~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
メリット、デメリット 
2008/07/18 Fri 12:06
CATEGORY【診療】
最近、あまり医療と関係のうすい話題が多かったので今日は、ピュアな医療の話を。

『Sさん、血糖高いですね。ヘモグロビンA1c7%を超えていますね。内服治療を開始した方がいいですね。』

『先生、なるべく薬は飲みたくないんです。副作用恐いし。』

Sさんが糖尿病の治療薬を開始するときの話しです。

この様な会話は診察室でよく繰り広げられます。

あまり、薬を飲みたくない気持ちはわかるのですけどね。

何のための内服薬かというと血糖を上がらないようにする目的なんですけど、最終目標は、糖尿病による合併症をなくすことなんです。

わかりやすく言えば、糖尿病によって、目が見えなくなったり、腎臓が悪くなって人工透析が必要になったりとかを予防するために薬を使うんですね。

もちろん、副作用もあります。

『あります。』って言っても、ほとんどの方は、何も出ないことがほとんどです。

出たとしても、多くは、内服開始後3ヵ月以内に出ます。

副作用が出ても重篤でなければいいわけです。何種類も薬はありますし、その患者さんにとって副作用の出にくい薬を見つければいいのです。

糖尿病によって、視力を奪われたり、透析をしなければならなくなるのを回避するメリットと副作用のデメリットを天秤にかけると圧倒的に糖尿の治療をした方がいいわけなんですね。

ただし、数%の方は副作用で薬の種類をかえないといけない場合があります。

また、稀に命にかかわるような副作用が出ることがあります。
稀でなければ、その薬は発売中止になります。

10年ほども前も発売してしばらくして発売中止になった糖尿病治療薬がありました。

がん治療の場合はどうかというと、もっと強い副作用でも許容されるんですね。

なぜなら、がんは治療しないと命を落とす可能性が非常に高いのです。

治療にリスクがあってもベネフィットがリスクを上回れば薬となります。

たとえ死亡率が1%ある薬であったとしても。

高血圧や糖尿の薬で死亡率が1%なら当然薬になりませんが。

医療行為がリスクを伴う点、そのリスクを医療を受ける側が理解しないとお互いにいつまで経っても理解し合えることはないのです。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


医療行為とは、常にメリット、デメリットを天秤にかけながら行われています。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
そうですよね
副作用と聞いただけでどうこうというのは、最終的には自分のためにならないんですよね。

私も、手術に向けてホルモン剤を使った時期がありました。
最初は副作用が怖くてなかなか使い出せなかったのですが、手術前3ヶ月は使わないとというギリギリのラインで仕方なく使い出しました。
案の定副作用はひどかったけれど、結果としては、ホルモン剤を使っていたから手術が非常にスムーズに行ったんです。
ほんと、天秤にかけて考えないとですね…。

ところで前から気になっていたのですが、吐き気止めの薬の副作用に吐き気が挙げられていたり、頭痛薬の副作用に頭痛が挙げられていたりするのはなぜなのですか~?
2008/07/20(日) 02:54:00
URL | きゅうちゃん #-[ 編集 ]
いろいろ大変な思いをしているのですね。

頭痛薬で頭痛とか、吐き気止めで吐き気とかは書いてはある薬もありますけど実際ほとんど経験ないですよ。

おそらく頻度が0.1%とかじゃないでしょうか。

あまり気にされなくていいと思います。
2008/07/20(日) 11:56:25
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
なるほど
ほとんど心配ないんですね☆
安心しました!
ありがとうございます。
2008/07/20(日) 23:58:18
URL | きゅうちゃん #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/219-3e1c5160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 「尿で簡単にがん検査ができる」とうたって、役に立たない診断キットを販売したとして、警視庁は18日、医薬品輸入販売業、南秀明(63)(神戸市東灘区)と臨床検査会社「マリア・クォールホールディングス」社長、飯田祐巳(37)(東京都中央区)の両容疑者ら3人...
2008/07/18(金) 19:34:36 | Newsブログ検索結果BLOG

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。