~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
病理解剖 
2008/05/24 Sat 13:49
CATEGORY【診療】
病理解剖のことを教えてほしいみたいなコメントをいただきました。(解剖などの内容について知りたくない方、気持ち悪いと思われる方は読まないでください。)

正直、病理解剖に関することはブログに書こうとは全く思っていなかったのですが、普通の方が病理解剖の実際について知る機会ってなかなかないですよね。

だから、書いてみようかと思いました。

病気で亡くなったヒトを対象にして、臨床診断の妥当性、治療の効果の判定、直接死因の解明、続発性の合併症や偶発病変の発見などを目的に系統的な解剖を行うこと。とWikipediaにあります。

他にも司法解剖や行政解剖などがありますが、ここでは述べません。

やはり、病理解剖を行うためにはご家族の同意をとらなければなりません。

大学病院などは、病理解剖をとりやすいのですが一般病院の場合は、とりにくいです。

これは、大学病院は最先端のことをしていて大学病院で最期を迎えたら研究などのために解剖もやむを得ないと考えている人が多いからではないでしょうか?

医者の立場からすれば、死因がハッキリとしていてる場合は強く病理解剖を勧めない場合も多いかと思います。

やはり、おそらく、こういう理由でお亡くなりになったと考えられるが、他に原因があるかも知れない場合などは、病理解剖を強く勧めます。

本当の意味で医学の発展を第一に考えるならばすべての患者さんを病理解剖すべきですが。。。

日本人の感覚としてできればキレイなご遺体であって欲しいと考える場合が多いのでなかなか解剖の件数は増えません。(と言うかだんだん減ってきています。)

まあ、前置きはこれくらいにしまして質問のお返事をしたいと思います。

>例えば、手術とかして思いがけず死んじゃったら、担当の先生は、病理解剖を勧めてくれるのか?

手術中の死亡に関しては原因がわかっている場合が多いです。
体をあけてるのですから当然と言えば当然です。

そういう場合は、解剖しない場合が多いと思います。

もちろん、手術中に脳梗塞を起こしたりとかの可能性もありますので手術中に明らかな原因がなわからなければ、解剖のお話などをご家族の方にすると思います。

>小さな病院だったら、どこで解剖するのか?

解剖する設備のない病院もあると思います。
そういう場合はどうするのでしょうね。正直知りません。すみません。

>費用はどうなるのか?

費用は、病院の持ち出しです。
本来なら医学の発展に寄与する場合も多いので国の負担とするべきでしょう。(海堂尊先生も主張されていますけど。)

>解剖した結果は報告してもらえるのか?

もちろん、報告します。
だいたい、解剖を行ってから最終報告があがるまで3から6ヶ月が平均でしょうか?大学病院などはもっとかかる場合もあると思います。

こんなんでいいですかね。
 
 
病理解剖なんとなくわかった方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

  
 

病理解剖によって非常に勉強になったことも多いですよ。
 
 
実は、もう少し行っている様子などもリアルに書こうと思いましたが、ブログ上で公表しない方がよく思えてきてやめました。

このくらいで勘弁してください。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
私の父も大学病院で病理解剖をしてもらいました。
結構少ない疾患だったので、医学の発展のためにという事で同意しました。
大学病院の献体碑が四天王寺にあり、時々お参りしています。
2008/05/24(土) 23:55:42
URL | hitomi #-[ 編集 ]
   ↑
献体することが、少しでもお役に立てたら嬉しいです。
2008/05/24(土) 23:58:06
URL | hitomi #-[ 編集 ]
hotimiさん
そのような経験をお持ちだったのですね。

献体は、医学および歯学の発展のため、また、力量の高い医師・歯科医師を社会へ送りだすために、死後に自分の肉体(遺体)を解剖学の実習用教材となる事を約し、遺族が故人の意思に沿って医学部・歯学部の解剖学教室などに提供することである。(wikipediaより)
なので、病理解剖とは異なりますよ。
2008/05/25(日) 10:58:51
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
病理解剖をさせて欲しいとお願いされたので、献体になるのかと思っていました。

献体と病理解剖とは違ってたんですね。


2008/05/25(日) 16:24:06
URL | hitomi #-[ 編集 ]
>小さな病院だったら、どこで解剖するのか?

自分の病院で病理解剖ができない場合はそもそも解剖の話が出てこないと思いますが、「死因究明のために解剖を」となった場合は、おそらく警察に届けましょうということになるんじゃないでしょうか。
そしたら病理解剖ではなくなりますが。
2008/05/26(月) 09:13:53
URL | 東京ヒルトン #MaKh7gFU[ 編集 ]
そうですよね。
無い袖は振れませんからね。出来ないものは出来ないですもんね。
2008/05/26(月) 12:19:43
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
ちがいます
ぺーぺーの病理医です。

≫小さな病院だったら、どこで解剖するのか?
>、「死因究明のために解剖を」となった場合は、おそらく警察に届けましょうということになるんじゃないでしょうか。
 基本的に、病理医がいるような大きな病院まで遺体を搬送して病理解剖することになることが多いと聞いております。
2008/05/27(火) 01:35:33
URL | へのへのもへこ #mQop/nM.[ 編集 ]
へのへのもへこさん
ご指摘有難うございます。
知りませんでした。
2008/05/27(火) 12:13:24
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/150-ed4bc394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。