~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
グリーフケア 
2008/08/23 Sat 17:15
いつものブログの内容にもどると宣言したのですが、もうひとつだけ。

日本の医療からみれば、福島大野事件における裁判の結果は非常に納得のいくもの、と言うかごく当然であろうと思えるのです。

しかし、遺族にとっては納得の出来ないもののようです。

できれば、納得していただきたいのですけど。

ただ、その納得しがたい気持ちというのを理解はできます。

その気持ちをなんとかする方法のひとつにグリーフケアがあります。

他のブログなどでもグリーフケアが必要といっているブログが多数有りました。

全くその通りだと思います。

グリーフケアとはグリーフワークや悲嘆のケアともいわれ、死別後に残された家族、友人などへの専門家による心のケアのことです。

今回の家族の心境の変化を予想してみました。
(もちろん、私が予想したことで正しいかどうかはわかりません。)

あの日から、やり場のない怒りを持ち続けている状況。

加藤医師に非があるかの報告書が作成された。
(これは、保険会社からの保険金を引き出すためと言われています。これで家族が救われるならと減給を加藤医師が受け入れたそうです。)

その報告書を検察が信じて、逮捕された。

逮捕されたから、間違いなく医師が悪いと家族は確信した。

自身に刑事罰が下りそうであれば、そんなもの納得できるはずもなく、自分の行った行為は正しいと主張する。

そして、今までの説明と違う、真実を知りたいと思うようになった。

それから、2年以上の歳月が流れ、無罪判決。

家族からしたらなんでだよ。って思っても不思議ではないと思います。

無罪で、加藤医師に落ち度がないので、保険金さえ下りない状況になるのかも知れません。

やはり、この裁判は、関わる人を傷つけることしかしていませんね。(検察、警察、医療関係者までも)


そこで、必要なのがグリーフケアです。

地震や事故などで突然大切な人をなくしたとき、がんで大切な人をなくしたときなどにグリーフケアは行われることが多いのですけど。

今回、これだけ多くの方が関心を持って注目された裁判です。

グリーフケアの専門家が登場して欲しいです。

すべての人が少しでも幸せになれるように。


『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


もう一ひとつの希望は、過失がない場合の補償制度早く何とかならないかな。

それがあれば、こんな事起こらなかったんじゃないかな。

もうこれ以上、不幸な出来事がこれ以上おこらないように。
コメント
この記事へのコメント
僕も同じように考えます
医療関係者から遺族を非難する意見がちらほら見受けられますが、僕は遺族があのような反応をしてしまうのはある程度いたしかたないのかなと思っています。

ただ、現状を放っておいていいはずがなく、よっしぃ先生がおっしゃるグリーフケアが必要と痛感します。

一般の人たちが医療に関する正しい知識(死生観・医療の不確実性などなど)を持ち、不幸な出来事が起こった際に適切なグリーフケアが施されるようになれば、もっと医療事故紛争は減るのではないかと思っています。
2008/08/24(日) 12:22:12
URL | まーしー #E8esl6xA[ 編集 ]
まーしー先生
医者は、患者のことでつらい目をしたとしても、常に患者さんにとってよりよい方法を模索しますよね。

その一つとして、グリーフケア、グリーフワークがあるよって知っていただきたいですね。

もちろん、当事者同士はなかなかうまくいかないかも知れないけれど。
2008/08/25(月) 19:45:06
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
今朝ニュースで知ったのですが、グリーフケアの専門家を育成する講座が始まったそうです。
3年間の講座と病院実習などを経て、専門資格「グリーフケアワーカー」が取得できるとか。
2009/04/02(木) 20:23:46
URL | kei☆ #tHX44QXM[ 編集 ]
へ~、そうなんですか?

でも、専門資格?
その方面に興味のある宗教家の仕事かと考えていました。

資格となると宗教と切り離した方がいいように感じるんですけど。
どうなんでしょうね。
2009/04/03(金) 00:24:28
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/245-c0730847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
医療事故を関係者全員にとって最も幸せに解決する方法はなにか?? と、大野病院事件判決後にずっと考えていたのですが、 (本当は、大野病院事件のマスコミ報道が一般人に与える影響が大きいだろうから、その検証をしようと思い、21日の朝刊は全紙購入したりしていた
2008/08/24(日) 12:23:01 | まーしーの独り言

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。