~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2008/07/29 Tue 12:07
CATEGORY【診療】
m3に去年の11月21日エントリーした記事です。




私の好きなブログの中に『ななのつぶやき』
というブログがあります。

最近のエントリーで『犠牲』という記事がありました。

なな先生は、30代の先輩医師、友人医師の二人も失ってしまったのです。

実は、私も40代後半の先生で同様の経験をした事があるのです。本当にショックな出来事でした。

それを、2度も経験されたのですからなな先生のショックも相当なものと思われます。

詳しくは記事を読んで頂けたらと思うのですが、原因は明らかに過労ですよね。

それ以外の理由は見あたらないような気がします。

私の働いている病院は比較的当直の少ない病院です。

それでも、月に3回程度の当直がまわってきます。

正直、当直なんてしたくない。

当直に規定されてる範囲ならいいですよ。

実際は、日常業務以上に忙しい事が多いのですから。

夜勤でなくて当直なんですよ。


当直業務に関しては、Yosyan先生の『新小児科医のつぶやき』で取り上げられてる
病院当直の法律的解釈をご覧ください。

そして、次の日は通常業務です。

『当直明けの日、休めるようにする。』

これは、すべての医師が望むところだと思います。

しかし、現状ではできていません。

当直明けに休む制度がある病院にいた事もありますが、外来であったり、自分が入らないといけない検査があったりで誰も活用できていませんでした。

他から、代理の医師をよそから引っ張ってくる事は現在難しい状況です。

休むと同僚達に負担がかかります。

ですので、みんなしてるので、当直明けも働きます。

若いうちは、大丈夫だろう。なんてみんな考えていたのですが。

現実は、なな先生のブログのような話しになってしまいます。

若くても大丈夫ではないようです。

産婦人科の先生の話を聞くと3連続当直は当たり前。5連続当直まであるらしいです。

頭、おかしくなりますよね。

それで、正確な判断をしろと言う方がおかしいですよね。

みなさん、寝不足のパイロットの飛行機に乗りたくないですよね。

寝不足のドライバーに車の運転をまかせますか?

車の運転手が今にも眠そうなら、パーキングで休むか、運転かわりますよね。

でも、今の日本において医者の仕事はそれが難しいのです。

医者がしっかりとスッキリした頭で仕事できる環境を作るようにしませんか?

今のままなら、本当の医療の崩壊は近いのかもしれません。

医者がいなくなったら、困ります。

二度と繰り返したくないと思う方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


なな先生の『犠牲』の記事にはトラックバックが13も入っています。(この記事をエントリーした時点で)

ほとんどが、医師のブログです。

おそらく、ほとんどの医師の周りで同様の状況がおこるかも知れないと危機感を持っているからこれほど多くのトラックバックがあるのだろうと思います。

特殊な例では、ないのです。




トラックバック36、コメント179になっています。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
最前線にいる先生は、本当に、いつ寝てるんだろうって、思います。
新しい制度が出来るたびに、仕事がどんどん増えていくような気がしてきました。

いきなり人員は増やせないのなら、
今の人数でこなせるような
意味のない書類とか廃止したり、
事務業務のスリム化とかを、
どんどんしたらいいのにって思います。
2008/07/29(火) 22:14:13
URL | Kei☆ #tHX44QXM[ 編集 ]
簡単なのは、医者にしかできない仕事意外を他の職種にしてもらうのが一番現実的なことだと思います。

でも、なかなかむつかしそいうですね。
2008/07/29(火) 23:07:44
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/184-d03df323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。