~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
医者を増やす政策 
2008/06/19 Thu 12:51
ようやく、医者を増やそうと国も動き出したようですね。




舛添氏はまた「(政府は従来)医師数は十分だ、偏在が問題だと言ってきたが、現実はそうではない。週80-90時間の医師の勤務を普通の労働時間に戻すだけで、勤務医は倍必要だ」として、医師の増員を目指す考えを表明した。




まず、ひとついい方向に動き出したようです。

しかも今の倍必要だって、今更って気はしますけど。

評価はします。

今までは、『医師は不足していない。偏在している。』でしたからね。

しかし、この認識の間違いを政策の転換で認めたのですから、国民に謝って欲しいですね。

根拠もないデータ(定年の医師や仕事をしていない医師なども含めている。)で医師数を抑制しましたからね。

医療崩壊を引き起こしたのは間違いなく政策の失敗も原因のひとつなのですから。

ただ、医者を増やすといっても増えるのは、10年ほど先であり、その医者が一人前になるのは、15年から20年ほど先の話です。

その間どうしろと言うのでしょうか。

今は、医学部の中の女性の割合が高いです。

どんなに低く見積もっても30%を超えます。

実は、私の学年も30%ほど女性でした。

医者の世界は、女性にとって非常に働きにくい世界です。

まず、産休をとることで第一線から離れます。

しかも、復帰しても子供を預ける場所を探すのに一苦労です。

仮に、院内に保育所があったとしても熱を出せば引き取りに行かなければなりません。

それをよしとしてくれる職場がどんだけあるでしょうか?

医学部の定員を増やすことは評価しますが、それだけではダメです。

一番手っ取り早いのは、今仕事をしていない医者を少しでも働けるようにする事が手っ取り早いと思うのですが。

他にもまだまだ問題はあります。

ただ、今年に入ってよい兆し少しずつ出てきているような気がします。

しかも、




政府の社会保障費抑制方針との関連については「改革や効率化の努力はしていくが、それでも足りなければ新たな財源を用意しなければいけない」と述べ、増税も視野に議論していくべきだとの認識を示した。




医療費削減の方針からの転換も考えているようです。


評価する方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

医者の数だけではなく医療費も増やさないと手詰まりになるのは目に見えています。

医療費亡国論、医療費の増大が国を滅ぼすとのことですが、今のままなら、医療が先につぶれますから。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
ん。。。
お医者様が一人前になるには時間がかかり
ますからね。
なかなかすぐに現状回復にはならないので
しょうけど・・・。
現役の勤務医の皆様には、なんとか健康で
お仕事していただきたいと思います。
もっともっとよい方向に向くといいですね!!
2008/06/19(木) 20:18:40
URL | まるみ #-[ 編集 ]
学士入学を増やして欲しい
いろいろ言われていても、「医者になりたい」という人は多いと思うんですよ。
現に、あたしの周辺でもサラリーマンをやりながら学士入学の勉強をしている人も何人かいますし…。

ただ、学費や生活費も含めたお金の問題や、6年間という時間の問題を考えると、どうしても躊躇してしまう人が多いんだと思うんですね。
昔と比べると、医学部の学士入学は増えたとはいうものの、それでも一般入学と比べるとかなり狭き門であることは違いないんですよね。

医者になりたい人はいっぱいいるんです。
もっと多くの社会人に門戸を開いて欲しいなと切に願っています。
2008/06/19(木) 21:42:15
URL | ニーナ #-[ 編集 ]
まるみさん
今の医療でよくなればいいのですけど、完全に破綻してからよくなるのは、手遅れかも知れません。
祈るしかないのでしょうかね。

ニーナさん
>医者になりたい人はたくさんいる。
そう思います。
ただ、今の医療情勢を知って、それでも医者になりたいと本気で思う人は、すこしおかしいのかも知れません。最近、そう思います。
しらずに医者になって失敗だったと思うのならいいですけど。
医者になってもいいことないですよ。
唯一あるのが、責任ですね。

2008/06/20(金) 00:00:00
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/179-2dec2ee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。