~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
日本の医療費 続き 
2009/11/29 Sun 11:35
前回、『日本の医療費』についてのエントリーをあげました。

はやり、医療のことを考えていた方々の意見はみな似たようなもので私の意見と非常に近い意見が多くあります。

『医療ガバナンス学会』というのがありいろいろな方がご自身の意見を述べています。

もちろん、私のように匿名でなく実名で発信されており信頼度も高いものです。

しかも、教授クラスの偉い先生が発信されていることが多いのです。

春くらいからはインフルエンザの話題が多かったのですが、最近はワクチン全般の話題などもたくさんありました。

そして、つい最近は事業仕分けの話題から医療費についての話題が続いているのです。

漢方薬を保険適応外にする事に対する批判の話題から始まり『医療崩壊 - 「立ち去り型サボタージュ」とは何か』『医療の限界』 の著者でもある小松先生の登場です。

臨時 vol 361 「医師の心が折れる」

小松先生が11月23日そして、24日にも医療にのことについてのエントリーが。

臨時 vol 362 「医の中の蛙14」

そして、25日には行政学の井関先生が登場です。

臨時 vol 365 「事業仕分けへの疑問」

同じ日にもう一つのエントリーが。

臨時 vol 366 「整形外科、眼科、皮膚科の開業医は稼ぎすぎ?」

いずれの内容も細かいところは異なりますが大きくは同じ主張をされています。

この医療費の問題は、多くの医師が実感していることなのです。

お願いですから、医療費を増額する方向に動いてください。

医師の技術料でさえ安すぎるのです。

詳細は『技術の値段』を読んでみてください。

ちなみに尼崎の件とは、『腹水穿刺という手技』でわかるかと思います。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

日本の医療費 
2009/11/27 Fri 19:57
民主党の政策とし『骨太の方針2006』での社会保障費削減方針を撤廃するとのことです。

『崖っぷち日本の医療、必ず救う!』とあります。

この中の一番はじめに

>日本は今、医療崩壊の瀬戸際に立たされています。
>その主たる原因と責任は、「財政制約」という名目で医療費削減及び医師数の抑制を続けたこの10数年の政府にあります。

次にグラフも使い世界的に見ても日本の医療費は安くもう少し増やす方向性を示しています。

>自公政権はこの5年間、毎年2200億円の社会保障費を削減してきました。
その結果、現在の日本は、OECD 諸国(先進30 カ国)ので医療費の対GDP比が22 位、一人あた
りの医療費は17 位、人口10 万人当たりの医師数は26 位でOECD 平均310 人に対し206 人
という有様です。ちなみに、先進7 カ国の中では全て最下位です。

世界的に見て人口あたり少ない医師の数で安い医療費で世界的に見ても優秀な医療を提供しています。

しかも、ほとんどの国民が保険を利用して医療を受けれるのです。

その医療が崩壊しつつあります。

病院の倒産も相次いでいます。

『「公立」病院の赤字が際立つ-医療実調』

一般病院は売り上げに対しマイナス4.5%の赤字とのことです。

そんななかで民主党の鳩山首相の所信表明演説で

>医療や介護をめぐる政策について、「財政のみの視点から医療費や介護費をひたすら抑制してきたこれまでの方針を転換し、質の高い医療・介護サービスを効率的かつ安定的に供給できる体制づくりに着手する」と述べ、財政の在り方を「コンクリートから人へ」転換する方針を鮮明にした。

『「コンクリートから人へ」で医療費抑制を転換―鳩山首相が所信表明』

ようやく、医療情勢がまともになると思っていました。

それが、先月末からなんか怪しい雰囲気になってきました。

『開業医の年収、勤務医の1.7倍 厚労省、中医協で報告』

開業医の年収が多いので勤務医をサポートするために診療報酬を病院へ優遇するようにしようみたいな報道がなされました。

この理論には、間違いがあります。

開業医は、個人経営者です。

個人経営者ならではのリスクを抱えています。

急に休んだら休んだ分だけ収入がなくなります。

さらに、スタッフの事も考えなければなりません。

しかも、退職金などはありません。

一方、勤務医はサラリーマンです。

ある程度の年収の差はついて当然だと思います。

しかも、病院の利益が出たからと行ってそれがすぐに勤務医の収入に結びつくのでしょうか?

少しは増えるかも知れませんが、多くの病院は赤字です。

赤字で古い建物を建て替えできない病院もたくさんあります。

そんな状況なので、まず、赤字の補填に消えるでしょう。

その次に、古くなった機器(CTなど)の更新に消えるでしょう。

会社が赤字から黒字に変わってすぐに給与に反映するはずがあません。

しかも、公立の病院なら公務員なので給与下がりますよね。

いったい何をいいたいんだかと思っていたら理由がわかりました。

正直、目が点になりましたけど。

『財務省、診療報酬3%減要求…勤務医に重点配分』

えっ!

減らすの?

何度も言いますが、病院の多くは赤字なんですよ。

新しい機器を入れたいのに赤字だから難しい病院もたくさんあるんですよ。

診療報酬と給与は何の相関もしてませんよ。

しかも、高齢者社会になっているんだから、医療を必要とする人口は増えています。

必然と医療費高くなるのは当然でしょう。

しかも、高度な医療になればお金かかるでしょう。

高度な医療になれば人手もかかることが多いのです。

世界的に見ても安い医療費です。

『【中医協】診療側「医療費底上げを」、支払側「引き上げ環境にない」』

所信表明演説はなんだったのでしょうか?

デフレだから引き上げ環境にないのでしょうか?

もう、これ以上下げるのは無理でしょう。

本当に崩壊しますよ。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

医療者側からの要望も

『診療報酬10%総枠引き上げなど求め要望書-全日本民医連』

要望書では、財務省が19日に発表した医療予算に関する査定方針に言及。方針では、▽官民の人件費カットやデフレ傾向の反映▽収入が高い診療科の報酬見直し▽開業医と勤務医の平準化-などが求められていると指摘した上で、「勤務医と開業医」「病院と診療所」「診療科」などの対立構図を誘導し、全体の改定枠を引き下げる財務省のやり方に抗議するとの姿勢を示した。
 また、2002年度からの4回連続マイナス改定の影響を指摘した上で、「急速な地域医療の崩壊を招いた主たる原因が、医療費削減政策にあったことはあきらか」と強調。医療費の総枠拡大と、次期診療報酬改定での10%の総枠引き上げを要望している。

まあ、当然といえば当然でしょうけどね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

2009/11/25 Wed 20:21
それから、数ヶ月が経った外来での出来事です。

レントゲンを見ると肺の腫瘍は間違いなく大きくなっています。


診察室に入ってくるEさんは、明らかにふらついています。

『Eさん、どうですか?』

『別に、かわりないです。』

『えっ、ふらふらしてませんか?』

『いや、大丈夫です。』

『Eさん、おそらく頭の転移も大きくなってきていると思います。

入院して、治療した方がいいと思いますよ。』

Eさんは、入院したくなさそうでしたが、家族にも勧められ入院することになりました。

また、点滴も始まります。

Eさんは、点滴も嫌いでした。

また、ナースたちの言う事は聞いていないようです。

Eさんと家族と相談の上、1種類での抗がん剤治療をはじめることになりました。

抗がん剤治療が始まり、2週間が過ぎてもEさんのふらつきはよくなっていません。

吐き気なども出てきており、むしろ悪化している印象です。

しかも、足がしびれるとの訴えも出てきました。

調べてみると腰椎(腰骨)への転移が見つかりました。

神経を圧迫していて、両足が完全麻痺になる可能性もあります。

その場所にも放射線治療を開始しました。

残念ながら、Eさんは手すりを持って歩くことすら出来ない状況になってしまいました。

Eさんと奥さんとに病状説明を行いました。

『Eさん残念ながら、抗がん剤の効果はありませんでした。

放射線の効果はもうしばらくしてから出てくるかも知れませんが、今のところ効果はありません。

病気で動けなくなっているので、Eさんのプライドは許さないかも知れませんが看護師の世話になってください。』

Eさんは、うなずきました。

しかし、なかなかしもの世話や身の回りのことを看護師にさせてくれません。

腕の力だけでベットから動こうとしたりさえします。

しかも、ナースに文句は言う口だけは元気です。

そんなある日、奥さんが私の元にやってきました。

『先生、あのひとよくなることはないですよね。

家で過ごすことはできませんか?』

『……、出来なくはないですけど、奥さんが大変ですよ。

奥さんや家族の方さえよければ、また往診してくれる先生が見つかれば出来ると思いますよ。』

Eさんの性格、その他を考慮すれば自宅療養がベストなのはわかるのですが、完全に寝たきりの状態で足さえ動かせなくなった今、正直、かなり自宅療養は厳しいと思われました。

ただ、奥さんは、

『あの人の性格はわかっています。

わたしが甘やかしたから、ああなった面もあるんです。

だから、がんばってみます。』

奥さんは相当な覚悟でいるようです。

『もう、うちで診れないと思ったらいつでも連絡くださいね。』

Eさんは、退院しました。

1ヶ月が過ぎようとしたある日、往診の先生から連絡が来ました。

Eさんが自宅で亡くなったと。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

Eさんのご冥福をお祈りします。

そして、奥さんのがんばりに心から敬意を表します。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

2009/11/23 Mon 10:47
もう、ずいぶん前のことです。

Eさんは、70歳を少し回った男性でした。

肺がんでの闘病生活を送っていました。

どちらかというと少し癖のある患者さんでした。

まあ、医者の仕事をしているとよく経験するのですが、医者の前のナースなど医者以外のスタッフへの態度が全然違うのです。

ただ、その態度の差が激しいのです。

もう、Eさんとのつきあいは1年近くになっていましたので私も、そして病棟のスタッフも心得ています。

ただ、ひとつ違う点があるとするならば、その入院の前まで、Eさんは元気だったのです。

もちろん、ひとりで院内どこでも散歩していましたし、入浴もひとりでこなしていました。

今度入院してきたEさんの足はふらふらしておりひとりで歩くのがおぼつかない状態でした。

原因を探してゆくと、頭(小脳)にある転移が原因でした。

『Eさん、ふらつく原因は、頭にある転移が原因です。

点滴での治療と放射線治療を開始しましょう。』

『わかりました。』

『Eさん、ただ、ひとつ約束して欲しいんです。

ふらつきがなくなるまで、ひとりで歩かないようにしてください。

もし、こけて骨でも折ったりしたら入院が長くなりますよ。』

入院嫌いなのを知っていた私はEさんにそう言いました。

すると

『わかりました。』と返事をされました。




しかし、翌日病棟に顔を出すとナースたちからブーイングの嵐です。

『先生、Eさんにひとりで歩かないようにもうきつく言ってください。

昨日も、声もかけずにトイレに行くし、注意しても「イヤだ、ひとりで行く。」って聞かないんです。』

それから、何度か私からもEさんに説明をしましたが、私の前では『わかりました。』なんて言うのですが、実際は勝手に歩いているようです。

そして、実際に転倒して腕に大きな傷を作りました。

幸い、骨折はしませんでしたが。

再度、Eさんに注意をする頃には放射線治療の効果も出てきておりふらつき症状はなくなっていました。

そして、Eさんは退院していきました。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

もちろん、続きます。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

態度 
2009/11/21 Sat 12:51
CATEGORY【診療】
運転免許証の事で警察に行く用事がありました。

そのときに驚いたことがあります。

態度がでかいのです。

そう言えば、最近どこでも愛想がよくなっています。

コンビニやファストフード、スーパーなどはいうにあらず、個人経営の店でも無愛想な対応するところはほとんどなくなってきています。

それどころか最近は役所も愛想がいいんですね。

昔は、役所といえば無愛想の代表でしたよね。

そんな感じで、愛想のいい対応にすっかり慣れてしまっていたら警察にやられたという次第です。

正直な感想は威圧的でした。

まあ、仕事柄仕方がないのでしょうね。

そんで、病院はどう思われているんだろうと疑問に思いました。

病院でも、受付などは愛想いいはず。

医者はどうでしょうか?

今は、医学部の授業でも診察の模範演技みたいな講義があり若い先生はその講義を受けています。

どんなのかといえば、

『患者さんが診察室に入ってきたらまず自己紹介をしましょう。』

から始まったと思います。

ですので、若い先生は無愛想な先生でも理想的にはそうした方がいいんだなと知っています。

でも、実際出来るかどうかは別です。

時間の問題もあるし、サービス業とは少し違うのです。(サービス業の一面もありますが)

患者さんを指導したりとか導いたりとかしなければならないことがあります。

そのときは、場合によってはきつい口調で言わなければならないことがあります。

そう言えば、コメント欄ですが若い先生はあいさつしても返してくれるけど、若くない先生はあまりしてくれないとのことでした。

きっと、若い先生は教育の中からそうしてきたのでじゃないでしょうかね。

年配の先生でもあいさつ返す先生もいるんですけど頻度が少ないんでしょうね。

私の意見としては、教育を受けていないことと昔はパターナリズム(父権主義)が基本であった事も関係していると思います。

さて、未来の患者さんと医者の関係はどうなるんでしょうかね。

非常に気になります。

個人的にはもっといろいろ病気について勉強してくれる人が増えるような気がします。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

肺がん学会ー50th 
2009/11/19 Thu 12:36
先週末は、肺がん学会は50回目の記念大会でした。

今年は、アリムタ(ペメトレキセド)という抗がん剤が肺がんでも使えるようになりました。

また、今月11月からアバスチン(ベバシズマブ)も肺がんで使えるようになりました。

また、アプレピタント(エメンド)という今まで日本で使えなかったタイプの吐き気止めも今年度中には使えるようになりそうです。

肺がんの治療も進化してきています。

また、来年から肺がんの癌取扱い規約も変更になります。

肺癌取扱い規約とは、簡単にいうと肺がんをどのように診断して、広がりやある場所でどのような治療を行えって行けばよいのかを示したものです。

腫瘍の大きさの分類などが細かくなること、それと胸水があれば遠隔転移とみなすなど今までの分類とはずいぶんかわった印象を持ちます。

まあ、そんなこんなで肺がんの治療は今年から来年にかけてずいぶんとかわると思います。

そんな中、学会に参加してきました。

新宿の京王プラザホテルでありました。

会場は43階にもありましたのでそこからの景色はすばらしいものがありました。

丁度、晴れの日と雨が降っていて煙っている日との東京の景色が見れました。

目の前に東京都庁があり、雨で煙った中に浮き上がる都庁はきれいでした。

その学会の中で出会いが二つほどありました。

ひとつは、43階から降りるエレベーターの中です。

エレベーターに乗り込むと異様に背の高いジャージを着た女性たちがいました。

日本人でないことはすぐにわかりました。

ジャージの胸にDOMと書いてありました。

明らかにスポーツ選手だとわかりましたが、何のスポーツか、どこの国かがわかりません。

彼女たちが降りるときに背中が見えました。

背番号の上にDOMINICAと書いてあったので国はわかりました。

よくよく、考えてみると女子バレーの大会をやっていたことを思い出してようやくスッキリしました。

あとひとつは、このブログでも時々紹介させていただいている『緩和ケア医の日々所感』の管理人であるaruga先生と少しの時間ですがお話しさせていただきました。

blogなどでは、コメントをいただいたりしていたのですが、初めてリアルにお話させていただき非常に嬉しく思いました。

(実は、2年ほど前講演をリアルに聴いたことがあったのですが、緩和医療学会でありその学会では非常に有名な先生であり直接お声をかけることが出来なかったのでした。)

そんなこんなで、肺がん治療に関しても非常に変化していく年の50回という節目の学会でした。

また、個人的にも思い出深い学会となりました。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

そう言えば最近、肺がんの話題も少ないですね。

インフルネタが多すぎるんですね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

百六十万 
2009/11/17 Tue 13:02
CATEGORY【目次】
最近、学会など病院外の仕事が忙しく更新頻度が落ちてきています。

しかし、気がついたら11月ももう終わり。

あと1ヶ月でクリスマス、そしてお正月ですね。

そういえば、fc2ブログは年明けから始めたのでもうすぐ2年になります。

早いですね。

『お返事』m3
『お返事』fc2

『10年の歳月・前編』m3
『10年の歳月・前編』fc2

『10年の歳月・後編』m3
『10年の歳月・後編』fc2

『ほこり』m3
『ほこり』fc2

『10年の歳月・特別編』m3
『10年の歳月・特別編』fc2

『緩和ケアのイメージ』m3
『緩和ケアのイメージ』fc2

『MUS(説明がつかない!?)』m3
『MUS(説明がつかない!?)』fc2

『なるほど、わかりやすい』m3
『なるほど、わかりやすい』fc2

『ワクチン政策』m3
『ワクチン政策』fc2

『人生いろいろ・特別編』m3
『人生いろいろ・特別編』fc2

『まんがでわかる医学』m3
『まんがでわかる医学』fc2

『HAL』m3
『HAL』fc2

『座右の銘』m3
『座右の銘』fc2

『よい医療』m3
『よい医療』fc2

『『看病用心鈔』』m3
『『看病用心鈔』』fc2

『『看病用心鈔』 後編』m3
『『看病用心鈔』 後編』fc2

『手洗いの研究』m3
『手洗いの研究』fc2

『マスクによる差』m3
『マスクによる差』fc2

『インフルエンザに大いにかかれ!? 』m3
『インフルエンザに大いにかかれ!? 』fc2

『これでも、大いにインフルエンザにかかれというの?』m3
『これでも、大いにインフルエンザにかかれというの?』fc2

忙しいので、本当に目次だけ。

分類もしてません。

ごめんなさい。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

2009/11/14 Sat 10:01
CATEGORY【診療】
先日、『若者よ、インフルエンザに大いにかかれ~21世紀型医療は「自分で治す」~手を洗うな、マスクはするな、キスをしよう』

の記事を紹介させていただきました。

新潟大学の安保先生はこの記事を読んでもまだ、自分の説を声高に主張するのでしょうか。

『カナダとメキシコでICUに入院した新型患者の多くは若年成人
急速に呼吸器症状が悪化、多臓器不全も進行』


いずれの論文も、2009 H1N1感染によりICUに収容される人々の多くが、ワクチン接種方針において優先順位が最も低い60歳までの比較的健康な成人であることに触れ、「呼吸不全が急速に悪化し、通常の機械的人工換気では低酸素血症がなかなか改善せず、人工換気を12日程度必要としたことに注意しなければならない」と述べている。さらに、極めて重症な患者が死を回避できるかどうかは、担当医の、呼吸管理と補助的な治療の能力に依存する可能性がある、という。

まずは、カナダの報告から

研究期間に極めて重症になった患者は、2009 H1N1確定例162人と可能性例6人の計168人(平均年齢は32.3歳、67.3%が女性)。うち50人(29.8%)が小児患者で、60歳超はわずかだった。成人患者のAPACHE IIスコアの平均は19.7、小児ではPRISM IIIスコアの平均は9.1だった。

受診時に98.2%(165人)の患者が何らかの併存疾患を持っていたが、主要な併存疾患を有していたのは51人(30.4%)。最も多く見られた併存疾患は慢性肺疾患(41.1%)、肥満(BMI 30超、33.3%)、高血圧(24.4%)、喫煙歴(22.6%)、糖尿病(20.8%)、免疫抑制状態にある(19.6%)、神経疾患(15.5%)、心疾患(14.9%)、妊婦(7.7%)など。

受診時に多く見られた症状は、発熱(90.5%)、呼吸器症状(94.6%)、虚弱感(55.9%)、筋痛(40.1%)など。
さらに、受診時に両側の肺炎の疑いがあった患者が54人(32.1%)、昇圧薬が必要な低血圧だった患者が23人(13.7%)、喘息または慢性閉塞性肺疾患(COPD)の増悪を示していた患者が23人(13.7%)、意識レベルの変化が認められた患者が17人(10.1%)いた。また、急性腎障害が12 人(7.1%)、虚血性胸痛は5人(3.0%)に見られた。

これらの患者は発症から中央値4日で受診していた。しかし病状はその後速やかに悪化し、中央値1日後(0~2日)にはICUでの治療が必要になった。
極めて重症になった時点で、70.8%の患者の両側肺野に浸潤影が見られ、72.6%は急性肺損傷と診断された。

136人(81.0%)が機械的換気を必要とした。ICU収容当日に機械的換気が必要となった患者が136人(81.0%)で、うち81人に当初から侵襲的な換気が用いられた。当初は非侵襲的な換気を適用された患者が55人いたが、うち47人はその後侵襲的換気を必要とした。

薬物療法はほとんどの患者に行われており、ノイラミニダーゼ阻害薬は90.5%、抗菌薬は98.8%、ステロイドは50.6%の患者に投与されていた。

ICU入院後に2次性の細菌性肺炎を起こした患者は41人(24.4%)いた。

28日死亡率は14.3%(24人)だった。最初の14日間に10.7%(18人)が死亡していた。90日死亡率は17.3%(29人)。死亡者の 72.4%(21人)が女性で、男性は8人(27.6%)のみ。極めて重症となった50人の小児のうち死亡は4人(8.0%)に留まった。

ICU入院期間の平均は12日(5~20日)。生存者のICU入院期間は平均12日、死者では10日だった。
機械的人工換気を必要とした期間の平均も12日(6~20日)で、生存退院者と死者の間に差は無かった。

死亡者29人(平均年齢42歳)と生存者(139人、30歳)のベースラインの特性を比較したところ、有意な差が見られたのは、年齢(p=0.007)、 APACHE IIスコア(26と18、p<0.001)、1日目のSOFAスコア(8.4と6.4、p=0.01)などだった。性別、BMI、発症から入院までの期間などは、死亡/生存というアウトカムに有意な影響を与えていなかった。
ほぼすべての患者に対して抗ウイルス薬の投与が早期に開始されていたため、抗ウイルス薬使用の有無や投与開始時期とアウトカムの関係を評価することはできなかった。

次にメキシコから58人(6.5%)の報告

58人のうち確定例が29人、可能性例が14人、疑い例は15人。年齢の中央値は44.0歳(10歳から83歳、53.4%が女性)。成人患者の APACHE IIスコアの平均は20.1だった。小児患者は2人のみ(10歳と14歳)で、PRISM IIIスコアの平均は6.5だった。

何らかの併存疾患を1つ以上持っていた患者は49人(84.5%)。最も多く見られたのは肥満で、BMI 30超が21人(36.2%)いた。続いて喫煙歴ありが20人(34.5%)、高血圧が15人(25.9%)、糖尿病が10人(17.2%)など。呼吸器系の併存疾患を有していた患者はわずかで、COPDが2人、喘息も2人だった。

58人全員が発熱を示し、57人(98%)に呼吸器症状(咳、呼吸困難、喘鳴)があった。全身虚弱感が41人(71%)、筋痛が35人(60%)、頭痛が33人(57%)、消化器症状(悪心、嘔吐、下痢)が18人(30%)に見られた。
症状発現から入院までの日数の中央値は6日、入院からICU収容までの日数の中央値は1日だった。

54人が、重症の呼吸窮迫症候群と難治性の低酸素血症により機械的人工換気を必要とした。32人が侵襲的換気、6人が非侵襲的換気、16人がこれら両方の適用を受けた。

95%の患者が抗菌薬、78%がノイラミニダーゼ阻害薬、69%がステロイド投与を受けていた。

60日間の死亡率は41.4%(24人)。小児2人はいずれも生存した。多くは極めて重症になってから2週間以内に死亡していた。4人が救急部門での死亡で、うち3人は到着から8時間以内、1人が24時間以内の死亡だった。

28日間では23人が死亡。主な死因は呼吸不全だった。それ以降60日までの死亡は1人だけで、死因は多臓器不全だった。
生存者のICU入院期間は13.5日、死亡者のICU入院は7.0日だった。機械的人工換気の適用期間は生存者が15日(8~26日)、死亡者が7.5日(3~13.5日)だった。

死亡者(中央値39歳)と生存者(45歳)を比較すると、死亡者は、受診時により重症(APACHE IIとSOFAスコアが高い)で、動脈圧が低く、腎不全と肝不全が認められ、低酸素血症が進んでおり、クレアチニンキナーゼレベルとクレアチンレベルが高く、臓器不全が進行中だった。

メキシコでは、ノイラミニダーゼ阻害薬は生存の可能性を有意に高めていた(オッズ比7.4、1.8-31.0、p=0.006)。

カナダとメキシコでは、極めて重症と判定された患者の多くが、比較的健康な若い成人だった。ほぼすべての患者が発熱と呼吸器症状を示して入院し、その後急速に極めて重症な状態まで呼吸器症状が悪化、多臓器不全も進行した。多くの患者に10日以上にわたって機械的人工換気を適用されたが、低酸素血症は難治性を示した。




だんだんと新しいことがわかってきた状態です。

ほとんどの方(90%ほど)が併存疾患を持っていたのですが、併存疾患の中には肥満、喫煙歴、高血圧なども含まれています。

カナダの報告で主要な併存疾患は30%とあります。

ということは、新型インフルエンザで非常に悪くなった人の7割はごく普通に日常生活を送っていたであろう人です。

しかも、90%タミフルが使用されています。

それでも悪くなるときは悪くなるのです。

もう一度考えてみてください。

>安保教授は言う。「これだけ流行し始めた新型インフルエンザで毎日、何人が亡くなっているか。その数字を見ただけでも、毒性が弱いことははっきりしています。ここは効果がほとんど期待できないワクチンに頼るのではなく、自分の力で解決すべきです」。

安保先生の主張を信じますか?

信じない方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

良心のある新潟大学の先生方、本当にこのままでいいんですか?

かつ先生、コメントありがとうございました。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

2009/11/11 Wed 12:00
CATEGORY【診療】
『若者よ、新型インフルエンザに大いにかかれ』
21世紀型医療は「自分で治す」~手を洗うな、マスクはするな、キスをしよう

http://s02.megalodon.jp/2009-1104-2145-35/jbpress.ismedia.jp/articles/-/1989

耳を疑う主張ですね。

しかも、ワクチンが無駄だとのこと。

でも、医療関係者でなければ信じてしまう可能性は十分にありますよね。

しかも、新潟大学の教授なんですから。

実は、がんの世界でも有名な先生です。

それで、私も知っているんですけど。

『現代医療はがん患者を助けられるのか?』

http://s02.megalodon.jp/2009-1026-1755-03/toenn.hp.infoseek.co.jp/medical_tr/doctor_9.html

安保

次に、放射線治療法ですが、これもう受けないほうがいいでしょう。
最近では、ピンポイントに狙い撃ちができるようになってより安全になった、という医者もいます。しかし、つい最近も放射線の過線量照射事故が問題になったように、医者側のミスも見逃せません。
放射線療法を行うと、乳ガンのような皮膚表面への照射の場合、赤く軽い火傷のような症状になります。同じように、肺ガンや胃ガンなど、内臓への照射でも体内で火傷が起きているわけです。その火傷がひどい場合、癒着や出血をともなう場合もあります。
また、そのとき体内ではクラッシュシンドロ-ム(破壊症候群)が発生しています。これは、例えば事故で大怪我をしたり大火傷をして、ある部分の組織がダメ-ジを受けたとします。すると、交感神経が刺激されて体内に顆粒球が急増し活性酸素が大量に湧き、人はショウック状態に陥ります。放射線治療法でも同じことが引起されます。免疫力も低下し、何のための治療だか分からなくなります。
最後に化学療法と言われる抗がん剤は毒ガスの研究から生まれました。これまで、ガンそのもので亡くなったのか、抗がん剤の副作用で亡くなったのか、実際には分からない人がどれだけ大勢いることでしょう。それほど、抗がん剤の副作用は激しいのです。最近では、ガン細胞だけ消滅させる分子標的薬などが開発されたと話題を集まっていますが、すでに肺がん用の薬で亡くなる人が続出しました。抗がん剤は、最も刺激の強い薬品であり、その成分そのものが人体にとってのストレスとなるのです。
冒頭の私の経験は何十年も前のことですが、今でも同じことが繰り返されているのです。抗がん剤の副作用で死にたくなければ、抗がん剤を使う治療を拒否する以外に道はありません。
上野

抗ガン剤を使った患者さんすべてが亡くなったという安保先生のご経験は、本当に衝撃的でしたね。




あの、私受け持った患者さんだけでも抗がん剤治療をして5年以上再発がなく治ったと考えられる患者さんは何人もいてるんですけどね。

つっこみどころ満載でNATROM先生のブログで詳しく解説されていますのでご覧下さい。

『癌性疼痛の除痛すら否定する安保徹と上野紘郁』

ここまで読んでいただくと、信じられないんじゃないんでしょうか。

パーキンソン病も薬を飲まなくても治るというも書いているようです。

しかもその本を読んで悩んでいる患者さんもたくさんいるようです。

『安保徹教授が書いた本について』

本当に、ただでさえ病気で悩んでいる患者さんたちを悩まさないで欲しいものです。

それにしても、新潟大学の教授会はどうしたんでしょうか?

こんな方を教授という地位においたままでなんとも思わないのでしょうか?

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

がんに対する標準的な治療もすべて否定されてますしね。

自身ががんになったときにどうするかが非常に気になりますね。


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

マスクによる差 
2009/11/09 Mon 13:35
CATEGORY【診療】
JAMAいうアメリカの有名な医学雑誌にN95のマスクと普通のサージカルマスクでインフルエンザの予防に関して差がないとの論文が載っていました。

個人的な感想は、やっぱりなという感想ですけど。

これで、普通の方がN95マスクを買い求めたりする必要性がないことがはっきりしましたね。

原文は
 
 ↓

『Surgical Mask vs N95 Respirator for Preventing Influenza Among Health Care Workers』

探してみると日本語もありました。

ログインしないと読めませんが、

『サージカルマスクの性能はN95マスクに劣らない』

2008年9月23日~12月8日にカナダ・オンタリオ州の8カ所の第三次医療機関(大学病院6施設:310~400床、市中病院2施設:256~400 床)の救急部門、内科部門、小児科部門にフルタイム(就労時間は週に37時間超)で勤務する看護師446人を登録。平均年齢は36.2歳、94%が女性だった。

登録した看護師を、無作為に、個々人の顔にフィットすることが十分に確認されたN95マスク(221人)またはサージカルマスク(225人)に割り付けた。サージカルマスクは、各病院が用意している製品をそれぞれの製造会社の指示通りに使用する、とした。

季節性インフルエンザワクチンの接種率は、サージカルマスク群30.2%、N95マスク群28.1%で差はなかった。

この間のインフルエンザ感染は、サージカルマスク群50人(23.6%)、N95マスク群48人(22.9%)で、絶対リスク差は-0.73%。95%信頼区間は-8.8%から7.3%(p=0.86)となり、サージカルマスクの非劣性が示された。

PCRで感染が確認された看護師は、サージカルマスク群6人(2.8%)、N95マスク群4人(1.8%)。絶対差は-0.93%(-3.82%から1.97%、p =0.75)で、やはり有意差は見られなかった。

インフルエンザ以外のウイルスの感染率についても、サージカルマスク群とN95マスク群の間に差はなかった。また、インフルエンザ以外のウイルスに感染した患者の中にインフルエンザ様疾患とみなされる症状を示した看護師はいなかった。

呼吸器疾患により受診した看護師は、サージカルマスク群6.1%、N95マスク群6.2%(p =0.98)で差はなかった。

このように、オンタリオ州の第三次医療機関の看護師のインフルエンザ感染予防において、サージカルマスクはN95マスクに劣らない効果を持つことが明らかになった。この結果は、インフルエンザの感染に関わる飛沫のサイズがサージカルマスクでほぼ防げるレベルであることを示唆する。また、サージカルマスクの問題の一つは顔にフィットしないことだと考えられてきたが、それもまた、感染率に有意な影響を与えない可能性が示された。



一部のみ抜粋です。

また、こんな記事も

『H1N1による入院・死亡患者の34%は迅速診断で陰性
米カリフォルニア州での分析、入院リスクが最も高いのは乳児』


新型インフルエンザ(2009 H1N1)に感染し、重症化した患者に関する情報が蓄積されつつある。米カリフォルニア州公衆衛生局のJanice K. Louie氏らは、同州内での2009 H1N1流行開始から16週間の入院または死亡例について分析し、季節性インフルエンザ感染の場合と比較した。この結果、2009 H1N1による入院リスクは生後2カ月までが最も高く、死亡リスクは50歳以上が最も高いこと、迅速診断で偽陰性となった患者が3人に1人の割合で存在することなどが明らかになった。詳細は、JAMA誌2009年11月4日号に報告された。

50歳以上の集団は、入院率こそ低いものの死亡率が高かった。高齢者の一部が免疫を有する可能性が示されているが、50歳以上の感染者については慎重な観察を怠ってはならないと著者らは言う。

そして、迅速診断では偽陰性が多いことに注意すべきだ。ハイリスク患者の場合には判定が陰性でも監視を怠らず、可能な限り早く抗ウイルス薬を投与する必要がある、と著者らは述べている。




陰性だからといってインフルエンザでないとは言えないですからね。

あくまでも迅速検査キットは補助診断でしかありません。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

また、インフルネタになってしまいました。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

手洗いの研究 
2009/11/07 Sat 11:26
CATEGORY【診療】
今日は小ネタです。

読めない人が多いと思うので。。。

手洗いには不潔感を与える理由を

手洗いの研究: 男性は不潔感、女性は知識に反応する

Miranda Hitti


【10月22日】男性に手を洗ってもらうには、あからさまに気持ち悪いメッセージを出すといい。

このフレーズはどうだろう---「せっけんで洗わないと口に入ります」。『American Journal of Public Health』に最近発表された研究で、これは男性に手を洗わせるのに最も有効なメッセージのひとつだった。

同研究は、様々な年齢層の旅行者で道路が込む夏休み中、イギリスの高速道路サービスエリア内にあるトイレで行われた。

研究者らは男性と女性のトイレに大文字が点滅する電光掲示板を設置した。メッセージはすべてせっけんで手を洗うことの重要性を伝えるものだった。しかしメッセージの口調は異なっていた。

「水では殺菌できません。せっけんならできます」というように、いくつかのメッセージは手を洗わないことのリスクをうたった。

別のメッセージは「隣の人はせっけんで手を洗っていますか?」と社会的規範を利用したものだった。さらに「トイレを口に入れないで---せっけんで手を洗おう」というような、研究者らが「不潔ファクター」と呼ぶメッセージもあった。

比較のため、掲示板は時々消しておいた。トイレのソープディスペンサーに付けたセンサーで何人がせっけんを使ったか記録した。

様々なタイプのメッセージがせっけん使用の動機になっていた。

「男性は嫌悪感にかなり反応したが、女性は有意な反応を示さなかった」とロンドン大学衛生熱帯医学大学院のGaby Judah, BAらは書く。

女性は手を洗わないことのリスクを知らせるメッセージに反応した。

「男女両方の反応が良かったメッセージは“隣の人はせっけんで手を洗っていますか”と規範に訴えるメッセージだけだった」という。

Judah氏らがトイレから出てきた人をインタビューした結果、ほとんどの人が手洗いメッセージを全く覚えていなかった。また、手洗いに十分時間をかけたかどうかも同研究では分からない。

しかし、人に手を洗わせるには様々なメッセージが有効なようだ、とJudah氏らは記している。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

男性と女性でこんなに違うものなのですね。

やっぱり、男女だけでなく個人個人によって手を洗いたくなるメッセージは違うような気がしますね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

『看病用心鈔』 後編 
2009/11/05 Thu 11:49
CATEGORY【緩和】
ではでは、早速続きに参りましょう。




第11条 病人への接し方

 1 人は喜怒哀楽を常とし、腹を立てるなど、知らずと悪を重ねてしまうものです。まして病に苦しむ病人については、そうしたたしなみに欠けていると誤解したり、偏見や差別の目で見てしまうものです。ですが、ここは病の仕業と思い、たとえ、病人の態度が悪かったとしても、腹を立てて怒らないように気をつけてください。そういう時こそ親切で優しい心で接してあげるべきでありましょう。
 2 物事の善悪について直接言葉で表現するよりも、目配(めくば)せによって行なう方が好ましい時もあります。できる限り、良いことも悪いことも、病人の思いに沿ってさしあげられるようお努めください。
 3 病人が言うことを聞かなくとも、無理に聞かそうとしたり、怒ったり、恨んではいけません。
 4 このことは何も病人に限ってのことではなく、日頃の自分達の生き方とも深く関わります。生涯にわたって身を慎むべきことでしょう。
 5 いずれにせよ、心が乱れることによって再び迷いの世界(この世)に戻ることのないよう、そうした原因を的確に取り除いて、死を安らかに迎えられますよう接することが肝心かと存じます。

>環境をよくしてせん妄などを起こりにくくしようということでしょうね。

第12条 守秘義務

 1 常に病人は夢で見たことや現実に思ったことを隠さず看病人に話す方がよいでしょう。また、病人から話さないのなら、こちらから丁寧に尋ね聞くことをおすすめいたします。
 2 その話の内容が悪いときには一緒にお念佛などでし懺悔し、慰め、勇気付けてさしあげます。あるいは良い話のときは、一緒に喜びを共有なさってください。
 3 善悪を問わず、他言しないよう心掛けてください。

>この時代から守秘義務の話があるとは、ビックリです。

第13~15条 死の準備教育 念佛のありかた

 4 その他には、『浄土三部経』や先ほど紹介した善導大師の『五部九巻』の中に示された臨終に関する言葉なども、常に耳元でお念佛するとともにお聞かせするようにして、心乱れる原因を取り除いて、死を安らかに迎えられますよう接してください。

 2 いずれにしても、「まさにこの時にこそ、この苦しみが一切なくなり、み佛のお迎えによってこの上もない素晴らしい死後の世界が訪れるのだと心から念じ、そこに往きて生まれるのだと信じるべきです。だから決してそのことを忘れて、心乱してはいけないのです。今日まで信仰してきたお念佛の功(功徳)はここでまさに発揮されるのです。み佛は決してあなた1人を漏らすことなく、極楽浄土へ導くために迎えに来てくださいます」と言って、どれほどの苦しみがあろうとも病人を常に励まし、勇気付けてさしあげてください。

 1 病人に訪れる臨終の時の心掛けは、み佛による「今まさに臨終を迎えようとなさるお方のもとに、慈しみの心をもって来て下さる」というお誓いをひたすら頼みとし、信じ、仰ぎ願うことでございます。すなわち、「日頃から積み重ねてきた信仰によって臨終の枕辺には必ずみ佛が姿を現され、迎えに来てくださり、やがて静かに心安らかなうちに息を引き取れます」と、お心得おきください。ですから、日頃からそうした事柄をしっかり願い描いておくことが大切でありましょう。お互いこのことをよく話し合うなどして忘れないようにしたいものです。
 2 私達が往生するには、み佛のお救いのお力を借りなければならず、でなければ永遠に苦しみを繰り返してしまうことになりかねません。ですから、こうしたみ佛の救いの力を日々信じられるよう努めたいものであります。
 3 その上で病人を常に励まし、勇気づけてさしあげてください。

>さすが、このあたりは宗教の一番得意とするところでしょうか。

第16~17条 急変、苦痛時における看病人の対応

 もし何かの原因で激痛に見舞われ、責められて心乱れだしたりした時には、これから往く世界の様子が思い描かれるような言葉を耳元でささやき、また、お念佛などして、心を穏やかに静まるようにおとりはからいください。

 1 激痛に見舞われて気を失うなど、手に負えそうにもない時、「どうにもならない」と言って、見捨てるようなことをなさらないようにしてください。
 2 どのような悪人も、時として出会いによっては改心して、生まれ変わることがあります。まして日頃からまじめに勤めを果たし生きてこられた方には、そのような場合、いつにもまして、いよいよ親切心、真心をもって包み込むように接してさしあげてください。もし、あなたが落ち着いてそのような行動をとられたなら、それは誠に尊いことであります。
 3 最期を安らかにして息を引き取られますよう病人の願いをかなえてさしあげてください。

>患者さんが取り乱しても周りはとりみだすことなく、患者さんが落ち着くようにと言うことでしょうね。

第18条 臨終の看取り

 1 病人の息耐える瞬間を見届けることは最も大切なことでございます。決して気を許してできることではありません。くれぐれもお気をつけください。
 2 息絶える直前というものは人によって様々ではありますが、よく、苦痛がなくなり病状が回復したような錯覚をいたします。また、呼吸に変化があったり、意識がはっきりしてよく話すようになったりもします。時には、病人自身が「まさか、今、死ぬことはあるまい」などと言うことすらあります。特に病状が回復してきたととれるような変化については、勝手な解釈で看病を怠らないようになさってください。決して息絶える瞬間を見逃さないようにお努めください。
 3 どこまでも安らかに息を引き取れるよう、また、み佛のお迎えがありますよう祈り、看護ってさしあげてください。

>本当に、医療を知らない人にでも理解しやすくなってますね。(当たり前ですけど)

第19条 死後の処置

 1 病人の臨終が目前になろうとしている時、決して病人に触れたり、動かすことのないようになさってください。人生にとって最も大切な時を迎えているからです。わずかな空気の動きでも、心をかき乱してしまいます。ただ、「み佛が迎えに来てくださるのだ」という落ち着いた雰囲気で、より心が澄み渡るようにご配慮ください。
 2 また、臨終の後もできるだけ同様にし、2~4時間といったしばらくの間は、騒がしくしないようになさってください。
 3 その間、この世界から次の世界である極楽浄土に往きて生まれるのでございます。さらに病人を静かに看護り続けてください。




読んだ感想は、本当に看護マニュアルだということです。

もちろん、仏教ですので宗教的な要素も入っており医学的なところから考えると違和感を覚える部分もあるのですが大きくは同意します。

本当に、500年以上前にこのようなマニュアルが存在したことに驚きを覚えます。

これを読んで落ち着いて看病が出来た方は多数いると思います。

すごく参考になりました。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

絵も見たい方は

   ↓

http://www.buposo.jp/view/pointofnurse3.html

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

『看病用心鈔』 
2009/11/03 Tue 09:03
CATEGORY【緩和】
最近、『看病用心鈔』なるものがあるのを知りました。

病気になった人を看病するときの心得だそうです。

原文は知りませんが、平成訳がありましたので紹介させていただきます。




はじめに

病人となった時は看病してくださる方を慈悲ある御佛のように思い、また、看病人は子を思うような親心をもって、お側(そば)にいてさしあげるべきでありましょう。
この鈔では、知識ある看病人は、病人の心の動きをしっかりと把握できるようお努めになって、発病(とくに死に至る病)より命終わらんとする最期の日までの間の、看病人としての心得ておくべき事柄を記し申し上げます。

第1条 病室の設え(しつらえ)

人の部屋は日常生活の場とは別の所に設けるのがよいでしょう。もしできないときは、日常生活の場を病人のために改善したらよいでしょう。

>今でも当然当てはまりますよね。

第2条 病人を取り巻く環境

1 病室は常に清潔さを保ち、花などを飾り、ときにはお香を焚くなどして明るく落ち着いた雰囲気作りが必要です。ですから、あまり病人の心を刺激するようなものは避けてください。
2 看病人も時間をみはからって交替に休息することも必要です。その際、病状が軽いからといって、おろそかにしてはなりません。
3 人の命が終わるのは、ほんの一瞬のことなので眼を離さないようにしてください。休息するときも病人の息が聞こえるぐらいの所にいて、あまり離れないようになさってください。
4 夜になると病状が急変することがありますので、病人の顔色が確認出来るようにしてください。また、暗がりの中でもご本尊を拝めるようにご配慮ください。

燃え尽き症候群にご用心!

>なるほど、なるほど、勉強になりますって感じですね。

第3条 病人に近づく人

 1 多くの経典や善導大師などは「酒肉五辛(しゅにくごしん)」=酒や肉、ニラ・ラッキョウ・ネギ・ニンニク・ショウガなどのニオイのする食べ物=を食した人を病人の近くに寄せてはなりません。
  きっとニオイが元で、病人は苦しみ、心が乱れるでしょう」と、各所で悪しき事例を示してくださっておられます。よくよく慎んでください。
 2 看病人は2、3人がほどよく、それ以外は妻子はおろか親疎を問わずあまり近づけないようにしてください。

>表現が古かったり仏教なので宗教的なところもありますが的を射ていることは確かですね。

第4条 看病人の役割

 1 看病人は3人が適当で、1人は枕元で念佛をおすすめし、1人は近くで病人の様子を看護り、1人は端にいて雑事を受け持つようにします。大勢であると騒がしくなるので、あまり好ましくありませんが、長く患い、病状によっては4、5人でもよいでしょう。もし1人であれば、特に病人の目の様子や息の出入りをじっと看護ることが大切です。
 2 常に病人の心が落ち着くようなお話をしたり、日頃から信仰なさっておられるお念佛をとなえるなど、これらをおすすめします。それらの声は高からず、低からずで、早さも病人の呼吸に合わせてほどよくなさってください。
 3 看病人は心得た者(善知識)ならば、どなたでもかまいません。が、決して不心得な者を中に入れて、騒がしくならないようにしてください。
 4 見舞いに来た人については、看病人が病室の外で品良く病状などを説明して対応し、病人に会わせないようお努めください。

>現代においてもここまでうまく看病できる人はなかなかいないのではないでしょうか。
>すごすぎます。

第5条 祈祷と治療

 1 祈祷などはなさらない方がよろしい。単に延命のための治療・与薬(よやく)はできるだけ控えてください。たとえ、日頃から信仰するお念佛をとなえるためだとは言え、強いて用いるべきではありません。なぜなら、命終の時、だれもが我が身を一層愛し、命を惜しんで苦しみを増すことになるからです。つまり、極楽に往生するという「ここ一番」の時に、生を貪(むさぼ)り、死を恐れてしまうからです。
  2 治療や与薬はその苦痛を取り除くように見えるけれども、充分その方法を吟味してから行なってください。安易に考えると、病人が死を恐れるあまり、極楽往生という本懐(ほんかい)は、そうした愛着によって妨げられますので注意が必要です。
  3 これらのことについては、善導大師の『臨終正念訣(りんじゅうしょうねんけつ)』などをよく読んで心得ておくとよいでしょう。また、看病人自身もこの看病を通じて、いのちの尊厳を輝かせる機会として悦ばれるように接してさしあげてください。日頃から、死についていろいろ考えをめぐらせておくことをおすすめいたします。

>病気に倒れた人間の心の葛藤に対してどう対処するかですね。

第6条 死を覚悟するということ

 1 どのような病気や事故で、どのように命が終わってしまうかなど分かりません。あまり私達の知る余地のない死や、死にゆく様についてあれこれと悩み、考え込んで心が乱れるようなことのないようにしたいものです。なぜなら、思い通りの死は決して訪れないからです。戦争・火事や水害などにみまわれ命を失ったり、突然死などがありえるからです。
 2 日頃から持つべき信仰を持ち、生きる目的をしっかり持って、これらの備えとしたいものです。そしてその上で、心安らかにして、日頃からの信仰によって、自らが憧れ願う世界へ旅立ちたいものです。
 3 ともかく、できるだけ日頃の生活の中で後悔が少なくなるように心掛けて、自然に死を覚悟できる(受け入れることができる)ようにしたいものです。
 4 いつ訪れるか知れない重病や、耐えられない苦痛に襲われたとしても、様々な苦しみは、命終わるときにすべて解消されるのだと信じて、心乱れぬよう余命を大切に過ごしたいものです。

>このようなことに昔から言及されていたのですね。

>治らないことが多かったからこそ必要だったのかも知れません。

第7条 病人の食事

 1 病人が欲しがるといって魚、肉などをあまり食べさせないほうがよろしい。もともと佛教では殺生を禁じているのですから、臨終という特別な時だとしても許されないことだとご承知おきください。上手に制止するよう努めてください。ですから、こちら側からあえて何か食べたいものはないかと尋ねるようなことは控えるべきでありましょう。なぜなら、死を間近にしながら、かなわぬ願いに心が奪われ乱されてしまう原因となりかねないからです。
 2 病人の近くでこのような欲心をかき立てる言動は避けるべきです。特に、世間話や噂などは軽々しく口にしないように心掛けてください。
 3 とにかく、残りわずかとなった時間を少しでも後悔しないで過ごせるよう、また死を覚悟できるようにしてさしあげてください。

>う~ん、これに関しては、好きなものを食べさせてあげたいと思うのですが。。。

>仏教的な立場上ダメだったのでしょうか?

第8条 遺言

 1 死後のことについては数多くの経典に説かれておりますので、これらをよくご参考ください。
 2 何といっても命終には念佛をとなえながら静かにみ佛が迎えに来られるのを待つことが大切であります。
 3 そのためには病の身となっても、意識のはっきりしている間に「遺言などはないか」と、尋ねておくことをお勧めいたします。ただし、病人自身の意志でしたら差し支えありませんが、こちら側から強要しないように加減してください。もし、その加減を損ないますと、心乱れる原因となります。できる限り死を覚悟できるようご配慮ください。

>遺言を尋ねるのはいいが、強要しないこと。大切なことですよね。

第9条 大・小便

 1 病人が大・小便をするとき、強いて便所へ連れて行く必要はありません。そのようなときには、寝たままできるよう、おむつなどを用紙して楽な環境を整えてさしあげてください。
 2 常に床は清潔にし、汚物を取り除く際も充分気をつけて行なうよう心掛けてください。

>当たり前のことですよね。

>昔のエントリーの『ラップポン』なんかがよさそうですね。

第10条 臨終間際

 1 大・小便などの不浄時(用便中)、ご本尊との間を一時、屏風(びょうぶ)や障子(しょうじ)などで仕切るということをしますが、急変して臨終が近くなってきたら、そのような対応も気にしないでよいかと存じます。なぜなら、いちいちこのようなことをしていたら、その場が騒がしくなってしまうからです。ご本尊を常に静かに拝むことのできるように配慮なさってください。
 2 常に喉の渇きには充分注意なさって、心落ち着くようお念佛などをおすすめください。

>まさに、看護人の心得ですね。





長くなってきたので次回に。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

是非、HPもみてください。

絵も趣があってよいですよ。

http://www.buposo.jp/view/pointofnurse.html

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体


copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。