる。
(便りがないのはよい便りではない。)

少し、耳の痛い話しです。

現実問題として、問題がない(異常がない)から説明を省略することがあります。

ただ、結果が返っていない場合や結果を見ていない場合もないとは言えません。

ですので、確認して頂けた方がお互いに安心です。



>>その4:治療の選択肢について尋ねる。


標準的な治療がひとつしかなくて、この治療以外考えられない。って場合もありますが、そうでない場合もあります。

そんなときは、治療の選択をしなければなりませんから。


>・どのような治療法があるか、またそれぞれの効果と危険について尋ねる。

選択する場合は、メリット、デメリットを天秤にかけて考えないといけませんから、担当医から説明があると思いますけどね。


>・入院が必要な場合、自分の病気を数多く経験している医師や病院の情報を求める。

これも、聞きにくい質問でしょうね。

医師が自分が治療しては不適当だと判断したら紹介したりするのであまり気にしなくてもいいかな。

ただ、今はネットなどで担当医の専門分野とかはわかりますからね。


>・退院するときは、その後どのような診療が行われるかを尋ね、自宅で生活する上での注意事項を聞いておく。

これも、担当医から説明があるとは思いますけど、聞いておいた方がいいですね。

気になる事は些細なことでも聞いてみてください。


>>その5:外科手術が必要なときは、その理由と結果を理解して納得する。


なぜ、手術が必要なのか?
しなかったらどうなるのか?
などは、必ず理解してから手術を受けてくださいね。


>・主治医は誰か、手術の中身と時間、手術の後はどうなるか、回復期はどんな具合か。


主治医と執刀医なども確認した方がいいかも知れませんね。


>・麻酔で具合が悪くなったことや薬アレルギーがあれば、外科医、麻酔科医、看護師に伝える。


これも、薬のアレルギー(前回のエントリー)で述べたように必ず教えてください。

みんな、患者さんをよくしようとして働いていますから。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。



大まかには、よい書類だと思います。

ただ、患者さんから聞きにくいだろうなって事がいくつかありましたね。

これで、患者力をあげるようにしてくださいね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

治験薬の副作用 
2009/01/15 Thu 12:47
毎日
『治験薬副作用で死亡 遺族「他に治療法あった」--大阪地裁』
魚拓

時事通信
『「治験優先で死亡」と提訴 近大病院の抗がん剤投与』
魚拓

読売
『治験薬で死亡 遺族「医療ミス」と近大などを提訴』
魚拓

記事の内容を見ると当時71歳の男性で2005年から同病院で治療を開始、翌年4月にこの治験をすすめられたようです。

いろいろ調べてみると、日本でマツズマブ単剤の第2相試験が行われていたようですのでこれに参加されたのでしょうね。

臨床試験に参加したのだが、残念ながら薬剤性肺炎の副作用でお亡くなりになったようです。

臨床試験とは、拙ブログで恐縮ですが、
2007年9月7日のエントリーの中で

『臨床試験は、参加する患者さんのためのものではなくて、5年後の同じ病気の患者さんのために行われているものです。もし、臨床試験に参加するならそのことを十分に理解した上で参加するようにしてください。』と書きました。

臨床試験(治験を含む)の目的は、今後の標準治療を作ったりとか今後の有望な治療を見つけたりとかある特定の患者さんに効く治療は何かなどを見つけるために行うものです。

理論的によりよいと考えたり、過去の試験の成績でよいものが次の試験に選ばれる治療になります。

そして、現在の標準治療と比べてそれで認められればエビデンスのある治療を認められるのです。

ですので、試験の意義を理解して参加されていれば、予期せぬ副作用で命を落とすかも知れないことはわかると思うのですけどね。

あとは、試験に参加するときの同意の説明内容がどうであったかが問われるのでしょうかね。

ただ、参加している以上文書で試験に参加することを同意して参加されていると思うのですが。

ちなみに、マツズマブとは、抗上皮成長因子受容体(EGFR)抗体であり、去年大腸がんで認可されたセツキシマブ(アービタックス)と似た薬です。

厳密には違いますが、ゲフィチニブ(イレッサ)やエルロチニブ(タルセバ)ともかなり似た薬です。

ということは、薬剤性肺炎が起こることは可能性として予測できたのではないでしょうか。

現に、セツキシマブ(アービタックス)の重大な副作用として薬の説明書(添付文書)の書いてあります。

ということは普通は肺炎の副作用のこと説明していると思うんですけどね。

少なくとも、同意文書の中に記載はあったと思いますが。
(現物見てませんけど間違ってたらすみません。)

治験の説明の同意のサインなんて意味がないのでしょうかね。

標準的な治療がよければ参加しなければいいんですけどね。

いい結果になると思ってたら、悪い結果だったから、、、とだけは考えたくないですね。

いつも、1時間程度かけて説明して参加するかどうか考えてもらっているんですけど。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

まあ、仕方のないことかも知れませんけど。

ただ、許し難いのは、読売の記事です。

『医療ミス』ですって。

薬の副作用である肺炎が起こることは医療ミスなんでしょうか?

あきれてものが言えません。

本当にビックリしました。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

タグ : 近畿大学

腹水穿刺という手技 
2009/01/13 Tue 12:15
CATEGORY【診療】
お腹にたまった水を抜くことを腹水穿刺といいます。

先日、尼崎の病院で腹水穿刺後にトラブルが発生しました。

この件に関しては、いろいろなブログで意見が述べられています。

NATROM先生の『NATROMの日記』
『腹水穿刺後の死亡の記事比較』
『謝罪とミスを認めることは違う』
『大阪市会議員が尼崎医療生協病院を批判』

紹介された市議会委員のブログです。
『尼崎医療生協問題、医療ミスを証明することは患者側にとってははなはだ困難なことなのです』

今回の件でも医療者側と患者さんとの間に理解不足な点があるかと思われます。

NATROM先生もあげられているように謝罪とミスは異なります。

今回のケースでは、遺憾の意を表すことは当然ながら必要であったでしょう。

それが、手技や処置、診療行為に対する謝罪ではないと思います。

それを謝罪ととったために行き違いが出たのでしょう。

腹水が抜けなかったことに対して失敗したのは事実のようですが。

例えば、採血や点滴を行うときの静脈の確保。

これも基本的な手技のひとつですが、『10人連続で成功するか?』と聞かれると多分大丈夫だろうけど、100%の自信はありません。(自分自身で採血はうまい方だと思ってますけど。)

では、100人連続ならどうでしょう。

正直、少なくとも1回は失敗すると思います。

私も失敗したときに『すみません、痛い思いをさせて、もう一度させてください。』と言うことが多いです。

人間関係ができれいればもう少し砕けた表現をしますけど。

どんなに上手な人がやっても失敗することはあるのです。

これに対していちいち目くじらをたててミスだ。次からは何とかしてもらわないと。と言われてもやはり、一定の確率で失敗は発生してしまうのです。

場合によっては、1回でちゃんとやってなどとプレッシャーをかけられた方が緊張して失敗する率は高いと思います。

腹水穿刺は、手技の中でもどちらかと言えば容易に安全に出来る手技であると思います。

指導医の元、研修医に行わせるのはごくごく当然の事であると思います。

ただ、数回やってダメならば指導医に代わるべきだとは思いますけど。

今回の腹水穿刺は2回目でちゃんと抜けてますので手技自体の問題は全くないと考えられます。

そのあとの止血に関する問題はどうなのかわかりませんけど。

『医療報道を斬る』のbamboo先生のエントリーで『医師はミスを認めたか』もありました。

普通は、止血処置(圧迫など)など行わなくても出血することはないんですけどね。

肝臓が悪くて血を固める力が非常に悪かったと推測してしまいます。

また、bamboo先生のエントリーでこんなのがありました。

『警察はどう動くのだろう』

これは、胸腔内に管を入れようとして胸腔のすぐしたにある肝臓を刺してしまい出血したようです。

重症の合併症であったのですが、『医療の世界では、今回のような出血は、一般的に行われる医療行為、手術を行った時に起こる合併症とされており、ミスではない。止血の措置もちゃんとやっていた。』との事で異常死と考えないとしたようです。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


どんな上手な人が行ってもある一定の確率で起こることを合併症といいます。

合併症をおそれては医療行為はできません。

腹水を抜かない選択もあるのでしょうが、お腹が張って苦しかったのではないでしょうか。

腹水によるお腹の張りをとるために一番確実な方法は、腹水穿刺にて腹水を抜くことです。

一般の方々に医療の不確実性が広まることを望みます。


あかがま先生も『日本の医療よ。さよぉなら』なるエントリーをあげられました。

私も、研修医が腹水を1回抜けなかった事が問題になるなら医者をやめたい。と考えてしまいました。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

患者力 1 
2009/01/11 Sun 13:56
CATEGORY【診療】
『患者力を発揮して医療事故を防止しよう。』という書類を見る機会がありました。

非常に興味を持って読んでみました。

いいことが書いてあります。

作成したのは琉球大学医学部附属病院地域医療部のようです。

ネット上にないかと探してみましたが見つかりませんでした。

引用させて頂きます。

サブタイトルとして『医療事故にどう遇しないための患者心得』とあります。

その1からその5まであります。

>>その1:わからないとき、心配なときは何度でも質問を。

ぜひ、理解してから治療なり検査なりを受けてください。

>・何でも質問できる「かかりつけ医」がいると安心。

確かにその通りです。

ただ、年に一度くらいはかかっていないとかかりつけ医にはなりにくいでしょうね。

健康そのものの方には、厳しいですね。

いろんな病院をしょっちゅうかかっている方にはいい啓蒙ですね。

>・家族や知人と一緒に受診して、説明が理解できるように手伝
ってもらう。


簡単な病状であればその必要もないかと思いますが、治療に伴うリスクが大きい場合で経過観察(様子をみていても)でもいいような病気であれば複数で説明を聞いた方が理解がすすむでしょう。

これは、オススメです。

>・自分の状態や治療法について担当医や看護師など信頼できる
人に尋ねて教えてもらう。


当然といえば当然ですね。

自分で病気のことを調べるのも悪くはないですけど、同じ病気でも症状、状況などによって方針が替わることもあります。

また、ネットの情報はウソが混じっていますからね。

>・入院中、自分に直接触れる医療従事者に手を洗ったかどうか
尋ねる。


自分を守るためにはいい質問ですけど、なかなか聞きにくいのはないでしょうかねぇ。

>・薬も検査も多ければ多いほどよいわけではない。

その通りで、ムダな検査や症状は抑えるけど逆効果なクスリ(感染性腸炎の時の下痢止めなど)とかもありますからね。

>>その2:自分の飲んでる薬のリストを持っておく。

これも、ぜひお願いします。

>・医師や薬剤師に自分の飲んでる薬をすべて伝える(市販薬、漢方薬も)

「市販薬だからいいや。」とか「健康食品だからいわなくていい。」とかではなく、全て教えて欲しいですね。

健康食品でも肝機能異常とかが出ることあります。

あと、普通の食品でも異常に食べ過ぎているときは教えてもらった方がいいかな。

例えば、バナナダイエットで毎日バナナを食べています。とか。

バナナ食べ過ぎるとカリウムという電解質が上がることがありますからね。

>・薬のアレルギーも記録しておいて必ず伝える。

これは、非常に大切です。

薬のアレルギー(薬に限りませんが)は2回目の方がきつく出ることが多いのです。

一度目はたいしたことがなくても、二度目は命にかかわる場合があるので。

ぜひ、知っておいて教えてください。

また、アレルギーが出たら担当医にその薬の名前を聞いてメモってくださいね。

アレルギーかどうかも自己判断でなく担当医に確認してください。

医者の判断と素人の判断が異なる場合がありますから。

>・薬をもらうときに副作用や注意事項についても尋ねておく。

まあ、これも聞くに越したことはないですね。

軽くて、頻度の低い副作用まで知る必要はないかと思いますが。

担当医か薬剤師にお尋ねください。

>・薬をもらったら中身を確認する、点滴を受けるときにも中身を確認する。


診察の時に担当医が言っていた話しとあっているかは確認した方がいいですね。

ただ、これも聞きにくいのかなぁ。

参考になった方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


長くなってきたので続きは次回に。。。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

ムカッとする診察 
2009/01/09 Fri 12:20
CATEGORY【診療】
ときどき、外来診察や救急診察(当直のとき)などをしていてムカッとくることがあります。

このムカッとくる原因ですが多くは医者と患者の医療に関する常識の差から出てきているものだと思います。

例えば、救急外来で

『昨日の夜(もしくはもっと前)から高熱が続いている。』とか
『昼間は様子を見ていた。』

とか言われたら正直ムカッときたり、ガクッときたりします。

医者の考えとしたら、『じゃあ何で、昼間の一般の外来をやってるときに来ないの?』とか夜中だったりしたら『それなら、もう少し早い時間に来れるでしょう。』思うのです。

やっぱり、時間外の診察はエクストラで行っており救急でない事があきらかな患者さんがきたらどうしてもムカッとしてしまうのです。

もちろん、調子悪くなってすぐに連絡をいただいてから受診に来られたら全然ムカッとは来ませんからね。

あと、『昼間は用事があって受診できない』なんて言われたら論外です。

顔は笑っているかも知れませんが、心の中ではムカムカしまくっています。

おそらく、この感覚はほとんどの医者がそうであろうと思います。

一般の外来診察では、自分の外来の時間以外に来られる患者さんが困ったなと思うことが多いです。

もちろん、急に調子が悪くなって来られる場合はいいのですが、平日だし、外来あいてるし『来ました。』みたいな患者さんが困ります。

多くの病院は主治医制であり、初診で診た担当医がその患者さんの主治医となることがほとんどです。
(そうでない病院もありますけど。)

ですので、受診されたときに外来から連絡があります。

外来でない日は、ヒマしているわけではなくて検査や、その他の仕事をしていることがほとんどです。もちろん、ヒマな場合もありますけど。

どうしても、診察に行けない場合がありその時は、外来に出ている先生に代診をお願いします。

代診ですので、また、主治医と相談してください。とかとなる事があります。

代診医ですので、どうしても細かいところがわからなかったりします。

そうした場合に、患者さんにも医者が不機嫌なことが伝わって、患者さんも不機嫌になることが多いんですね。

お互いに不幸なことですよね。

ただし、本当に調子が悪くなったりした患者さんにはそんな風には思いませんから安心してください。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

あと、医者から冷たくあしらわれたと感じたときは、治療の必要性や緊急性の低い場合がほとんどですからね。

なかには、医者の問題もあるかと思いますが。


もちろん、医者の気持ちを知って欲しいだけでお互いにお互いの気持ちが理解できればすきまが、埋まっていい関係が築けるのになぁ。と思っています。

患者さんに絶対そうしろというつもりはありません。

患者さんには患者さんの事情があるのですから。

ただ、医者にも医者の事情があるのです。


こんなことを少し理解するだけで患者と医者がよりよい関係へ行けると思うのです。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

寄付と診療と 
2009/01/07 Wed 12:08
『福島県立医大、患者74人から2443万円の「寄付金』

 この件の発端は福島県立医大が、大動脈瘤(りゅう)治療を受けた患者から、公的な医療保険が適用されない材料費を研究費名目の寄付金として受け取っていた問題がありました。

同大の学内調査の結果が25日発表された。
寄付は2004年度-08年度の5年間に、74人から計約2443万円にのぼった。同大は「寄付は任意で、混合診療にあたらない」と、国が原則禁止する混合診療に当たらないとの認識を改めて示したが、来年度からは、患者や家族に対し、医師が直接寄付を依頼してきたこれまでの方法を改める考えを明らかにした。

福島県立医科大の発表です。

保険適用対象外の材料を使用等した診療に関連する
奨学寄附に係る調査結果等について


正直、この様なことは昔からあったのでしょうね。

おそらく、保険で認められていない治療や検査を行ったほうがいい場合があります。

安い検査などであれば、病院の持ち出しで行っています。

ただし、金額が大きければなかなか難しい。

その場合に、患者さんにお金を請求すると混合診療は認められていないので、患者さんの治療全てが自費診療となります。

そんでもって、寄付という形に落ち着いたのでしょう。

この件に関しても、はじめはそのような流れから行われたものでしょう。

ですので、この件を報道するなら、混合診療についても議論するような形で報道するべきだと思います。

もちろん、混合診療解禁した方がいい面もありますし、アメリカ型の医療システムに移行する可能性があるので悪い面もあります。

もうひとつの問題として、大学病院が独立法人化していることもあげられます。

この福島県立医科大学は、公立なので独立行政法人化しているかどうか知りませんけど。

独立採算性だと、どうしても経営を考えなければならないので細かいことでも負担となってきて、本来の大学病院の目的のひとつである研究が不十分となる可能性もあります。

寄付と診療(自費診療と混合診療)。

この問題は非常にデリケートで難しい問題です。

じっくりと議論して決めなければならないと思います。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

MRI、恐ろしや 
2009/01/05 Mon 12:20
CATEGORY【診療】
MRIって放射線の被曝なしに体の内部の画像がわかる優れものの検査なんですけど。

どんな検査かは、wikipedia MRIを参照してさい。

そんなMRIにも欠点があります。

まず、うるさいこと『カンカンカンカン、、、』と音が結構うるさいです。

CTと比べると時間がかかります。

CTとMRIは、それぞれ得意、不得意分野がありますからね。

MRIは、磁力の力で画像を作っているので検査室に金属のものを持ち込んではいけません。

これも欠点かも知れません。

体に金属を埋め込んでいる方は検査が出来ないことがあります。

ただし、チタンなどなら大丈夫です。

明らかに金属であるものはもちろんダメですが、他にはカラーコンタクトレンズ、入墨などもダメなんですね。

金属(入墨の色やカラコンの色に)が入っていてやけどすることがあるらしいです。

磁気のカードの情報も消えますし、時計も狂うことがあります。

検査中でなくても電源が入っているだけで磁場が発生しているので注意しなければなりません。

ナースの髪留めのピンで引っ張られたりするそうです。

アメリカでは、死亡事故も起きているようです。

MRIにボンベが引き込まれて男児に衝突

実際、どんだけすごいものか、見てください。



MRI、恐いと思った方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

『おまかせします。』 
2009/01/03 Sat 17:37
CATEGORY【診療】
患者さんや患者さんの家族から

『おまかせします。』

と言われます。

医者になって間もないことは、その言葉を真に受けてすこし嬉しかったりしたのですが、今、その言葉を聞くとあまり嬉しくありません。

医者なら理解できるでしょうが。

その様なことをおっしゃる方は、目の前の医師を信頼して『おまかせします。』と言っている方もいらっしゃいます。

しかし、医療のことは難しいから、素人だから『おまかせします。』とおっしゃる方もいらっしゃいます。

いつもブログで述べているように医療をおこなう場合、必ずメリットとデメリットとがあります。

その事を理解してもらった上で治療を行いたいのです。

例えば、インフルエンザの予防接種でも問診票の裏を見ればわかりますが、重篤な(ひどい)好ましくないことが起こる可能性はゼロではありません。

また、予防接種したから必ず罹らないわけでもありません。

詳細はwikipediaのインフルエンザを参照してください。

予防接種もするメリット、デメリットとしないメリット、デメリットを考えてどうするかを決めないといけません。

人口全体で見るとインフルエンザの予防接種した方がいいのは当然ですが個人個人では、そうでない場合もあります。

他にも、クスリを飲むメリット、デメリットと飲まないメリット、デメリットを考えなければなりません。

『おまかせします。』と言われるとそのような医療をおこなう上でメリットデメリットを考えていないのかな。とも思ってしまいます。

考えていないなら、もし、デメリットが出た場合に

『そんな事が起こるのは聞いていない。』

と言われるような気がするのです。

私の考えすぎでしょうか?

というわけで、いまは『おまかせします。』と言う言葉はイヤな場合があります。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


ただ、すごく理解の言い患者さんから『おまかせします。』と言われると嬉しいですよ。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

2008年12月 
2009/01/02 Fri 12:12
CATEGORY【目次】
去年の1月3日からはじめたこのブログですので、とうとう1年が経ちました。

同じ内容を出したりしたこともありすみません。

ただ、すこしでも多くの人の目にふれて欲しかったのです。

それで医者とのギャップをなくして欲しいと思っています。

これからもよろしくお願いします。

『人生いろいろ(受診したけど)』   12月1日

『通販禁止』   12月2日

『人生いろいろ(半分、半分)』   12月3日

『モチベーション』   12月4日

『人生いろいろ(結婚式 1)』   12月5日

『藤崎奈々子は、、、』   12月6日

『人生いろいろ(結婚式 2)』   12月7日

『PFI病院』   12月8日

『人生いろいろ(小学生に、、)』   12月9日

『水がなくても大丈夫』   12月10日

『人生いろいろ(自由奔放な)』   12月11日

『経鼻内視鏡の欠点』   12月12日

『人生いろいろ(hap
py birthday?)』
   12月13日

『主要評価項目』   12月14日

『人生いろいろ(お酒、飲めません)』   12月15日

『抗がん剤なんですけど』   12月16日

『事務長、餓死寸前』   12月17日

『究極の緩和ケア』   12月18日

『人生いろいろ(遠くて遠い1)』   12月19日

『治験の同意』   12月20日

『人生いろいろ(遠くて遠い2)』   12月21日

『通販で買えるの!?』   12月22日

『人生いろいろ(遠くて遠い3)』   12月23日

『薬価に対する噂』   12月24日

『お知らせ』   12月25日

『NHKの編集』   12月26日

『がん哲学外来』   12月28日

『自治体病院崩壊』   12月30日

『2008年を振り返って』   12月31日


『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

2009/01/01 Thu 07:46
皆様、明けましておめでとうございます。

とうとう、2009年になりました。

何だか、去年が医療崩壊ストップ元年のような気がしてきました。

ということは、今年は医療再生元年!?になるのかなとも思います。

もう少しかかりますかね。

個人的には、二つ目のブログを立ち上げてよかったと思っています。

やはり、読者層が異なるようで、多くの人の目にとまったようです。

m3のブログももうすぐ100万アクセス行きそうですしね。

やっぱ、正月だから、いいことばかり考えていきましょう。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

みなさんもいいこと考えていきましょうね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体


copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。