~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
既往歴の問診 
2008/06/05 Thu 12:44
CATEGORY【診療】
m3に去年の10月12日にエントリーした記事です。




既往歴ってきちんと問診するのは難しいですよね。

既往歴って、一般の方は何の事かピンとこないですよね。
今までかかった病気の事です。

ある研修医の先生は、患者さんに
『既往歴は何ですか?』って質問してこっちが固まった事がありますけど。そんなきき方は、論外ですよね。

普通は、『今までかかった病気について教えてください。』みたいに聞きますけど。

意外と大切な事が多いんです。
でも、患者さんは言ってくれない事が多いんです。

『今まで何か病気した事ありますか。』
『ありません。』

『じゃあ、定期的に飲んでる薬ありますか?』
『はい、血圧の、、、、』

『さっきから、それを聞いとるんじゃー!』と心で叫びながら

『手術とかした事ないですよね?』
『学生時代に、盲腸の手術を、、』

『さっきから、それを聞いとるんじゃー!』と再び心で叫びながら

既往歴は、大切です。ある既往歴がないと起こらない病気とかありますし。

他にも、大事な事があります。喫煙歴、飲酒歴、職業歴、居住歴、渡航歴、ペット飼育歴などです。

例えば、鳥類を飼っていればなりやすい病気とか、南国出身の方がなりやすい病気とか。
最近有名になりましたが、アスベスト(石綿)の吸入歴には、職業歴と居住歴が重要です。

病院にかかるときは、できるだけの情報を正確に担当医に伝えましょう。そうする事によって、病気の診断に少しでも近づく事ができます。
それにより、ムダな検査などを省く事ができたりするんで。

問診の大切さわかった方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。




テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
既往症が診断に必要な事はわかっているのですが、言いたくない場合もあります。
秘密にする事じゃないかもしれないのですが、近所に人には内緒で入院したし、知られるのが嫌なんです。
近くの医院には近所の人が沢山通院しています。
どんな事で解ってしまうか知れないので、ちょっとした病気は遠くの医院で診てもらっています。
近くの先生は、このごろ風邪も引かなくて元気やな~と思っておられるかも。。。
2008/06/05(木) 23:55:55
URL | hitomi #-[ 編集 ]
そうですか、プライバシーが心配なんですね。
離れた病院では、もちろんちゃんとお話ししてますよね。

それなら、問題ないと思います。
2008/06/06(金) 12:36:40
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
既往症は健忘症
既往症情報の大切さはよく分かりましたが、
自分でも忘れてたりするんですよね。

親知らずを抜くために市民病院の口腔外科に行った時、
「前に、この病院にかかったことがありますか?」と聞かれて、自信たっぷりに否定したら、
何とカルテが出てきよりました・・・

以前、自転車でこけて溝にはまり、膝と顎を打ったため、骨折していないか、レントゲンを撮ってもらったのでした。そう言えば、顎の骨については、整形外科から口腔外科に回されたのだっけ。
しかし、あれは「歯」の治療ではないよ、、、ていうか、レントゲンを撮っただけで、”治療”は何もしなかったので、
自分としては、勘定に入れていませんでした。
2008/06/08(日) 02:46:59
URL | YUNYUN #c1FqV6.s[ 編集 ]
YUNYUNさん
は、は、は、骨折で口腔外科に回されていたのですね。
それは、忘れると言うか気がつかなくて当然だと思います。
内科の場合は、そう言うことに遭遇しそうにないですけど。。。
2008/06/08(日) 10:03:46
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/155-2cd396f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。