~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
病院のヘリポート 
2008/07/06 Sun 12:04
最近の病院には、屋上にヘリポートが設置されていること多いですよね。

ヘリポートって3種類に分類できたんですね。

病院へリポートを参照ください。

公共用ヘリポート、非公共用ヘリポート、飛行場外離着陸場と目的によって違うんですね。

病院のヘリポートなんかどれも同じだと思ってました。

ちなみに、jamark2.gif

は、ヘリポートの標識です。

でも、病院のヘリポートは、この標識でないみたいです。

ここがヘンだよニッポンのへリポート

引用します。

ヘリコプターの着陸施設は航空法や消防法あるいは建築基準法により様々な制限を受けています。これらの法律により制限を受けないものはICAO(イカオ=国際民間航空機関)の基準に従うのが世界的な着陸施設の標準設置方法です。

さて、ICAOでは病院ヘリポートの識別標識としては「白十字に赤色のH文字で構成」と指定されています。これは病院ヘリポートの特殊性・緊急性を考慮し通常のヘリポートと識別するための配慮からの措置なのです。言うまでもなく病院ヘリポートへ着陸するヘリコプターには一刻を争う重度の傷病者が搭乗していることが多い訳ですから、パイロットも一分一秒でも早く着陸する場所を確認したいと願うものです。このとき、パイロットの負担を軽減し、少しでも早く傷病者に病院治療を施すことができるようにするために、病院ヘリポートの特殊識別標識があるのです。

引用おわり。

なるほど、そうだったんですね。

ほかにも、参考になるサイトが

ヘリポート接地の前に

あなたの病院に必要なタイプは?

ふんふん、わかりやすく書いてありますよね。

なんだか、ヘリポートってあっても実際に使えないところがあるみたいですね。

たしかに、屋上に穴が開いてもイヤですと言うか怖すぎますよね。

失敗例を見ると素人が考えたみたいですよね。

でもほとんどの場合コンサルティング会社などに確認しているはずなのですが。

病院って、やっぱりぼろい商売と思われてたたかれてるような感じがかいま見れるような気がします。

せっかく作っても使えなければ意味がないですよね。


面白かった方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

高い物だけにね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/202-ae82f54d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。