~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2008/06/04 Wed 12:45
新研修医制度と言うのもはばかられるくらい新しいものではなくなってきました。

ですので、研修医制度としておきます。

研修医制度が始まって、いろいろな変化が起こりました。

医局の力が弱くなったこと、特に内科、外科系はそうでしょう。

ただし、マイナー系はあまり変わってないのかも知れません。

そして、有名研修病院に研修医が殺到するようになったことでしょう。

まあ、この様な話しは、今までさんざんいろいろな方が述べられているので、もっと、ちっぽけな話題を考えたいと思います。

医者の中には、医者としてどうしようもないやつがいます。

医者としてというか社会人としてもどうしようもないのかもしれません。

例えば、

『朝9時にも病院に来ることができない。』

『昼間に無断で病院を離れて連絡がつかない。』

『人と目をあわせてしゃべることができない。』

『急に休んでしばらく病院に来ない。』

などなどです。

まあ、ここまでひどいのはマレですけどね。

それが、医局派遣だと医局でどんな人物かわかってるので、関連病院にそのような人物を派遣するとき、抱き合わせをするのです。

しっかりした医者とそのような人物を一緒に派遣します。

派遣された病院もできる医者と使い物にならない医者が来ることがあらかじめわかっているのでトータルとして病院の戦力になるのです。

それが、今の研修医制度だと医局人事でない研修医、レジデントなどがやってきます。

『3人来る。』そこで、3人前の労働力を期待してもどんな人物かわからないのです。

少人数のところに外れが来ればズタボロとなります。

これが、短所です。

まあ、ひどすぎれば研修を続けていくことはできないのでこのような人物は医者になれないかも知れません。

まあ、医療全体からみればこのような人物が医者にならない方がいいのでしょう。

これが、長所ですよね。

言いたいことわかった方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

でも、このような人物でも写真(CTなど)を読む能力に長けていたり、顕微鏡で組織をみる能力に秀でていたりする場合があります。

こんな人物でも重宝されているときもあります。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
宝の持ち腐れ
そんな無責任なお医者さんには診てもらいたくないです。
きっと患者と一緒に闘うなんて思いもしない事でしょうね。
折角の能力がもったいない気もする。
研修医までなってから医者を辞める人っているんですか?
2008/06/05(木) 00:51:05
URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集 ]
お医者様に限らず・・・
普通の会社勤めの社会人としても
いただけないですね。
遅刻、連絡つかない、急に休むなどはv-42
なかなか難しいですね、旧制度と今の制度。
2008/06/05(木) 10:27:41
URL | まるみ #-[ 編集 ]
ガーネットさん
ですよね。絶対イヤだと思います。
医者になるための知識はあるけど、医者としてやっていく能力があるかは疑問ですね。

>医者を辞める人
います。
m3のコメントも見てください。

まるみさん
今の制度は、医学部が8年制になったに近い感じがあります。
だって、その科に来る気がなければしんどい研修に耐えようとは思わないですからね。
2008/06/05(木) 18:45:18
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/161-3a311ba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。