~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2008/11/27 Thu 12:05
もうずいぶん前のことです。

Mさんは、重度の糖尿病でした。

そして、肺に膿がたまった状態で入院してきました。

家族の話では、入院するまで好き勝手な人生を送っていたようです。

朝から、酒を飲んでいたそうです。

もちろん、糖尿の治療なんかしたことはありません。

医者からは何度もちゃんと治療しないとダメだといわれていたようですが。。。

Mさんは、腎臓も悪く、視力も落ちています。

糖尿のコントロールが悪すぎるからです。

さすがにしんどいのか入院してからは、こちらのいうようにきちんと薬を飲んでくれるし、点滴や注射もいやがりません。

Mさんが入院して1週間は過ぎたでしょうか。

Mさんは、徐々に元気になってきました。

元気になってくれるのは良いことなのですが、だんだんとMさんの悪い一面が見えてきます。

『メシがまずい!何とかしろ。』

と言ってききません。

とうとう、給食の責任者が出ていきましたが、

『こんな、まずいメシ食われへん。人間の食うもんとちゃうやろ!』

などと言います。

260円で作っているので、良い素材を使えないのは当たり前のことなのですが。

ただし、憎めないのです。

しばらくすると、

『さっきは悪いこと言うてもうたなぁ。謝ったら許してくれるかなぁ。』

などと言うのです。

しかし、突然にキレ出します。

私も被害に遭いました。

『この、ヤブ医者が、おまえがちゃんとしてくれへんから退院なかなか出けへんやないか?』などと怒鳴られます。

このときも数時間するとナースに

『先生、怒ってるかな。謝っていたって伝えてくれへん。』

などと言っているようです。

もちろん、ナースにもしょっちゅう文句を言っているようです。

そんな、Mさんも病状がよくなって退院しました。

外来では、Mさんは悪い患者ではありませんでした。

入院中のストレスがそうさせていたのでしょうか。

しばらくして、外来も1ヶ月に1回から、3ヶ月に1回となりました。

実は、Mさん外来に来たときは必ず、病棟にあがって入院していたときに働いていたナースに挨拶に行っていたのです。
 
 
Mさん本当はいい人って思う方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。します。


でも、入院して怒鳴られるのはイヤでしたよ。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
入院中は、イライラして、つい周りの人に、
あたっちゃうんでしょうか。
糖尿病だと、食事療法とかで、
他の方とメニューが違うとか?
でも、怒鳴られたら、やっぱりいやですよね。
外来に来ても、わざわざ病棟の
看護師さんのところにいくなんて、
よほどお気に入りの看護師さんでも
いたのかな?e-113
2008/06/26(木) 20:46:45
URL | Kei☆ #tHX44QXM[ 編集 ]
典型的な悪い患者
残念ながら、悪い患者の典型例です

悪いことをしても後で何とかなるだろうという甘えがハッキリと伺えます

暴言は暴力です。

糖尿病なのに食餌療法に従わないというのであれば、医師と患者の関係はおしまいです。

さっさと縁を切って退院させてしまうかもしれません

大人としての自覚と振る舞いができない幼稚な患者を可愛いと思うのは勝手ですが、私なら許さないかもしれません

自分の体を守ることなのに、どうして受ける患者が気を使わず、医療を授ける側が気を使わないといけないのか、理解不能です。

こんなのが家庭内では暴力を直接振って、暴力と謝罪を繰り返すのでしょう
2008/06/26(木) 22:25:46
URL | Med_Law #aKHi8r26[ 編集 ]
Kei☆さん
この方は、常識では考えられない怒りかたでした。
特に理由はなさそうでした。

Med_Law先生
>大人としての自覚と振る舞いができない幼稚な患者
まさにこの表現がぴったりです。
外来に来たときはニコニコしてきます。
久しぶりに来たときも来てやったで。みたいに。。
2008/06/27(金) 06:56:21
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/189-be915b6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。