~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2008/06/23 Mon 12:10
先日、呼吸器学会に行ってきました。

その中で、私の興味があるのはやはり、肺がん関連の話です。

肺がんのガイドラインについてのセッションがありました。

その中で???な話が。。。

ガイドラインとは、これをみながら治療したら普通の治療が出来ますよ。ってものです。

ヨーロッパのガイドラインとアメリカのガイドライン(ASCO)の比較がありました。

その中でヨーロッパのガイドラインは、一般的な臨床医向けに作られていて、アメリカのASCOのガイドラインは、オンコロジスト向けに作られている。とのこと。

オンコロジストとって何でしょう?

日本語にすると腫瘍内科医でしょうか。

ガイドラインもいろいろあって、オンコロジスト向けのガイドライン、呼吸器を専門にする先生向けのガイドライン、一般臨床医向けのガイドラインとあるそうです。

しかし、呼吸器専門医向けの肺がんガイドラインとオンコロジスト向けのガイドラインとどう違うのでしょうか?

演者の先生は、オンコロジスト向けのガイドラインは、エビデンスレベルが高いものを採用しているとのこと。

それから、呼吸器専門医向けは少しエビデンスレベルを落としても日常臨床で使いやすいものにしているそうです。

じゃあ、オンコロジスト向けのガイドラインは日常診療で使いにくいものなの?

じゃあ、何のためのガイドライン?

オンコロジストのための自己満足のガイドラインなの?

まあ、一般臨床医向けのガイドラインの価値は十分理解できます。

肺がんを専門としない医者でもガイドラインに沿って治療すれば標準的な治療ができるのですからね。

オンコロジストも呼吸器専門医も肺がんの専門家と言っていいでしょう。

それをそれぞれ向けのガイドライン!?

専門家だから、そんなの見なくても治療できるんじゃないですか?

知識のおさらいにはいいですけどね。

本当の専門家だったらガイドラインに書いてあることも自分自身で消化して、目の前の患者さんによりよい方法を選択するんじゃないですかね。

じゃあ、一般の肺がんの専門ではない医者向けのガイドラインが必要なのではないでしょうか?

ガイドラインって、あれば便利なものだとは思いますが、専門家向けのガイドラインって必要ないような気がします。


難しかったですかね。『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

医学は、学問なんですけど、大事なのは目の前の患者さんのためにどう用いるかって事だと思うのですが。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
ガイドラインに、○○向けとかあるんですね。
病気の対してのガイドラインって一つだと思ってました。
2008/06/23(月) 15:10:20
URL | Kei☆ #tHX44QXM[ 編集 ]
日々変わる標準治療
>本当の専門家だったらガイドラインに書いてあることも自分自身で消化して・・・・。

患者として最も信頼できるのは、よっしぃ先生の書いてるようなお医者さんだろうと思います。

何科であっても患者の状態を把握できて、最新の情報も勉強されて、選択した治療がどうしてベストなのかを患者に説明でき、患者が納得して治療を受けられる、そんな関係だったらなんと心強い事でしょう。

元東京女子医大の教授が言ってました。
今の若い先生方はガイドライン(標準治療)に縛られていて、それがまるで規則ででもあるかのように思っていると。
ガイドラインという言葉がそう思わせるのか、仮に指針としたらどうかと話してました。
2008/06/23(月) 17:27:28
URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集 ]
Kei☆さん
普通はひとつですよ。
ただ、ガイドラインを作る団体が異なっておりビミョーに内容が異なっているのです。(ほとんどは同じですけどね。)
混乱したらすみません。

ガーネットさん
そうなんです。
ガイドラインですべての患者さんの治療がうまくいくわけないのです。
目の前の患者さんにとってよりベターな選択をして治療をしなければなりません。

ただし、今の医療裁判の判決を見るとガイドラインと違うことをしたと負けたりすることがあります。
だから、従わないとと思うのでしょうね。
2008/06/23(月) 20:56:58
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/187-4aecbe0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。