~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
東京にて 
2008/04/13 Sun 11:36
内科学会総会にやってきました。

東京国際フォーラムです。

内科学会は、正直おもしろくありません。

やはり、呼吸器学会であったり、肺癌学会であったりと自分の専門分野の学会がおもしろいです。

じゃあ、何で行くのか?

あんまり言いたくないのですが、内科の認定医を更新するための点数稼ぎです。

内科学会が内科認定医、内科専門医を認定しています。
私は、内科専門医ではありませんので、5年で25単位をとればいいのですが、専門医は5年で75単位とらなければなりません。

ちなみに、内科学会総会の参加は10単位もらえます。

多くの参加者は10単位を得るために参加しているような気がします。

なぜなら、多くの内科医は自分の専門の専門医を持っています。
わたしなら、呼吸器専門医の資格があります。

呼吸器専門医であり続けるためには内科認定医であり続けなければなりません。

そのためには、内科学会総会へ出席することが近道なのです。
参加費は1万円です。

まあ、それよりも例のシンポジウムにも参加してきました。

医療現場の危機打開と再建をめざす国会議員連盟のシンポジウムです。

国会議員、勤務医(臨床現場の最前線で働いている)、大学病院の教授クラス、日本医師会の理事、
看護協会会長、患者団体の方などが提言者として招かれていました。

そして『勤務医の医師会誕生?』で紹介した全国医師連盟設立にあたっている先生や
さらに驚くべきことに『お医者さんを守ろう』で紹介した県立柏原病院の小児科を守る会の代表も招かれていました。

産婦人科の先生の発言や守る会の代表の発言には胸をうたれ涙がこぼれそうになりました。

今まで、医療崩壊の現状が議員さんに伝わったと思います。

みんなの主張は少しずつ違いましたが全員の意見が一致したのが医療費を増やさないとダメだよ。ってことですね。
 
 
医療がよくなる兆しでしょうか『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。
 
 
 
あと、マスコミ関係の方や、有名ブロガーなど様々な方とお話する機会に恵まれました。

非常に勉強になり楽しいひとときを過ごすことができました。

お会いした皆様にこの場をかりてお礼申し上げます。





超党派議員の会なので議員さん同士のやりとりもおもしろかったです。(自民党と共産党の意見が一致したりとか)

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
学会・・・
学会とは、お医者様のお勉強会?みたいなものなのでしょうか???
発表とかあるのですよね?

単位取得があるとは、全然知りませんでした。
医師免許は1度取得すると「更新」はないと聞きましたが、認定医や専門医には「更新」が必要なんですね。

医療関係は未知の世界なので、とてもわかりやすい内容でした。ありがとうございました。

シンポジウム、ニュース等で取り上げないのかな?
2008/04/13(日) 12:03:47
URL | まるみ #-[ 編集 ]
私の主治医も沢山の学会や研究会に入ってるようです。
それも似たような名前の会ばかりです。
無数にあるみたいで、会費だけでも大変ですね~

認定医・専門医は学会参加回数で一律に取得出来るのですか?
テストや実技で確認しておいて欲しいですね。
2008/04/13(日) 21:00:53
URL | hitomi #-[ 編集 ]
まるみさん
シンポジウムニュースではほとんど取り上げられていません。
報道はいっぱい来てましたが。。

hitomiさん
会費だけでも大変です。
年間10万円以上かかりますよ。

内科認定医をとるのに、3年以上の研修と30例の症例報告のレポート提出と試験に合格しなければなりません。


また、ブログで詳しく書こうかな。
2008/04/13(日) 22:14:28
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
シンポジウムの様子が、mixiにアップされていたので、見ることができました。
よっしぃ先生の仰っていた産婦人科の桑江先生の発言もばっちり聞きました。
大野病院の事件で有罪がでたら、分娩をやめるか、安全な数まで制限するとおっしゃっていましたね。
それと、産婦人科の一人医長が、46%、3人以下が84%、4人が16%という数字に驚きました。
一人医長のところがなんて多いんだろうって...。
このシンポジウムの内容、テレビで放送してほしいくらいでした。
2008/04/14(月) 21:00:26
URL | Kei☆ #tHX44QXM[ 編集 ]
Kei☆さん
そうですね。
魂の叫びだと感じました。
今まで、公の場で訴える場所がなかったので余計そう思います。
2008/04/14(月) 23:00:21
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/111-28231dec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。