~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2008/04/14 Mon 12:13
m3のブログに去年の8月31日にエントリーした記事です。





大学病院と一般病院で、医者の仕事内容はかなり異なります。

何が違うかというと、大学病院の医者の仕事の中には明らかに雑用というか『医者の仕事ではない』と思われるようなものが含まれています。(今はどうか知りません。私が大学病院研修医だった頃の話です。)

もちろん、大学病院には、研修医を研修するという役割もありますのでいたしかたない面もあります。しかし、『えー、こんな事してるの』みたいな事も多いです。

大学病院ならではの医者の仕事は、朝の採血です。
一般病院ではありえません。

朝食前に7時頃から、各患者さんのベットで採血をします。

前日の3時までにコンピューターに採血のオーダーを入力しておけば、採血用のスピッツ(血液を入れる容器)が検査室よりあがってくるのですが、それ以降のオーダーですと自分でラベルを発行してペタペタとスピッツに貼らないといけません。

点滴も一度ルートを取っていると、新しいボトルにかえるのはしてくれるんですけど、点滴が漏れたりしたら呼ばれます。

また、新しい薬を始めるときも朝晩の定期であがってくるまでに(ベルトコンベアみたいなので朝夕に薬局から届く)始めたいときは、自分で薬局に今から○○を取りに行くからと電話をしてから、自分で取りに行かないと行けません。

土日にレントゲンなど撮ろうものなら、
『先生、自分で患者さん連れて行ってくださいね。』
とナースに釘をさされます。

もちろん、撮った写真(レントゲンやCTなど)早く見たいときは自分で。

挙げ句の果てには、ナースコールも長い間鳴ってるときは取ってくださいとまで言われました。(ナース用のPHS持ってるんですけどね。)

他にも、いろいろ何のために医者になったんだろうと思う事のオンパレードです。

確かに、そのような雑用をこなす事で、ナースの苦労や病院の備品の扱い方とかわかるようになったんですけどね。

今、上にあげたような環境で働けと言われたら拒否しますね。間違いなくね。

大学病院で働きたくない方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


初めて知った方も『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。



どこの大学病院も似たようなようなもんみたいです。



一般病院で研修しているひよこ先生達、何でも1回はやってみた方がいいと思います。
何回もは、しなくていいですけどね。




よければ、m3のコメント欄もご覧ください。
http://blog.m3.com/yosshi/20070831/3#comments

ただし、最近は、大学病院も研修医が自分の科だけの研修医ではありませんので以前のように働きません。
3ヵ月だけとかなので。

ですので、ナースも少しは仕事をするようになってきたとの噂です。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

タグ : 大学病院 研修医

コメント
この記事へのコメント
川渕圭一先生の「研修医純情物語:先生と呼ばないで」という本を読んで、大学病院での研修医の先生方のお仕事の大変さがよくわかりました。ちょっと驚くことばかりでした・・・。

主治医が入ったばかりの研修医の先生が担当・・・とは、何だか怖いv-17
教授回診の際の研修医の先生の準備とか、
土日も病棟へ出勤しなくちゃいけないとか。

普通の会社だと?????なことばかり。

今、研修医制度って変わったようですが、
以前よりは激務ではないのでしょうか?

お医者様の世界って不思議なことばかり。。。
よっしい先生も36時間勤務とかされてるのかな?

*海堂先生の「螺鈿迷宮」私も好きです。
  でも、ジェネラルルージュの凱旋も面白い。
  速水部長が俳優の「加藤雅也」なイメージv-238
2008/04/14(月) 20:17:08
URL | まるみ #-[ 編集 ]
でも、研修医が一人で物事を決めることはありません。ご安心を。

今の研修医は以前よりずいぶん楽になったと思います。一番下っ端ではなくお客様みたいな扱いですからね。
何年かたって自分たちの下になるかどうかわかんないですからね。

もちろん、36時間勤務当たり前ですよ。

医者の常識を一般の人に広めたいと思っています。
2008/04/14(月) 23:03:05
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
大学病院に入院していた時、採血室があり専門の看護士?さんにしてもらっていました。
ただし点滴は研修医だったのですが、1回で成功した例は無く恐怖の時間。
2~3回しても駄目な場合が多く、上手な先生に変わってホッとしていました。

今でもCTやMRIで造影剤の点滴をする時は研修医なので、ゾッとしていますv-292
教育機関なので実験台になるのは仕方ないとは思ってても、ヤッパリねぇ~~~

でも大学病院は全員ホントに忙しそうで、先生方の体が心配です。


2008/04/14(月) 23:07:27
URL | hitomi #-[ 編集 ]
ウチの嫁が今シーズンなんですかね、
研修医の方に注射などして頂いています。
よくNsに怒られたり、チューベンに怒られたり
しているようです。
でも、嫁は、研修のおぼつかなさよりも
Ns等に怒られている事が不安になるようで。
昨日は、Nsが「空気抜いてください」と
言っていて、研修医の先生は、「???」
だったようです。
教育って難しいですけど、大切ですよね。
研修医の先生が立派な先生になって、
早く助けてくれる事を患者家族としては、
祈るばかりです。
2008/04/15(火) 10:29:13
URL | miz_mak #-[ 編集 ]
hitomiさん
聞いた話だと、アメリカでは無保険の人は学生が採血などを行ってもいいらしいですよ。
日本では、医療は平等なのでそんなことないですけどね。

miz_makさん
医師の教育は難しいですね。
実技(手先の器用さ)と知識が必要ですからね。
どっちだけでもダメです。
さらに、人当たりの良さも必要ですよね。
2008/04/15(火) 12:26:20
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/113-6b0325cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2008/04/15(火) 04:45:24 |

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。