~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
ジェネリック推進 
2008/04/29 Tue 10:30
いろんなブログで批判しているので知っていると思いますけど。

生活保護を受けている方は、医薬品は全部ジェネリックにしろ、しかも、調べて使ってなかったら生活保護を打ち切るかもしれません。

となっています。

かなり過激な意見ですね。

本当に、効果が同じならいいと思うのですけど。
 
 

あかがま先生のブログ『コピー商品』

新、眠らない医者の人生探求劇場『生活保護者はジェネリック強制:奨励はよいが、罰則を設けるな』

地方眼科医の『掲示板の代わりにブログ始めてみます』『またまた後発品について語ろう』

転がるイシは苔むさず『ゼニの亡者』

毒とるMIHIの何言ってんだか『厚生労働省の品格の問題?そこの小役人、ワシはキレるで!』

医療審査の独り言『こんなのおかしい?』

開業したて整形外科院長の野望(無謀)日記。『生活保護は後発品へ指導?!』

博士の散財日記『医療費』

kameのいい味出してね『ブランドの価値』
 
 

先発品には、適応があるがジェネリックには適応のない病気もあるのです。

そんな場合にジェネリックにかえてしまったらどうなるのでしょうね。

別に国としては安くなればそれでいいのでしょうか?

まず、大前提としてほんとうに先発品とすべてのジェネリックが同等なのでしょうか?

もしかしたら、効果が先発品の8割あれば同等としているのかもしれませんよね。

製薬会社の数も星の数ほどあります。

大手のジェネリックだと信頼性もあるのですが。。

何か問題があった場合でもきちんと対応してくれそうですし。

弱小メーカーだと、どうなるんでしょう?

あなたは、ジェネリックでほんとうにいいですか?

私は、信頼できる会社のジェネリックは悪くないと思います。

あかがま先生の言うところの精度の高いコピー商品ならいいです。

ただし、精度の悪いコピー商品はイヤです。

みなさんもそう思いませんか?

そう思う方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。
 

本当にこの国は、医療費を削減するためにはなりふり構いませんね。

と思ったら、あかがま先生のブログ『コピードラッグの恐怖』がエントリーされていました。

ぜひ、読んでくださいませ。


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
ジェネリックのいい悪いって、結局医師の口コミでしか、私たちにはわからないのかなぁ。

行政は、楽な方法で医療費が抑制できれば、それでいいんだと思います。(人の命は二の次)

それもこれも、日本が財政難(のように見えるだけ?)のせいかな。
お金なんてあるところにはあるみたいだし。
-------
あかがま先生の「コピードラッグ」も読みました。普段食べる冷凍食品や加工食品の添加物って気にするけど、薬の添加物って、そういえば、全く気にしたことなかったです。
医師が処方する薬なら、大丈夫っていう方程式が、頭にできているのかもしれません。
といって、添加物みてもちんぷんかんぷんですが...(泣)
薬の添加物にも、怪しいものもあるということなんですね。
2008/04/29(火) 12:42:01
URL | Kei☆ #tHX44QXM[ 編集 ]
ゲンタシン軟膏
クリニックで虫刺されにはこの薬をと言われていました
(勘違いでした。虫刺されにはリンデロンVGでした。クリニックの名誉の為に)
手術後の傷の手当てにも使っていました。
婦人科でも、形成外科でもこの薬が出ました。

でも、去年の再建手術で処方された軟膏はジェネリックで、薬効は変わりないかも
知れませんが、チューブが薄くて、ちょっとぶつかったら穴があいて、
軟膏がにょろっと出てきてしまいました。

経済的に余裕があるなら自分では使いたくないです。
でも強制って、そんな事態になっていたんですか?

現実問題、生活保護者じゃなくても高額な治療費を払っている患者は、
医師が勧めて効果が同じと聞けば、費用を抑える為に変更すると思います。
これからリンク先に訪問してみます。
2008/04/29(火) 16:53:11
URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集 ]
Kei☆さん
>薬の添加物にも、怪しいものもあるということなんですね。

そりゃそうでしょう。
先発品の会社なら病院にもしょっちゅう来て薬の説明などしてくれます。ですので、もしもの時もきちんと対応してくれると思うのですが、ジェネリックは、そのような職種(MR)の数が桁違いに少ない会社ありますからね。

ガーネットさん
そうそう、軟膏のチューブや湿布などは誰でも違いを実感できますよね。

強制は、生活保護を受けている方だけですよ。
2008/04/29(火) 22:00:02
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
ジェネリックは溶媒や、精製時間が
異なったりするんですよね。
→ちゃんと製造過程をチェックしている
 ケースって殆ど無い。
それで副作用の違いが現れます。
僕はきっとジェネリックは使わない。
自費でもいい。

何を以って、"同じ"といわれるのか、
主成分が同じならいいのか・・・。

(一応MR)
2008/04/30(水) 11:11:42
URL | 患者家族(いつもはROM) #-[ 編集 ]
患者家族(いつもはROM)さん
MRさんなら違いを十分理解されているでしょうね。
先発品との違いを詳細に知ってる人はあまりいませんからね。
また、教えてください。


厚労省からの通達でジェネリックを使用するのは強制ではないと言い出しました。
きっと、反響が大きかったからでしょうね。

2008/04/30(水) 12:43:51
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
厚労省の通達、撤回されたようですね。
2008/04/30(水) 23:41:12
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/128-314cf05e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
こんばんは 今日は激しく運動をする予定でしたが、昼過ぎから体調を崩し・・・ダウン中です・・・。 家に薬があるし、自分で症状にあわせて内服薬を決めれるから・・・こういう時は医者っていいよね・・・と思います。 明日までに治さないと・・・・ さて、今日はこ...
2008/04/29(火) 12:26:56 | 新・眠らない医者の人生探求劇場・・・夢果たすまで

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。