~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
無罪でしたね。 
2008/08/21 Thu 13:35
昨日、お伝えしましたが、無罪でしたね。

とりあえず、ほっ。

冷静に考えれば、当然無罪。

っていうか、なぜ、逮捕されたのかが疑問です。

日本の医療においての最悪のシナリオではなくなりました。

でも、まだ、医療を取り巻く環境は決してよろしくありません。

崩壊しつつある医療。

この裁判が無罪であったから崩壊しないわけではありません。

ただ、医療がよくなるひとつの光かも知れません。

医療は、患者さんと医者が力を合わせて行うものです。

医者にとって一番大切なものは、病気をよくすること。

患者さんにとっても一番大切なことは病気をよくすることですよね。

ですから、お互いに歩み寄って、いい関係を築いていくのが理想です。

ただし、お互いに持っている知識には圧倒的な差があります。

その差を埋めるために、病状説明や手術の前の説明などが行われます。

この説明は非常に大切なものであると思います。

場合によっては、1回に1時間以上かかることもあります。

医者の方も気合いをいれて行うことが多いです。

そこで、十分に理解することが大切です。

ただ、残念なことに現在の医療制度ではこの説明に対する診療報酬はありません。

これは、考えていって欲しいと思いますね。

今回、『真実がわからなかった』とか『納得のいく説明がなかった。』との報道もありましたが、医師からみれば、非常に納得のいく経過であったと思います。

もちろん、知識だけの問題でなく、やり場のない気持ちやその時の精神状態などで納得できない状態が続くことはあるかと思います。

ですので、十分な説明と納得のいく説明は同じではないはずです。

もちろん、同じであることが理想だと思いますが。


あと、あれほど真摯な態度の加藤先生でも不信感を持たれると、信じてもらえないんだ。って思いました。

でも、マスコミは何で公平な報道をしてくれないのでしょう。

悲しくなります。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

去年の終わりくらいから少しずつ光が差してきていると思います。

壊れないで、日本の医療。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

タグ : 大野病院 福島

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/243-518f66e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。