~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2008/12/01 Mon 11:45
m3に去年の12月24日エントリーした記事です。




受診したのに検査や治療を拒否する患者さんがときどきいらっしゃいます。

もう、ずいぶん前の事です。

Hさんは、70代の男性でしたが、会社の経営にかかわっており精力的に仕事をこなしていました。

健康診断で胸部レントゲン上異常陰影を指摘され紹介されてきました。写真を見ただけで肺がんを強く疑うものでした。

Hさんに、肺がんが疑われる事を説明し、『検査入院をしましょう。』と説明をしました。

すると、Hさんは、『入院は出来ません。仕事がありますから。』

『Hさん、もし肺がんだったら早いほうがいいんじゃないですか?』

Hさん『肺がんだとしても、後3ヵ月は忙しいから無理です。3ヵ月経ったら考えます。』

ここで、Hさんの主張をまとめると肺がんであったとしても仕事の方が大切なので少なくとも3ヵ月は、仕事を休む気はない。と言う事です。

しかし、Hさんが肺がんの事をどれだけ理解しているか。おそらく、あまり理解していないのでしょう。

『できれば、来週の外来に家族と一緒に来てください。もう一度、説明をさせて頂きます。』

Hさん『無理です。忙しいので。』

『じゃあ、今から詳細な説明をします。厳しい話しをしなければならないかも知れませんがよろしいですか?また、紹介されたI先生とは長いつきあいですか?』

Hさん『はい、話してください。I先生とは、10年以上診てもらっています。』

『おそらく、画像を見る限りリンパ節も腫れていますので3期以降の肺がんの可能性が高いです。
治療は、おそらく手術は難しいと考えられますがもっと詳しい検査をしないと手術できるかどうかは不明です。
手術不能肺がんの場合無治療ならば6ヵ月から10ヵ月でおなくなりになる方が多いです。ですので、3ヵ月後に検査を行う事はおすすめできません。』

Hさん『わかりました。I先生と相談します。』

その日は、上記の内容を記載した紹介状の返事とともに帰られました。

翌日、I先生から電話がかかってきました。

Hさんの意志は固いらしく、3ヵ月は入院できないとの事でした。

それから、半年以上経ってI先生から一通の封筒が届きました。

正直、Hさんの事を忘れかけていました。

Hさんは、あれほど入院をすすめられたのに拒否したためうちの病院を再受診する事をためらわれたそうです。そこで3ヵ月後に少し離れた病院を受診したそうです。

その病院では、多発肝転移の肺がんと診断され、抗癌剤治療をすすめられたそうですが、結局抗がん剤治療を拒否されたそうです。

そして、対症療法、緩和医療を中心とした治療を受けられ先日永眠されたと書かれていました。

Hさんの生き様もありだと思う方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

Hさんも最初からがんでも抗がん剤や手術は断るつもりだったんだなあと思いました。
本当に人生いろいろです。




いろんな生き様があります。

ここまですれば『あっぱれ』でしょう。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
同じだ
最新記事にコメ入れた後で、7月の未読記事を続けて読もうと見たら、初っ端にこの記事が。

父の現状とHさんの病状があまりにぴったりだったので、びっくりしました。

70代、手術ができない、今回リンパに腫れが見られると言われているし、抗がん剤の治療は受けていないし。

実は何期に入るのかも分からなかったのです。参考になりました。

Hさんの事はあっぱれと思えても、私は父をあっぱれとは・・・・思えないです。
肉親だからでしょうか。。。。
2008/07/21(月) 01:37:16
URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集 ]
『あっぱれ』と思えるかどうかは、どれだけ病状についての正確な理解を持っているかによると思います。

あまり、知らなくて逃げているだけなら『あっぱれ』ではなくて事実を知らないだけなのです。

だから、正確な情報を基に判断して欲しいのです。

肉親だからそう思う可能性もあり余すが、あまり病気の知識がなくてそう感じるなら勉強するよう勧めましょう。
2008/07/21(月) 10:43:50
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/215-7314b155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。