~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
よくある質問 
2008/10/18 Sat 11:27
我々、医者からしたら当たり前というか、そんな疑問すら出てこないのですが、よくある質問があります。

その代表が、転移性のがんは誰が専門なの?ってことです。

私は呼吸器専門医であり、肺がんの診療に主に携わっていますが肺がんの患者さんに肝転移が出たとき、肝臓の医者に診てもらいたいと言われる患者さんがいらっしゃいます。

肝臓専門の医者は肺がんの肝転移の専門ではありませんよ。

肝臓に飛んでも、骨に飛んでも、頭に飛んでも肺がんは肺がんです。
肺がんの治療を行います。

ですので、肺がんの専門の先生が担当するのですよ。

ときどき、私どもの施設にも肺にカゲがあると紹介されて検査をしてみると悪性は悪性なのですが、肺がんではなく、大腸がんの肺転移であったり、乳がんの肺転移であったり、前立腺がんの肺転移であったこともあります。

そんなときは、大腸がんなら消化器の専門家へ、乳がんなら乳腺の専門家へ、前立腺がんなら泌尿器の専門家へ紹介することとなります。

もちろん、転移巣を外科的に手術してとってしまった方がよい場合もありますので、そのときは、とる部位の専門の外科の先生に手術をお願いすることになりますけど。

手術が終わるともとのがんの専門家の元に戻されますよ。

ですので、新たな別のがんができない限り、新たな科の先生に診てもらう必要ないですからね。
 
 
皆さん、知ってましたか?『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

  
ドクターには、当たり前すぎてそんな疑問も沸きませんよね。 



しかし、この質問は半年に1度は聞きますね。
こないだもブログのコメントで質問いただきました。

あ、何でも遠慮せずに聞いてくださいね。
今回取り上げたのは、まだこの話知らないヒトがたくさんいると思いましたから。

その方が、お互いにとって幸せですからね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

タグ : 転移 がん

コメント
この記事へのコメント
原発巣不明の転移性のがんの場合は、転移先の臓器の専門医が最期までみることになるのでしょうか?
それとも転移先の臓器の先生も、これは自分の専門じゃないからと、転移を見つけた先生がそのまま最期までみることが多いのでしょうか?
2008/04/08(火) 12:46:40
URL | 東京ヒルトン #MaKh7gFU[ 編集 ]
う~ん、どうなんでしょうね。
原発不明がんの専門はいないですからね。
腫瘍内科があればそこで診るのでしょうけど。
力関係によるような気がします。
2008/04/08(火) 19:18:48
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
転移性のがんといっても
こんばんは。いつも拝読させていただいております。

肺癌の肝転移で1個~数個の腫瘍ができている方も、よっしぃ先生はご自分で治療(化学療法?)なさるんですか? 私は肝臓の専門の先生にお願いしてRFAなどで治療していただきますが。

多発の場合なら、先生のおっしゃる通りですが。

なので、今日の記事はちょっと勇み足かと、、、。
2008/04/09(水) 03:19:35
URL | 呼吸器外科医 #3XMF6Yv2[ 編集 ]
呼吸器外科医先生
このブログでは、一般の方にわかりやすくを目指していますので。場合によってはその場所の専門の先生に治療をしてもらわなければならない場合もあります。

しかし、局所の治療後は元のがん腫の専門の先生のところでフォローすべきです。
まず、そういうことを医療者以外に広めたかったのです。

肺がんの場合は、肝転移をラジオ波で治療するのはまだエビデンスはないかと存じます。
延命に寄与する患者さんがどれだけいらっしゃるか不明です。

内科と外科の違いかもしれませんが、(単発の肝転移のみの再発であれば延命は望めるでしょうし)現段階で肺がんの肝転移に対してRFAを積極的に勧める根拠はないかと思います。

もちろん、RFAしてよかった患者さんたくさんいると思いますよ。
2008/04/09(水) 07:24:38
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
はじめまして

興味あるブログに出会えて一気に読んでしまいました。
5年前にがん患者になり、再発も無く元気しています。
何処に転移しても原発部位を診察された先生が担当医なんですね。
なんとなく解ってるようで、解ってなかったみたい。
よっしぃ先生の生の声が聞けて嬉しいです♪

written by hitomi

hitomiさんからコメント頂きました。
これからも、よろしくお願いしますね。
2008/04/09(水) 12:44:54
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/107-79c2a877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。