~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
医者の考えること 
2008/05/11 Sun 12:24
CATEGORY【診療】
m3のブログに去年の9月9日にエントリーした記事です。




病院で医者は、実にいろいろなことを考えています。

もちろん、患者さんをよくしたい。と言うのが一番の基本です。

細かくは、場面によってかわってきます。
外来にて医者の考えてることを伝えたいと思います。

まず、予約一覧を見て予約者が多いか少ないかを気にします。
多いと、序盤からハイペースで診察することになりますし、少ないと少しゆとりをもって普段はあまり聞かないようなことも患者さんに聞いたりします。(すると、終わる時間はかわらないこと多いですけど。)

外来診察(新患を除く)は、ほとんど定期受診の方で、今までと変化があるかどうかが一番の問題となります。

ここで言う変化とは、患者さんの自覚症状(患者さん自身でないとわからないもの)と診察所見や検査データ(血液検査、画像検査など)などの医者でないとわかりにくいものとがあります。

変化がなければ、前回と同じ処方を出して(なければ薬なしで)次回の外来の予約をとって終わりです。

変化があれば、何らかの治療を要するものか、経過観察でいいものかの判断をします。

その判断ができなければ追加の検査などを行うことになります。

治療を要するにしても、緊急性があるのか、ないのか、経過観察でも悪化する可能性があるのかないのかを判断します。

実は、この判断が非常に難しいときがあります。

特に緊急性の有無は、一歩間違えると生死にかかわる場合もありますので。
この判断は、検査結果などをみれば医者なら誰でも、急いで処置しなければ(専門医に紹介しなければとか、入院させなければ)ならない。と思えるものもありますが、そうでないものもあります。

もちろん、そうでない場合が一番対応が難しく、なんて言ったいいんでしょうか。個人的には医者の嗅覚(医者としてのセンス)ではないかと思っています。

『検査上はそうでもないけど、何かやばい』と言う直感ですね。

この感覚が実は医者として一番大事なものじゃないかなって思ったりします。

今日は気楽に書き綴ってみました。

面白かった方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。
 


外来での話しですが、病棟でも同じですよね。



私には、この話しは普通すぎて面白いかどうかがわかりません。
たぶん、医者には当たり前すぎて面白くないんじゃないかと思います。





医者には面白くないと思ったら、Drから目からウロコとのコメントもいただきました。

http://blog.m3.com/yosshi/20070909/1#comments

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
内科医や外科医の外来は大体そうだと思いますが、精神科医はまた違いますよね―…
特に血液検査や他、身体検査が毎回あるわけではない―…やっぱりキャリアからの判別になるのでしょうか…(^_^;)
2008/05/11(日) 14:19:23
URL | あゆぱん #17ClnxRY[ 編集 ]
あゆぱんさん
精神科のことはよく知りませんが、うつ病なんかは、診断基準が何個かあってそのうち何個以上満たせばうつと診断するらしいです。

だから、やばいと思うかの基準は違うでしょうね。

自殺しそうな人をやばいと感じて周囲の方へ注意を促すとか、そんなやばさへの感覚でしょうね。
2008/05/11(日) 16:57:08
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/125-f910e760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。