~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
ニセの情報 
2009/02/28 Sat 10:31
どんな仕事もそうだと思うのですが、ウソをつかれることがあります。

もちろん、こちらとしてはウソをつかれると思っていませんので後で、ウソだとわかったときに『やられた!!』と思う訳なのですが。

これが、あまり頻回に起こるとこっちも疑ってみたりして。

疑ってばかりいると自分が悲しくなるだけなんですけどね。

具体的には、よその病院からの患者さんの情報ですね。

例えば、『自分で食事食べてます。』との触れ込みで転院して来てもらったら、どう考えても自分で食べれる状態じゃないとか。

『全身状態もよく元気です。』などと聞いているのに実際来てみたら、見た瞬間に『ヤバっ!』と感じるぐらい全身状態が悪かったり。

まあ、1日で状態が変わったのかも知れませんが、変わったら変わったで連絡欲しいですよね。

あと、救急隊からのウソも困りますよね。

救急病院でないと、基本は自分の病院のかかりつけの患者さんしか夜間、休日は診ないことが多いです。

それを救急隊も知っているのか、1回も受診したことのない患者さんを『そちらにかかりつけの患者さんです。』などと搬送してくることがあります。

また、3年前に1回受診しただけの患者さんをかかりつけといってきたり。

正直、困ります。

救急の対応ができませんし。
(だから、救急病院でない。)

救急隊の仕事は病院に患者さんを運ぶまでが仕事ですから、それで終わりなので必死になるのでしょうね。

かかりつけの患者さんは、病状がわかるから来て頂くのですけどね。

3年前なら、どこの医療機関にいってもかわりませんから。

最近は、こちらも賢くなって、主治医の名前と次の予約日を確認するようになってきました。

悲しいですけどね。

何だか、愚痴ブログになってしまいました。


『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


まあ、病名などは前の医者の言うことを信じてはいけないと教えられてきました。

それは、前医の情報を鵜呑みにするのではなく、自分でもう一度判断しろということなのです。

まあ、自分が治療するのだから自分で責任を持たざるおえませんから当然なんですけどね。

ただ、あきらかなウソは、正直むかつきますからね。


あと、クスリ飲んでないのに
『ちゃんと忘れずに飲んでます。』
という患者さんも困りますね。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

ギャップ 解剖 2 
2009/02/26 Thu 12:26
CATEGORY【診療】
前回の続きです。

早速、本題に入りたいと思います。

ある日、Hさんのお父様がお亡くなりになったそうです。

ずっと、慢性疾患をわずらっていてそれが原因でだんだんと衰弱していって。。。というような感じだったそうです。

担当医との関係も良好で不信感のかけらもなかったようです。

お父様がなくなってすぐに担当医から病理解剖のお願いをされたそうです。

Hさんにとって、担当医からの申し込みはあまりにも唐突と感じ、狼狽してしまったそうです。

考えたあげく、解剖を承諾したそうです。

ただ、遺族が悲しみの場にあるときに解剖の話を急にされて心の中に踏み込んできたかのような印象を持ったようです。

もうすこし、別の言い方はできないのかと思ったそうです。

もちろん、病院に行くことはもうほとんどありませんし、今までよくしてくれた担当医に文句を言う気にもならなかったそうなのですが、なんか、心の中で引っかかったものがあったそうです。

それで、たまたま知り合いのD先生にあったときに尋ねられたそうです。

D先生は、こう答えたそうです。

『本当は、ゆっくり時間をかけて、解剖の承諾を求めればいいのですが、現実はなかなか難しいのです。

患者さんが亡くなられたときは、すぐに葬式の手配が始まり、慌ただしくなります。

解剖をしない場合、ご遺体が病院にいるのは、その日か、または遅くとも1日くらいです。

ご遺族の悲しみが落ち着いてからゆっくり説明する余裕はなく、死後間もなく話をせざるを得ないのが現状です。

ゆっくりと病気が進行して無くなった場合は、予め話をすることも可能なのかもしれません。

生前に解剖の話しをする方が、気を悪くする方もいるかも知れません。』

Hさんは、この説明で納得されたようです。





確かに、一般の方からするとそろそろ危ないかも知れないと家族の『死』を意識しだんだんとそれが現実になり、悲しみに暮れているところで予想もしなかった解剖の話しをされて気分を害されるのは当然の反応ではないかと思います。

もちろん、慢性疾患でじわじわ悪くなっている場合なら生前に説明する方法もあるでしょうが、万が一それでご家族の気分を害したと思うと個人的にはできません。

やはり、医師側からすれば病理解剖をお願いするタイミングとしては、お亡くなりになった直後がベターだと考えます。

その理由に関しては、D医師の説明で理解頂けると思います。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

昔からブログを読んでいる方は、十分わかってましたよね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

ギャップ 解剖 
2009/02/24 Tue 12:10
CATEGORY【診療】
以前、病理解剖についての話しをしました。

ただ、質問に対するお返事みたいな感じでした。

やっぱり、解剖中の事は生々しくて医療関係者以外の人に話するのはよくないと感じたからです。

ただ、リアルな病理解剖ではない話しをしたいと思います。

病理解剖の目的としていろいろあると思いますが主には以下にまとめられると思います。

①診断が正しかったかどうか?

②治療の効果はどうだったのか?

③死因と考えていたものは正しかったのか?

④続発症、合併症、偶発病変などはなかったのか?


①は、いいですよね。

②は、もっとよい治療方法があったかなどを検討するため必要です。

③は、①と似たようなものですね。

別の原因がなかったかどうかが興味ありますね。

④は、主治医としてはあまり予想していなかったものが見つかることが多いのです。


例えば、ごく初期の前立腺がんが見つかったりとか、非常に強い動脈硬化があったりとか。

こんな経験もあります。

肺がんの治療でイレッサを使用した患者さんがいました。

イレッサを始めて2週間ほど経って、肺がんのない方の肺に淡い影が出てきた。

医者ならまず、イレッサによる薬剤性の肺炎、感染症による肺炎、がんの増悪による陰影などを考えます。

そして、抗生剤なども効果がなく、そのまま命を落とされたならば一番疑うのは、イレッサによる肺炎です。(もちろん、実際は他にもいろいろ吟味しますけど。)

イレッサによる肺炎が強く疑われて、お亡くなりになられ、ご家族の方の承諾が得られたので病理解剖を行いました。

すると、イレッサにより肺炎が起こったと考えていた影の部分、実は肺がんだったことがあります。

がん性リンパ管症といって肺の中のリンパ管にがん細胞がつまってできた影だったのです。

病理解剖しなければ、薬剤性の肺炎と考えていたわけですから。

画像技術がいくら発達しても、顕微鏡で組織をみないとわからないこともたくさんあるのです。

本当に、病理解剖は勉強になります。

大腸ポリープがあったとか胆石が偶然見つかったみたいな細かい発見もありますけど。

今日は、病理解剖は非常に大切なものであることは当然なのですが本題はこれからです。

でも、長くなってきたし、本題は次回にしましょうかね。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


医者として、病理解剖をするためには、ご遺族にお願いしなければなりません。

タイトルからもわかるようにそのギャップについての話しです。

あるドクター(D医師)が知人と偶然出会い、どういう経緯かわかりませんが解剖の話しになったそうです。

そこで、D医師は一般の方との間に大きな隔たりを感じたとのことです。

それで、このエントリーをあげてみようかなと思った次第です。


病理解剖がいいよって内容ですけど、AI(チームバチスタの栄光で有名になった)もいいと思いますよ。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

ハローキティ病院 
2009/02/22 Sun 10:08
CATEGORY【診療】
HelloKitty_1201265c.jpg

『台湾で人気のハローキティ病院、壁から看護師までキティだらけ』

えーーーーっ、と思ったけど産科みたいですね。

なら許せるか。みたいな感覚になりました。

普通の病院でキティはいかんやろ。と思いますが。

正直、どんな病院だろうと興味ひかれました。


本当にピンクで統一されていますね。

シーツや枕はもちろん、看護師さんのエプロンにまでキティちゃんがいます。

また、ロビーらしきところには、ピンクの白衣をまとったキティちゃんが。。。

外観もなかなかそれらしい感じです。

まあ、ここまでやっていると拍手を送りたい気分になりますけど。

こんな病院ならHPがあるはずと探しました。

ありました。『皓生醫院』というところで産婦人科と小児科があるようです。

HPでは、婦産科となっていましたけど。

大きさは、30床程度の規模のようです。

去年の12月にオープンしたところのようです。

院内の写真は設備をどうぞ。

おどろきは、エレベーターの扉にもキティちゃんが描かれているのと、院内の案内板にもいろんなキャラクターが登場しています。

病院の責任者でありこの病院の自分の故郷に200万ポンド約3億円もの費用をかけられたそうです。

ちゃんと、サンリオのライセンスももらっているようで。

日本でやったらどんな反響になるんだろうか?

非常に気になります。

サンリオにいくら払ったのかも気になります。

気になった方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

あと、1回の分娩費用が気になります。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

続・続・肺結核 
2009/02/20 Fri 13:11
CATEGORY【診療】
肺結核続・肺結核と肺結核について述べてきました。

結核を語る上で大事なことを忘れていました。

ひとつは、結核で治療をする人が周りにいたときどうしたらいいのかと言うことです。

我々からしたら常識なのですが、一般の方はあまり知らないでしょう。

基本は、何もせずに待っていたらいいのです。

保健所から、接触者検診と言う検診にやってきてあなたの検査をしてくれます。

保健所が来なかったら、あなたが結核にかかっている可能性は極めて低いと判断されたと言うことです。

もちろん、何らかの症状があったり、心配ならば病院を受診して近くに結核の患者がいたのでうつってないか調べて欲しいなどと言って少なくとも胸部レントゲン検査はしてください。

細かいことですが、保健所による接触者検診は無料ですが、ご自身で受診した場合は当然ながら診察料がかかりますのでその違いもお忘れなく。

高齢者の肺結核はあまり減っていないとの話をしましたが、最近結核を語る上で大切なことが抜けていました。

今後も増える可能性が高い結核の話しです。

それは、免疫力の落ちた人の結核です。

昔は、悪性腫瘍だったりとか糖尿病であったりとかが多かったわけですが、ここ10年でAIDSにより免疫が低下した患者さんの結核だとかある特殊な薬(生物学的製剤といい主に関節リウマチの薬なのですが)により陳旧性の肺結核が活動性の肺結核になるとかの報告も増えています。

日本も中国もHIV感染者は過去最高を更新しているようで。

『エイズが死者最多の伝染病に、中国』


AIDSの結核は、粟粒結核など重症の結核が多いのが特徴です。

また、抗ウイルス薬と抗結核薬とが相互作用によって使いにくかったりするのです。

もちろん、副作用の頻度もふえて理想的な治療が行えないこともあります。

要するに、結核は重症化している事が多いわ、十分な治療ができないわ、ということになる事があります。

この事は、多少の違いはありますが高齢者にもあてはまります。

臓器機能が落ちていて十分な治療が出来ないことがあります。


医療が進歩して、昔は人間がコントロールさえ出来なかった状態がコントロールできるようになって新たな問題が出てきているんだな。と言うのが実感です。

医学が進歩してもちろんいい面もあるんですけど、いくつもの疾患を持っている方には使いにくかったり、その病気をコントロールしているうちに別の重篤な病気になったり。

医療の進歩は大歓迎です。

以前は考えられないような治療も行われる場合があります。

ただし、その治療がどんな状態の患者さんでも出来るのかというと出来ない場合もあります。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

生まれたからには、必ず死は訪れます。

どんなに医学が進歩しても永遠に生き続けることはできないのです。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

タグ : 肺結核

臓器移植 
2009/02/18 Wed 12:04
海外での臓器移植が出来なくなるかも知れないとの話しです。

これは、WHOの定例会議で、臓器移植について、「各国、自給自足で移植を行うように」という決議案ができ、5月には採択される見込みだからです。

比較的まとまって書いてあるのがここです。

『日本人の臓器移植は「日本で」 突きつけられた現実』

これを見るとやはり、日本人が海外で移植をしている状況は褒められたものではありません。

その国の人はどう思っているのでしょう。

自分の国民の臓器をよその国の患者に渡すという事実。

臓器移植関連データを扱っているページを見つけました。

心移植の数をみてみると

日本と欧米
日本とアジア

欧米と比べると二桁少ないです。

韓国と比べても圧倒的に少ないです。

比較的多く行われている腎移植でも少ないです。

日本人の宗教観が脳死と相容れないのかも知れません。

ただ、諸外国と比べると圧倒的に少ないのは事実です。


もう一つ、重大な事実があります。

現在、日本では小児の脳死は認められていません。

つまり、臓器移植を必要とする子供達は日本にいたら臓器移植をうける機会がないのです。

ですので、募金などを募ってアメリカとかで移植をうけたりしていたのです。

それが、WHOの決議案で事実上不可能となってしまったら。。。



『臓器提供:「小児から」を検討 学会が専門委、年内に結論へ』

日本小児科学会(会長、横田俊平横浜市立大教授)は15日、国内で脳死になった子供からの臓器提供・移植を容認するかどうか検討するプロジェクトを発足させると発表した。近く専門の委員会を設置し、今年中には学会としての結論を出したいとしている。

 同学会は05年、現行法では認められていない15歳未満の子供からの臓器提供について「脳死を見分ける体制が整っておらず、実施は時期尚早」との見解を示していた。

 会見した横田会長によると、国内でも子供の脳死を厳密に診断できる医師が出てきたことや、国際移植学会や世界保健機関が臓器移植の「自給自足」を各国に求めている背景から、「検討する時期が来た」と判断した。

 来月までに弁護士など医師以外も含めた委員会を設置し、データを集めたり、海外で移植を受けた患者からの聞き取り調査などを進めていく。【関東晋慈】


さて、どんな結論がでるのでしょうか?

臓器移植が必要な日本人は?

とくに子供はどうなるのでしょう。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

続・肺結核 
2009/02/16 Mon 12:42
CATEGORY【診療】
前回といっても少し前になりましたが続きです。

さて、結核菌とはどのような菌なのでしょうか?

教科書的に言うと抗酸菌(一度染色されると酸やアルコ-ルで脱色されにくい)であり、脂質に富む細胞壁を持つため、酸・アルカリ・消毒剤・熱に対し強い抵抗性を示します。

分裂時間は、18から24時間と非常に増えるのが遅い筋です。

ですので、培養するのに6週間が一般的で疑わしい場合は8週間培養することもあります。
(実際、6週培養で菌が生えてこなかったが8週培養ではえてきた経験あります。)

結核の検査にはレントゲン検査、喀痰(たん)検査、血液検査、ツベルクリン反応などがありますが、確実なのは喀痰から結核菌を証明するのが簡単です。

タンからなかなか結核菌がみつからなくても胃液で見つかることも多く有用な方法です。

レントゲンや血液検査(最近クオンティフェロンなる検査がよく用いられ有用です。)、ツベルクリン反応は疑わしいだけで確定には結びつきません。

確定させるためには気管支鏡検査(肺カメラ)を行って結核菌を証明します。

そうでなければ、診断的治療と言って結核薬を飲んでレントゲンの影の変化を確認していくこともあります。

ただし、結核菌を証明できていなければ本当に結核かどうかわかりません。

また、培養で結核菌が生えてくれば薬剤耐性(薬が効くか効かないか)の検査が出来ますので理想は結核菌を証明してから治療に入った方がいいでしょう。

ちなみに、痰の検査ですが痰の検査でも大きく分けて3種類の検査に分けられます。

・塗抹:痰に染色液で色をつけて顕微鏡でのぞいてそれらしい菌がいるかどうかを見る方法です。だいたい、1時間から2時間程度でわかります。
ただし、抗酸菌をみてるわけで結核菌以外の菌をみている場合もあります。

・培養:菌に栄養を与えて生えてくるかどうかを見る方法です。
だいたい2週間程度で確認できる方法もあるのですが、たくさん処理するの難しいために一般的ではありません。
ですので、冒頭にも述べたように6週間かかります。

・遺伝子検査:遺伝子増幅の技術を用いて結核菌に特有の遺伝子がでるかどうかで結核とそれ以外を区別する検査です。
早ければ当日、遅くても数日で結果がわかります。

なんだか、教科書みたいな話しが続いてますね。

そろそろ終わります。

最後に耐性結核のお話しを。

今、結核治療で非常に重要な2種類の薬剤(リファンピシンとイスコチン)が効かない結核を多剤耐性結核(MDR-TB)といいます。

普通は、よく効く薬が効かないので治療に難渋することが多いです。

また、超多剤耐性結核(XDR-TB)も問題となっています。

リファンピシンとイスコチン以外にもニューキノロンやアミカシンなどにも耐性をもつ結核菌のことで正直、自然治癒を期待した方がいいくらい薬が効かないようです。

昔は、耐性菌は他人にうつりにくいとの説もあったのですが、残念ながら現実にはうつるようです。

超多剤耐性結核は、結核患者さんの1%程度いるようで。

これは、怖いです。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

タグ : 結核

痛みの評価 
2009/02/14 Sat 09:23
CATEGORY【緩和】
『がんの痛み「取れた」2割弱=医療者の評価と開き-患者調査』
『がんの痛み「取れた」2割弱=医療者の評価と開き-患者調査』魚拓

えっと、この記事をみると、がんの痛みをとるのは難しんだと思いませんか。

でも実は、がんの痛みが治療で完全に取れたという人が16.6%なんです。

約1600人からのアンケートの結果のようです。」

>がんに関連する痛みを感じている人は23.9%
>かつてあった人は38.9%
>6割強が痛みを経験
>その半数以上が、日常生活への支障を感じていた。

つまり、3割に方が日常生活に支障がある痛みな訳です。

>医療機関で痛みの治療を受けた人のうち痛みが
「完全に取れた」は16.6%
「ある程度取れた」は52.2%

>満足度では、「大変」「どちらかといえば」を合わせ6割弱が満足していたが不満との回答も約1割あった。

痛みが和らいだ方が約70%です。

6割弱が満足していたみたいです。

もちろん、1割に方は不満だったんですけど。

痛みの評価って難しいです。

患者さん自身にしかわかりません。

医療者も何とか痛みをゼロになるように頑張るんですけど。

なかなか難しいこともあるのが現実です。

ただ、この見出しは、2割しかうまくいってないような言い方で記事をみた患者さんが『病院に行っても2割しかよくならないのか?』と思わないかが心配です。

もっと、多くの人は痛みがよくなったと感じているわけですから。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

もちろん、理想的には痛みがゼロになればいいんですけどね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

8つ子 
2009/02/12 Thu 11:39
CATEGORY【診療】
アメリカでちょっと前に8つ子誕生が話題になりましたよね。

『カリフォルニアで8つ子誕生、米史上2例目』

このニュースを見るとアメリカで2例目だそうで。

しかも、出産前のエコーの検査で1人見逃していたそうです。

まあ、母子ともに健康であり、めでたいかつ微笑ましい話なんですけど。

最近アメリカ中の話題をさらっているそうです。

理由としてはまず

・体外受精であったこと。

・しかも、6個の胚を体内に戻したこと。

・そして、すでに6人を出産していたこと。

・6人とも体外受精であること。

そうなんです。

すでに6人の母親なのです。

双子以上の多胎妊娠は早産や誕生時の低体重、神経系の異常などを招くリスクが高いとされています。

子供が全くできなくて様々な方法を試して初めて授かったのが8つ子なら、だれも批判はしないでしょう。

『8つ子出産の女性、米TVで初インタビューに応じる』

ただ、大家族が夢だった。

夢を持つのはいいです、ご自身の体に対するリスクを考えた上はいいです。

生まれてくる子供へのリスクは?

医学的にはリスクが高すぎます。

『米の八つ子出産、カリフォルニア州当局が医療機関を調査』

>すでに子どもが6人いるにもかかわらず体外受精を受けた動機を「凍結受精卵が残っており、『もう1人だけ』と思った」と説明した。

なんだかなぁ。ですね。

さらに、批判にさらされるような事実が判明します。

・シングルマザーだそうです。

・無職だそうです。

・母親(8つ子の祖母)でさえ批判的だそうです。

『米の母、すべて体外受精 8つ子出産、既に6人の子』

『米8つ子出産女性の母親、「娘の出産はショック」』

6人の子供がいて、シングルマザーで、仕事をしていないのになぜさらに子供が欲しいと?

私には理解できません。

6個の胚を体内に戻した事実も問題視されています。

当然だと思いますけど。

なんだかなぁと思った方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

こんな話しは専門でも何でもないのですけど。

エントリーしてしまいました。


実は昨日エントリーを書いたんですけど今朝こんなニュースが。

『米の八つ子、学会指針違反?医師調査へ…受精卵6個を子宮に』

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

わかりやすい例え 
2009/02/10 Tue 11:58
CATEGORY【診療】
以前、『NHKスペシャルの編集』で紹介したブログでぜひひろめたい話しを見つけました。

「レジデント研修、医療の不確実性に挑戦」です。

レジデント研修では、毎回第3セッションで自由討論をします。
12月のテーマは、複合性局所疼痛症候群(CRPS)でした。

私も初めて聞く言葉ですが、
よく、検査で血液を取りますね。
静脈に針を刺して、血液を取るのですが、
そのときに神経を損傷して、腕に痺れや強い痛みが残ってしまうことがあるのだそうです。

完治まで半年近くかかったり、場合によっては完全に痛みが取れないこともあります。

で、これがどうして起こるのかという説明、発生する確率などについて研修医のほうからお話がありました。

要約すると血液と神経の走り方には個人差があるので、場合によっては針が神経に当たってしまうことがある。
一人ひとりの神経が腕の中でどのように走っているかを見極めることは出来ないので、これは「ミス」ではなくて「合併症」だということでした。

「医療の不確実性」という言葉があるのですが、医療スタッフが最善を尽くしても
望ましくない合併症が生じたり、何らかの後遺症が残ったり、場合によっては命を落とすことがあります。
その中にはいわゆる「医療ミス」ではなくて、一定の確率で起こることがあります。

この認識が、医療者と患者の間でずれているときにトラブルが生じます。
今回はこのギャップを埋めて、医療者も最善を尽くすし、患者も100%の安全はないということを理解して検査を受けることができるようにしたい。
そういう願いからディスカッションのテーマを設定しました。

12月、1月、2月と3回にわたって話し合って、最後には医療者、患者双方が納得して採血検査が出来るような掲示物を作ることをめざしています。

========================
引用終わり

素晴らしい試みです。

「複合性局所疼痛症候群」の解説はここがわかりやすいかな。

どんくらいの頻度かというと極めて稀です。

『末梢静脈穿刺後後遺症軽症例の検討』という学会発表の要約をみると

当院では1年間に採血や点滴を合わせた静脈穿刺はおおよそ168,000件行われており、一定の頻度(約0.007%)で末梢神経障害疑い症例が発生している。今回は2003年1月から2005年11月までの35ヶ月間に当科で対応した症例の中で、説明のみまたは1回だけの治療や投薬によって解決した軽症例について、発生状況、治療内容、所見、愁訴等について検討した。

[結果]期間中の軽症例は28例で、年齢17~83歳、男14例、女14例であった。説明のみで解決したものが15例、1回だけの治療や投薬を行ったのが13例であった。発生時に電撃痛を伴った症例はなかった。治療としてはレ-ザ-照射5例、リドカインテ-プ貼付3例、ステロイド局注2例等であった。投薬としてはメコバラミン8例(内ノイロトロピン併用4例)であった。初診時にTinnel徴候陽性が3例で交感神経症状を呈していたものはなかった。愁訴ではしびれが21例、痛みが13例、脱力が7例であった。愁訴の組み合わせではしびれのみが10例、しびれと脱力が6例、痛みのみが5例、しびれと痛みが4例であった。

[考察]末梢神経の損傷が疑われても大部分は大事に至ることなく自然治癒すると考えられるが、時にはCRPSへと進展する危険性もあり注意が必要である。また、軽微なものであっても本人の受けとめ方と病院側とで差がある場合には事態が大げさなものになる可能性もあり、慎重な対処が必要とされる。

[結語]35ヶ月間で末梢静脈穿刺後後遺症軽症例を28例経験した。交感神経症状を呈していたものはなく、愁訴ではしびれが21例、痛みが13例、脱力が7例であった。

重臣宗伯1佐藤ワカナ 1越村裕美 1山口公明 1円山啓司 2(市立秋田総合病院麻酔科1市立秋田総合病院手術室2)

1年で0.007%で採血の合併症が起こるのですが複合性局所疼痛症候群は1例もありません。

それだけ頻度の低いものなのです。

私も、10年以上医療現場にいますけど実際に複合性局所疼痛症候群と言われた患者さんと接したことがないくらい頻度が低いです。

ただ、1人だけ疑わしい方はいましたけど。

でも、実際に起こればミスしたからではないのかと患者さんや家族が思うことは無理からぬ事だと思います。

ただ、ミスと言われると『ミスではないです。合併症なんです。』としか説明できません。

なぜなら、医療者側に落ち度がないからです。

非常に不幸なことだとは思いますけど。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


ですので、こんな事が起こってすまない気持ちになるのは当然でそれに対して遺憾の意を表すことになります。

ただ、それはミスをしたから謝罪したわけではないのです。

引用ばかりですみません。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

2009/02/08 Sun 09:25
CATEGORY【診療】
記者日記:医師の説明 /埼玉
 「もう一度、一から説明しましょうか!」。医師は突然、声を荒らげた。昨年末、兄が大病をした。治療法の説明の場に私も同席し、質問しまくった。もちろん面白半分にではない。学会のガイドライン本(書店でも買える)を読み、病状の微妙な差によって治療法も違うことを知っていたからだ。

 だが、医師は「そんな細かいところまで聞いてきたのはあなたが初めてですよ」などと繰り返し、明らかにいらだっていた。揚げ句に、私が「念のため確認しますが……」と治療法のある細部についてたずねた途端、冒頭のようにキレてしまったのである。

 私はひるまず質問し続けたが、こうした場面に慣れていない人なら黙ってしまっただろう。医師と患者・家族を隔てる「壁」はまだまだ高いと痛感した。申し添えておくと、医師はその後も献身的に兄を診てくれた。【平野幸治】

毎日新聞 2009年2月6日 地方版

http://mainichi.jp/area/saitama/news/20090206ddlk11070295000c.html

この記事、なんだかなぁ。

何を意図して新聞に??

これで何を訴えたいのかよくわかりません。

患者さんや家族の前で医者がキレた事を伝えたいの?

>質問しまくった。

自分でも質問が普通よりも多いことを自覚してるし。

>学会のガイドライン本

これで治療が行えるならだれでも医者になれますよね。

ガイドラインに載っている治療しかしない医者はいません。

ガイドラインですべて患者さんを網羅できるはずありません。

あくまでも目安のひとつです。

>治療法のある細部についてたずねた

完全な推測ですけど、医者からしたらどうでもいいような細かいことだったのでしょうね。

細かいことより、要点をまとめて聞くのがポイントですよ。

患者さんから次に説明しようと思うことを質問されると『おっ、よくわかってる。』と嬉しくなります。

>キレてしまったのである。

キレてしまっても『もう一度、一から説明しましょうか』と言うということは説明の内容がほとんど理解されていないと担当医が感じたのでしょう。

細かい質問が多く、大筋を理解されていないと感じたからこそそうなったんだと思うんですけどね。

>医師と患者・家族を隔てる「壁」はまだまだ高いと痛感した。

多分、この記者でなければそこまで高いと感じなかったような。

>献身的に兄を診てくれた。

総合的にみると普通の先生(どちらかというとよい先生)じゃないかなって思いますけど。


病状説明の最後に患者さんの理解度の確認のために「どんな病気でこれからどんな治療を行うのか」聞いた方がいいと教えてもらったことがありますが、現実問題なかなか出来ないことが多いです。

この記者の方に聞いてみたら的確な理解をされていたのでしょうか?

昔、m3blogでも大活躍していたあの先生を始めakagama先生、春野ことり先生、中間管理職先生なども取り上げていました。

『明日に向かって、さあ!』

『医畜日記・楽屋篇』

『天国へのビザ』

『勤務医 開業つれづれ日記』

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


みんなこの記事には???と思っているんですね。

それぞれの先生の個性、あふれてますよね。


そう言えば、こんな事もありましたよね。

『毎日新聞があつい』

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

原発不明がん 
2009/02/07 Sat 10:15
久しぶりにがん関係の話しをしてみます。

原発不明がんとは、Cancer of unknown primaryと言われています。

『臨床的に注意深い全身検索や経過観察を行っても原発巣(どこのがん)が同定できない転移性腫瘍であり、多種多様ながん種を含んでいる。』

頻度は全がん種の2~5%といわれており、死亡後の病理解剖でも約70%が原発がわからないそうです。

ただし、特定の治療をした方がいいグループが報告されています。

頚部のリンパ節のみの扁平上皮がんだと頭頚部がんに準じた治療を行うとよかったりとか。

女性で腹膜転移のみのCA125が上昇している腺がんだと卵巣癌に準じた治療、女性の腋窩リンパ節のみの腺がんだと乳がんに準じた治療などなどです。

他にもありますが、その中に含まれなかった場合はどんな原発不明がんでもカルボプラチン+パクリタキセルの治療が選択されることが多いようです。

もちろん、本当に原発不明と考えるまでに臨床的に画像的に、また組織学的(顕微鏡的)にまた免疫染色なども行うのですがね。

いろいろながんが考えられるのにカルボプラチン+パクリタキセルの治療がほとんどなんておかしいですよね。

ただ、今の医療レベルではそれ以上検索しようもなくどこにも分類できないから仕方がないといえば仕方がないのですがね。

最近はマイクロアレイを用いて細胞の顔つきを見比べてどこから来たがんかを調べる方法が出てきました。

この方法では原発不明がんの70~80%がどこが原発かが推定できるようです。

もちろん、外れることもありますけど。

今、この方法で原発巣を推定して最も原発が疑われるがんの標準治療を行う臨床試験がなされているようです。

カルボプラチン+パクリタキセルの治療は、多くのがん種で用いられる抗がん剤の組合せであり、最大公約数的な意味合いもあるかと思われます。

ただ、特定の治療をした方がいいグループのがんであり、かつカルボプラチン+パクリタキセルの治療が標準的な治療でない場合は非常に有効な方法であると思います。

結果、楽しみですね。

難しかったですか?

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

もちろん、原発不明がんにカルボプラチン+パクリタキセル以外の治療することありますよ。


ちなみに、自分で45000のキリ番を踏んでしまいました。orz

気持ちよいのはよかったですけど。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

肺結核 
2009/02/05 Thu 12:41
CATEGORY【診療】
以前、結核の話しのリクエストがあったので今日は肺結核のお話しです。

肺結核は、結核菌を吸い込むことにより発症します。

結核の患者さんが咳をしたときに水分とくっついた結核菌(飛沫核といいます。)が漂います。

ですので、人にうつる可能性の高い状態の方は、結核病棟に入院しての治療となります。

飛沫核を吸い込むことにより感染が成立します。

ですので感染予防に一番大切なモノは換気です。

ただ、結核菌を吸い込んでも肺結核を発症する率は約5~10%程度であり多くは発症しません。

症状としては、発熱、倦怠感、寝汗、咳、痰、体重減少などです。
(多くは症状もなくたまたま検診で引っかかることも多いです。)

それまで順調に低下していた結核の罹患率(10万人中何人が罹ったか)が平成9年に結核が増加に転じました。

そして、平成11年に『結核緊急事態宣言』が出されたわけです。
あれから、10年結核患者は確実に減少しています。

若年者が減少しているのですが、高齢者なかでも超高齢者の結核は減っていません。

多くは、若いときにかかった結核の再燃かと思われます。

結核は、高齢になり免疫力が低下すると再燃することがあります。

ただし、結核は減っているといっても世界的にみると多い方で欧米諸国の約4倍もの罹患率です。

特に大阪、東京など大都市に多くタイとほとんどかわりません。

ですので、まだまだ結核に対する注意は必要です。

せっかくここまで減ったのですから。

肺結核の標準的な治療法は4種類の薬剤を用いて半年間の治療が標準です。

しかし、副作用も大きく高齢者では3種類の治療(最低でも9ヶ月)もしくはそれよりも少ない薬剤での治療となります。

数種類の薬を用いるのは耐性菌(薬の効きにくい菌)が出来やすいからです。

複数の種類の薬剤で一気にたたきのめして耐性菌が出来る前にやっつけようとの戦略です。

ですので、飲んだり飲まなかったりすることは非常にまずいことです。(耐性菌が出来やすくなる。)

なので、DOTS(Directly Observed Treatment,Short-course(直接監視下短期化学療法))といい直接飲むのを観察したり毎週薬に
シートが空になっているかどうかをチェックしたりしてきちんと

内服していることを確認する方法がよいとされています。

アメリカなどでは、軽食のチケットを配ったり交通費を支給したりしてDOTSを行っています。

ちゃんと飲んでもらうために。

勉強になったかた『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

長くなってきたので続き作る予定です。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

タグ : 肺結核

国盗りカウンター 
2009/02/04 Wed 14:46
本当に、どうでもいいことなんですけど、国盗りカウンターなるものをつけました。

お気づきでしたか?

右の下の方にあります。

さて、どんな風に変わっていくのでしょうか?

楽しみです。



よろしければ『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。
2009/02/03 Tue 12:17
CATEGORY【診療】
まともな医者が言わない言葉の代表として『絶対大丈夫』とか『絶対治る』と言う言葉があります。

『おそらく大丈夫だろう』とか『まず、治ると思います。』とかはいいますけどね。

なぜなら、まともな医者は滅多にしか起こらないけど致命的な事が起こるときもあると知っているからです。

例えば、風邪薬これは、医者が処方するものだけでなく薬局などで売っているものも含まれます。

バファリンなどでもスティーブンスジョンソン症候群を起こすことがあります。

皮膚がやけだだれたようになるものでアレルギーの一種と言われています。

そして、場合によっては命を落とすことがあります。

恐ろしいですね。

では、予防するためにはどうしたらいいのでしょうか?

残念ながら予防する方法はありません。

まあ、なるべく薬を飲まないようにするくらいでしょうか。

ただ、頻度は極めて低いです。

報告にもよりますが、100万人当たり1人程度です。

これは、極端な例ですけども肺炎で治療して一般的な肺炎なら抗生剤を使用すればまずよくなるんですけど、薬剤の副作用が強く出て薬が使えなくなる場合も想定しないといけないし、めずらしい肺炎(感染症でない肺炎や実は悪性腫瘍による肺の影である場合もあるし)の可能性なども考えると診察して検査結果をみて『大丈夫、すぐ治ります。』なんて言葉は口が裂けても言えません。

もちろん、病気と闘ってもらうために『この治療でまず、よくなりますよ。』とか言うことはありますけど。

もっともっと、最初に戻りましょう。

基本的に医者にかかると言うことは、何らかの困ったことがすでにあなたの体にあるはずです。

だから、医者にかかるわけです。

何らかのことをよくするために医者はいろいろ聞いたり、診察したり、検査したりしてその何らかの原因を探っていくのです。

そして、可能性の高いものを考えるのはもちろんです。

あと考えることは可能性が低くても致命的なものです。

これらを考え合わせて目の前の患者さんによりベターな方針を選択するのです。

その場面で『絶対、治ります』と言う言葉をかける医者は可能性が低い病気を考えていない医者か、嘘つきです。

それでも、あなたは、医者から『絶対治る』とか『絶対大丈夫』と言って欲しいですか?

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


昔は、そんなこと言う医者たくさんいたと思います。

時代背景として許せたのでしょう。

古き良き時代として。


あと、慢性疾患で十分な関係ができた上で『大丈夫』と言うことはあるかな。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

カップとスープ 
2009/02/01 Sun 09:35
最近、まじめな話題が多かったので久しぶりにどうでもいい話を。

『SHOP99』って知ってますよね。

99円ショップのチェーンです。

♪きゅっ、きゅ、きゅっ、きゅ、きゅっ、きゅっ、きゅっ、きゅっ

というフレーズが耳について離れませんよね。

ちなみに、歌はここからダウンロードできます。

ちなみに歌詞は、

SHOP99 99 99
SHOP99 99 99
だてに安くはありません
あなたを想って99 99
あなたのおうちに届けたい
そーんな気持ちで99 99

SHOP99 99 99
SHOP99 99 99
キャベツにダイコン99 99
お肉にお魚99 99
お菓子だプリンだヨーグルト
まとめて買いましょ99 99
SHOP99 99 99
SHOP99 99 99 99 99

まあ、そんなことはさらにどうでもよかったのですが。

見た目はコンビニみたいな99円ショップなのです。

その中で、気になるものがありました。

昔は、カップヌードルを99円で売っていたのです。

しかし最近、カップヌードルは置いてないのです。

似たような容器でスープヌードルなるものが売られているのです。

非常によく似ています。

別メーカーのぱっちもんかと思いましたが同じ日清が販売しています。

よくわかりません。

日清のニュースリリースをみますとカップヌードルシリーズと比べてめんが55gとライト(280キロカロリー)に仕上げてるそうです。

カップヌードルは、めんが65gで364キロカロリーあるそうです。

ということは、めんだけでなく具もライトに仕上げているんでしょうね。

そんで、SHOP99にカップではなくスープヌードルばっかりになってたんですね。

もしかしたら、百均用にメーカーが作ったものかも知れない。

なんて勘ぐってしまいます。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

最近、ローソン100って店舗にかわったなぁと思ったら親会社がローソンになったみたいです。

『JUNK FOOD MANIA』なるページも参照あれ。

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。