~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2008/04/12 Sat 09:39
今日は、分子標的薬のお話です。『分子標的薬とは』もご参照ください。

分子標的薬は、効果のある方と効果のない方が検査にてある程度予測できるものがあります。

たとえば、イマチニブ(グリベック)は、フィラデルフィア染色体が陽性であれば効果が認められています。(例外もあるので詳細は主治医に確認してください。)

トラスツズマブ(ハーセプチン)は、HER2と言うタンパク質が過剰にある方に適応が認められています。

以下、イレッサタルセバに関しての話とします。

ゲフィチニブ(イレッサ)やエルロチニブ(タルセバ)は、上の薬剤ほど明確ではないですが、腫瘍細胞のEGFR遺伝子の変異がある場合によく効きます。(EGFR変異があれば、70%から90%効果があるとの報告があります。)

しかし、イレッサタルセバは、EGFR変異があっても100%効果があるわけではなく、また、なくても効果のある場合もあります。(せいぜい10%ほどですけど。)

今のところ、分子標的薬はずっと効果があるわけではなさそうだ。と考えられています。

ちなみに、イレッサの場合効果があっても1年程度で効果のなくなる方が多いことを実感しています。
よく効いていても2から3年です。
それ以上効果が持続している方はほとんどいないと思われます。
その理由もだいぶとわかってきました。

まず、EGFR変異(主にエクソン19や21)があるとなぜイレッサタルセバが効きやすいか?

まず、薬剤が変異の無い場合と比べるとEGFRと結合しやすいから効果があるという話があります。

もうひとつは、変異があるとEGFRは、変異のない場合と比べてシグナル伝達が活性化していると言われています。
つまり、がんの増殖や転移などの作用がEGFRに多く依存している。ですので、そこを押さえるイレッサタルセバが効果的と言うわけです。

では、なぜ効果がなくなるのか?

エクソン19や21の変異がなくなったのか?

そうではないようです。
エクソン20と言う場所に新たな変異ができるとイレッサやタルセバの効果がなくなるようです。

どうも20に新たな変異ができるとEGFRの作用がより活性化してイレッサやタルセバでは押さえきれなくなるようです。

イレッサやタルセバは、可逆的(EGFRにくっついたり離れたりする。離れると効果なくなる。)な阻害なので、非可逆的な阻害薬であればこのような事はおこらないだろうと現在EGFRの非可逆的な阻害剤が開発中です。
 
 
難しかったですかね?『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。
 
 
 
エクソン19とか21とかは、どこが変異してるかの場所の話なので一般の方はあまり気にしないでください。
 
グリベックも効かなくなったときに新たな変異ができてるようですよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/110-eccab470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。