~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2008/11/20 Thu 12:12
もう、ずいぶん前のことです。

Pさんは、胸部レントゲンで異常を指摘されて紹介されてきました。

Pさんは、肺の中にもかたまり(腫瘤)はあるのですが、どうも肋骨から出てきた腫瘍のようです。

外から、針でついて検査に出しました。

結果を待つ間に全身転移がないかも調べました。

肋骨のところだけで他に怪しげなところはありません。

PET(がんのところが光りやすい)の検査もして頂きました。

その結果は、肋骨と前立腺の部分がひかっていました。

組織の結果も『前立腺がんの転移を疑う。』と返ってきました。

PさんとPさんのご家族に病状を説明しました。
簡単にまとめると『前立腺がんの肋骨転移であろう。泌尿器科に一度受診して頂きたい。』との説明をしました。

すると、言いにくそうにPさんは話し始めました。

『実は、8年前にQ病院で前立腺がんと言われました。恐かったのでほったらかしにしていました。』

私も驚きましたし、ご家族もビックリしていました。

すぐにQ病院に問い合わせたところ8年前の診断は、前立腺がんで間違いないとのことでした。

Q病院で治療を受けることとなりました。
 
 
Rさんは、胸水がたまっていると紹介されてきました。

レントゲンを見てみると右側に胸水がかなりたまっています。

早速、水を抜くチューブを胸腔内(胸の中)へ入れました。

血性胸水(赤い色の胸水)が出てきました。

これは、悪性胸水の可能性が高いのです。

胸水細胞診より腺がん細胞を認め、また、腋窩(脇の下)のリンパ節も腫れており乳がんの可能性が高そうです。

さらに検査を進めていくと乳がんによる胸水貯留でした。

そこで、RさんとRさんのご家族に病状を説明しました。

すると、Rさんも告白をはじめました。

実は10年前に乳がんだとS病院で言われたそうです。

絶対に嘘だと思い病院には行かなかったそうです。

嘘だと思いつつ恐いので他の病院を受診することもなかったそうです。
 
 
びっくりした方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。
 
 
肺がんの進行は、早いことが多いのですが、乳がんや前立腺がんは非常に進行がゆっくりな事があります。(早いときもありますけど。)

ですので、このようなことが起こりえたのです。

肺がんの場合、まずないケースだと思いますけど。



こわくても、担当医とよく相談して治療方針を決めてください。

PさんもRさんも言われた当時に治療していれば治った可能性が高いと思います。

理解した上で治療しない選択をするならまだいいですが、こわいから逃げるのはいけません。



また、ASCO(世界最大級のがん学会)の季節ですね。

今年は、どんなネタが出てきますか?楽しみです。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
考えられない
経過観察を5年間さぼって乳がん全摘の私が言うのは説得力無いですが、(^_^;) 
診断がくだっているのに『怖くて』と言うのは、考えられないです。
私も皆さんに言いたいです。
『逃げないで!』 と、そして 経過観察と言われたら『勝手に止めないで!』と。
2008/05/29(木) 19:05:09
URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集 ]
自分の身体なのに。
私はがんではありませんが、経過観察中の
箇所?が2つあって、ひとつはもう7年になり
ますが、半年ごとに検査受けていますし、
去年ひっかかったとこは、今月半年後の
検査で小さくなってるのがわかって少し安心
しています。
自分の身体のことだから、放っておいたほうが、
もっと恐ろしいことになるかも?って思わ
ないのかなぁ??
主治医の先生とのコミュニケーション不足なの?
私のまわりで「経過観察」を甘くみてる人、
結構いますけど「がん」と診断されているなら、
きっとみんな病院行きますね。。。

逃げても病気は追いかけてくる~v-17
2008/05/29(木) 20:19:09
URL | まるみ #-[ 編集 ]
数日~数週間なら、ショックで、
すぐ再診にいけないかもしれないけれど、
さすがに10年も行かないのは、怖すぎです...。
10年も不安なまま、過ごすのって、
気が変になりそうです。
あまり自覚症状がないものだったのでしょうか?
2008/05/29(木) 21:24:55
URL | Kei☆ #tHX44QXM[ 編集 ]
ガーネットさん
その通りです。普通の方からしたら信じられないでしょう。
でも、世の中には、本当に信じられない方がいらっしゃるのです。

まるみさん
病院によっては、がんの診断で病院に来ない人はひつこく来るように電話とかしてますよ。
でも、ほんとうに珍しい人だと思いますよ。

Kei☆さん
もちろん、自覚症状があればちゃんと受診したでしょう。乳がんの方は、診断から10年無治療で症状もなかったのです。すごいですね。
2008/05/29(木) 22:24:14
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
なんか変?と思っても怖くて受信するには勇気が要りますが、診断がついたら
絶対ほっとけないと思うのに・・・
世の中にはいろんな人がおられますね。

私の主治医は週末からアメリカです。ASCOとNCIで新しい情報を仕入れてくるとのことです。
2008/05/30(金) 00:00:37
URL | hitomi #-[ 編集 ]
ASCO一度行ってみたいです。
海外出張は全額自費なんですね。
どうしようかな?
2008/05/30(金) 12:10:39
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
『夢であってほしい』
それが患者さんたちの思いですよね。自分に起こり得るわけがないと、誰しもが感じる訳ですから―…変な言い回しですが、普通の疾患でさえ…
そこで、プシ科やMSWのサポートがあると治療の進行は助かるのかもしれませんし、患者さんやご家族の受け入れ方もまた違ってくるのかもしれませんね
2008/05/30(金) 21:14:49
URL | ティキぽん #0MXaS1o.[ 編集 ]
心情的に分かる気も
早期発見…これは全ての病気、それこそ虫歯(虫歯も他の病気の場合もあるからあなどれないかな)近視迄にも言える事ですね。ましてや癌…

セカンドもしなかったのでしょうね… 怖かった気持ち分かります。しかし、その人達がそうとは言えませんが、私の場合は双極性障害を持っている為、時に精神的に低迷し、顔を洗うのも辛く、体も動かなくなる時があります。そうならないように、通院、投薬は欠かせませんし、適度な休息、過度なストレス、あとは軽躁を注意する…寛解はあれど治癒は難しい…一生に渡り、それと付き合う覚悟です。

 もし、体に不調を感じても、激鬱な時には外出すらままならず、鬱気味に陥りかけても、判断力が低下するので、そちらの病気で手一杯で、他の病を疑っても受診が辛い時もあると。

事実、低迷の時には市の検診に行けない… けれど、それじゃ、先のお話読んで、いけないなと思いました。

自分の体は、自分で守らないといけませんね…
2008/11/21(金) 08:44:10
URL | 虹 #-[ 編集 ]
虹さん
おそらく、症状がないからほったらかしにしていただけだと思います。

症状がないから大丈夫ではないんですね。

糖尿病とか、高血圧も症状ないですけどきちんと管理するに越したことはないですからね。
2008/11/22(土) 10:19:30
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/158-58975c23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
肺がん をサーチエンジンでマッシュアップして検索しブログでの口コミ情報を集めてみると…
2008/05/29(木) 14:15:13 | 病名・病気・医学のブログリンク集

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。