~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
専門医のお値段 
2008/06/29 Sun 10:47
CATEGORY【診療】
m3に去年の11月25日エントリーした記事です。




専門医になるには自分が専門とする分野での経験、知識が必要である事は当然必要です。

学会での発表や論文なども必要となります。(それぞれの専門医により異なるのですが。)

あと、お金も必要なんです。

例えば、肺癌学会だと肺癌学会総会参加費が15000円です。
年会費が10000円必要です。

他の学会も似たようなものです。(年会費が10000円から20000円程度)

呼吸器学会専門医の受験料が20000円かかります。
合格すれば登録料20000円程かかったような気がします。

また、専門医の上に指導医という資格もあり同じく受験料と登録料が発生します。

また、各学会の総会だけでなくセミナーなどを開いている場合もあり資格更新のために、総会やセミナーへの出席が必須となっております。
もちろん、無料ではありません。

ですので、各学会とも年間10000円以上は必要です。総会、セミナーに参加すれば50000円くらいかかる事もあります。
遠隔地であれば交通費や宿泊費も発生します。

ちなみに、私の所属する学会は内科学会、呼吸器学会、肺癌学会、臨床腫瘍学会、呼吸器内視鏡学会、緩和医療学会に入っていますので
年会費だけで50000円は軽く超えます。

ほかにも、学会ではない臨床研究グループにも属しており、年会費などのお金がかかります。

もちろん、これらのお金は基本的には医師個人の負担です。
(交通費宿泊費は出張費で出る事が多いですが)

おそらく、専門医制度や自身の勉強のために1年で少なく見ても10万円以上の自己負担はしていると思います。

専門医がいると病院としては、患者さんを集める力になると思われます。

それが、医師にどのように還元されるかは、病院により異なりますが多くの場合、専門医手当などと称して月に数千円程度の手当を出している病院が多いと思います。

正直、それだけですかって感じです。

まあ、そういった手当は当然として、学会関連の出費を病院負担もしくは必要経費に認めて欲しいと思います。

専門医ってお金かかると思った方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。




やっぱり、高いと思いますよね。

3月末や4月にまとめてきますからつらいです。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
何事にも・・・
お金はかかりますね。
もっと「手当」が充実するとよいですね。
先生方がお勉強していることは病院側に
とっても重要なことですからね~。

お医者様の世界って、ほんとに普通の
会社とは違って???なことが多いですね。
2008/06/29(日) 21:01:39
URL | まるみ #-[ 編集 ]
そうですね。
何か、変なこと多いような気がします。
2008/06/30(月) 18:38:34
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/185-cfc691ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。