~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
患者アタマと患者力 
2008/05/10 Sat 11:24
CATEGORY【診療】
春野ことり先生のブログ『天国へのビザ』で医師アタマと患者アタマについて述べられていました。

要するに医師も患者もアタマが硬くなってしまって他からの意見に耳を傾けられなくなったり、理解しようとしなくなったらいけませんよ。って言うような話です。

ごく当たり前のようにすんなりとこの考えについては受け入れられました。

それと同時に、自分自身のアタマで硬くなっている部分はないかと考えました。

何事にも柔軟に対応できるアタマにしなければ硬いアタマになりますよね。

また、気付かなければ気づかないだけで硬いアタマではないでしょうか?

硬いアタマにならないためには、医師なら患者さんが、患者さんなら医師が何を考えているかを理解しなければなりません。

症状を早くとってほしい患者さんに延々と検査をしていては患者さんとの間に溝が出来るのは当然です。

もし、先に検査を延々としないといけない、それがすまないと治療に入れないならばその理由を患者さんに伝えるだけで多くの患者さんは納得します。

納得することでアタマが柔らかいアタマになります。
患者アタマから患者力を持った患者さんへとかわるわけです。

医師もその患者さんが不満に思うことを気付いて対応できれば医師アタマから脱却できるのだと思います。

上に挙げた例は非常に簡単にわかる例ですが実際問題として様々なこのような例があるのだと思います。

医師にも能力の差があるように、患者さんにも能力の差があると思います。

ですので、医者も患者も努力して良い医療が提供できるように、また受けれるようにしていきましょうね。
 
 
アタマ硬くなりたくない方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

 
 
ですので、めったに病院に来ない家族とかとの溝が大きいのでしょうね。

まさに、患者アタマで患者力のない場合が多いですから。

だいたいは、説明すると納得していただけるのですけどね。


医師アタマになりたくないので、気付いたことあったらなんでもコメントくださいね。
コメント
この記事へのコメント
そしてもらえるとありがたいです。
2008/05/11(日) 06:26:05
URL | あこ #Y9T/.AWU[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/137-c27b77d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。