~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
エビデンスレベル 
2008/07/11 Fri 12:56
CATEGORY【診療】
エビデンスって言葉は聞いたことがあるでしょうか?

10年ほど前からEBMがはやっています。

EBMとは、Evidence Based Medicineの頭文字で日本語にするならば『証拠に基づいた医療』でしょうか。

要するに信頼性の高い客観的なデータを利用して目の前の患者さんの治療にあたることです。

それまでの治療は、EBMは、EBMですが、Experienced Based Medicineでした。

つまり、経験に基づく治療だったんです。

経験に基づくって事は、教授やその道の権威者の意見に従う治療が重んじられます。


本当のEBMは、経験ではないのです。

客観的な質の高いエビデンスに基づく治療なのです。

ですので、質の高いエビデンスさえ見つけることができれば経験がなくても理論武装できます。

でも、経験がないから強くは主張できないと思いますが。


さて、質の高いエビデンスとはどんなものでしょうか?

それを分類しているものがあります。

エビデンスレベルと言います。

1~5まであります。(本当はローマ数字ですが)

数字が大きくなるほど客観的な信頼度は下がるのです。

エビデンスレベル1とは、検出力の高い第3相試験やメタアナリシス(複数のランダム化試験)に基づくことです。

2は、検出力の低い第3相試験

3は、第2相試験やケースコントロールスタディ

4は、ケースシリーズ

5は、ケースレポートや専門家の意見です。

あまりなじみのない言葉が並んでいるのでよくわからないかも知れません。


ここで見ていただきたいのは、エビデンスレベル5というのは専門家の意見です。

例えば、超有名な教授の意見もあれば、先輩の意見もあれば、友人の医師の意見もみんな同じなんです。

極論を言えば、『○○をすればがんが治る。』と言う専門家の意見も同じ重みなんです。

ほっほーって思った方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

エビデンスもいいけど、エビデンスだけじゃない!!

逆に言うと、きちんと知識を仕入れていれば、その道の一番えらい人になれるって事ですね。

でも、実際の経験がないと。。。。なんですけどね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

タグ : エビデンス

コメント
この記事へのコメント
ほっほーっ。e-78
エビデンスにレベルってあるんですね。

好き勝手治療されても困るし、エビデンスって、あるほうがいいかな~。

知識も経験もどちらもバランス良くって難しいんでしょうね。

今日は、iPhone祭りでしたね。
もしかして、よっしぃ先生持ってるとか?
2008/07/11(金) 19:26:01
URL | Kei☆ #tHX44QXM[ 編集 ]
『エビデンス』とはすべてレベル1のものだと思っていました。
鵜呑みにせず、どのレベルか聞かないと信用できないですね~

レベル1以外はエビデンスといって欲しくないです。
2008/07/11(金) 23:29:15
URL | hitomi #-[ 編集 ]
Kei☆さん
iPhone欲しいとは思うけど。
持ってません。

エビデンスを目の前の患者さんにどう適応して使うかって言うことが大事なんですね。

hitomiさん
まあ、基本的には、エビデンスレベル1のものしかエビデンスとは、いいませんよ。
っていうか標準治療にはなりませんよ。

標準治療のない分野では、エビデンスレベル3くらいでもよく使われますけど。

でも、エビデンスレベル5しかない場合もありますからね。

やっぱり、みなさん知らなかったですね。
2008/07/12(土) 14:53:15
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
東洋医学全般は
漢方や針灸は経験でしか治療を教えていないし、
どの論文を見ても症例報告ばっかり。
最近のEBMに対応として出されている論文も症例の振り分けが曖昧で笑える論文ばかり。

まぁ、レベル5が殆どで、たまにレベル4が散見されるような東洋医学は現代医学においては否定されるべき医学ですよね?

未だに保険収載されている事自体信じられないのですが。
2008/07/14(月) 19:14:43
URL | 漢方くそ食らえ #v2qIkIeE[ 編集 ]
はじめまして。
確かに、現代医学と言う学問において東洋医学は否定されるべきものだと思います。

ただ、偶然ではなく、うまい具合にピタッとあう症例があるのも事実で。

保険収載に関しては、混合診療が認められれ削除でいいと思いますが、混合診療が認められてない今は、あってもいいと思います。

エビデンスは大切なものだと思いますが、エビデンスがないからと言って全否定はしたくありません。

エビデンスも尊重しますが、ウン千年の歴史も尊重したいと思います。
眉唾物ならとっくに廃れると思います。
2008/07/14(月) 22:00:18
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/207-f35ea709
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。