~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
受動喫煙と腺がん? 
2008/08/13 Wed 12:20
m3に去年の12月13日にエントリーした記事です。




夫の喫煙、妻の危険2倍に 厚労省研究班「家庭でも分煙を」なる記事がありました。

内容をみてみると、『夫が喫煙者だと、非喫煙者の妻が肺腺がんになる危険が2倍になることが厚生労働省研究班(主任研究者、津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)の大規模疫学調査で分かった。夫の喫煙本数が多いほど妻が肺腺がんになりやすい。』というものです。

一般の方は、『やっぱり。』とか『ふーん。』と言うような内容ですけど。

少し、引っかかります。

なぜなら、肺がんの中で喫煙と強い関係のあるがんは、扁平上皮がん、小細胞がんだからです。

腺がんは、どちらかと言うと喫煙との関係は強くないとされています。

ですので『何で、腺がんなの?』ってのが素直な疑問です。

記事を詳細にみるとわかってきました。

28000組の夫婦を13年間追跡調査を行い109名の女性が肺がんと診断されました。

その中で腺がんが82名いました。

ですので、腺がんに関して喫煙との関係を統計学的に処理できました。

受動喫煙により肺がん(腺がん)のリスクが増える事がわかったのです。

では、腺がん以外のがんではどうでしょうか?

109-82=27

27名の内訳はわかりませんが、腺がんの次に多いタイプは扁平上皮がんですので20名前後のの扁平上皮がんの方がいると思われます。

おそらく、受動喫煙のリスクを統計学的に処理しようとしたのですが数が少なすぎて処理できなかったのでしょう。

小細胞がんなどもっと少なければもちろんできません。

よって、腺がんのみの記事になったと思われます。

厚労省のページも見てください。

受動喫煙とたばこを吸わない女性の肺がんとの関連について ―概要―

この研究により、比較的喫煙との関連の低い肺腺がんでさえ、受動喫煙によりリスクは1.3倍になります。

という事は、扁平上皮がんや小細胞がんのリスクはもっとある事が予想されます。

しかも、重喫煙者による受動喫煙や家庭内だけでなく職場でも受動喫煙がある場合のリスクはあがります。

やっぱり、タバコやめましょうね。『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

タバコ1箱1000円以上にすべきだと思います。


難しかったですか?




タバコ1000円説大賛成ですが、どうなるのでしょうか。

この頃から、記事を魚拓しているのでリンクにつながります。

魚拓いいですね。
コメント
この記事へのコメント
大賛成!
私の担当医は腺癌は喫煙と関係ないといいますが、長年体の中に蓄積はされないのでしょうか?
私の主人も私が腺癌になってからも喫煙を辞めません。現在は1日一箱くらいですが、結婚したあたりは1日50本位、しかも強いのを吸っていてさすがに仲間に注意されてへらしたようです。アスベスト関係の仕事をしているので、そちらの影響も心配です。(私もアスベスト認定かと検査に行きましたが、私が通っている大学病院よりずっと症状の重い患者さんが多く、高度成長時代を担ってきた方々がなぜこんなめに・・といたたまれない思いでした。)

あ、本題からそれました、やっぱり煙草は体に良くない、だから一箱1000以上にするべきです。
2008/08/13(水) 14:27:25
URL | ツーさん #-[ 編集 ]
ハッキリとしたデータはありませんが、喫煙をやめると肺機能の低下は非喫煙者の方と同程度になります。
ですので、蓄積はなさそうな印象です。

アスベストと肺がんの関連をハッキリさせるのは難しいです。
中皮腫がほとんどがアスベストとの関連があるので認められやすいですけどね。
2008/08/13(水) 20:55:09
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
やっぱり・・・
タバコは身体に良くないんですよね。

よっしぃ先生、「字の汚い人たち」
ありがとうございました<m(__)m>

ところで、トピと関係がなくて申し訳ないので
すが、「末梢気道障害」とはどういう障害な
のでしょうか???
2008/08/13(水) 21:52:28
URL | まるみ #-[ 編集 ]
タバコが良くないのは当然のことです。

末梢気道障害とは、基本的にはCOPDと同じような意味だと考えていただいていいと思います。

簡単な説明をすると肺に吸い込んだ空気を排気出しにくくなる病気です。

ただし、病名と気道障害が対ではないのでここの病気に関しては、担当医との相談が大切です。

また、広く、お役に立てることならエントリーあげますのでまた、コメントお願いします。
2008/08/14(木) 23:50:06
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
ありがとうございました。
知人が検診結果で肺機能の欄に「末梢気道障害」
のコメントがあって、ネットで検索してみたのですが、
よくわからなかったんです。
原因とか、どういうものかが・・・。
2008/08/15(金) 02:40:44
URL | まるみ #-[ 編集 ]
まるみさん

基本的には、肺気腫と喘息がほとんどを占めます。
細かいことを言い出すときりがなくなるので。。。。。
2008/08/16(土) 06:38:09
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/210-5dd93ce8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。