~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2008/04/18 Fri 14:00
m3のブログに去年の8月29日にエントリーした記事です。




もうずいぶん前のことです。V先生と一緒に働いていたのは。

V先生は、内科医でしたが、普通ではありませんでした。
何が、普通ではないのか?一言で言うと『セコイ』のです。

例えば、医局(医者の机がある部屋)に共同の冷蔵庫があるのですが、名前のないものは気にせず食べたり飲んだりするのです。

V先生は『あ、名前ないやんこれ』とか言ってもう口の中へ。。。。
どきどき、名前の書いてあるものも。。。。。

その部屋は私とV先生を含め10名ほどの部屋で年代も同じくらいでしたので上の先生に文句を言われる事もなく、V先生の信じられない態度は、猛威をふるっていました。

また、上の先生を見つけると
『先生、ご飯食べに行きましょうよ。』とか『飲みに連れて行ってくださいよ。』とかたかります。自腹とわかると、行かないようです。

しかし、こんなV先生も患者さんにはやさしくていい先生でした。

ある朝、病棟のそばでV先生を見かけたのです。
V先生は、朝食が引き上げられた誰もいない配膳車に近づいていきます。

何をするんだ。と思いながら私は、見ていました。V先生は私の存在に気づきません。

V先生は、きょろきょろと辺りを見回し、配膳車から何かを取り、白衣のポケットに押し込みました。そして、立ち去っていきました。

『何や?』気になった私は、配膳車に近づいて配膳車をのぞき込みました。朝食の残飯しかないけどな。

『……!』

ガザガザとビニールの袋がすれるような音がしたよな。
きっと、未開封のパンをポケットに、、、、

医局に戻ってみると、V先生はパンをほおばっているところでした。

『先生、それどうしたん?』

V先生は、少し動揺したように見えました。そして、
『患者さんにもらってん。』

う゛~、言葉がありませんでした。

いろんな医者いるよねって思った方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。



そんな、V先生も結婚したようです。おめでとう。



でも、厳密にいったら窃盗ですよね。





実話です。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
びっくり
よっしぃ先生、こんばんは

この記事を見て、思わず笑いましたw
確かにいろいろな先生がいますが、患者さんに悪い事は起きてないですし、残り物の有効活用、エネルギー摂取という事でw

また、面白い話をよろしくお願いいたします
2008/04/18(金) 21:21:12
URL | アンフェタミン #-[ 編集 ]
アンフェタミン先生
ホントにびっくりですよね。
実話ですからw
2008/04/19(土) 09:56:00
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/112-e3a2e4fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。