~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
がんの予防 
2008/09/01 Mon 12:23
以前『がん予防の方法』などをエントリーしました。

今回は、少し趣が違います。

前回お届けした話は、1次予防と言います。
1次予防とは、発がんの予防です。

危険因子を避けたり、予防因子を摂取したりすることです。

タバコを吸わないようにしたり、熱い食べ物や濃いお酒を飲まないようにすることです。

また、1.5次予防と言って前がん病変への介入することです。

例えば、C型肝炎の方にウイルスを排除するような治療をすることです。

要するに1次予防とは、がんにならないようにする事です。


次は、2次予防です。

2次予防とは、早期発見、早期治療です。

主に検診ですね。

早期診断、早期治療を行ってがんによって命を落とすことを防いだりすることです。

前立腺がんのPSAを意味がないとかあるとか去年あたり話題になりましたよね。

個人的には、測定してもいいけど、評価が難しいと思いますね。

85歳を超えたら、あまり測定する意味ないような気がしますね。

大腸がんの便潜血とかは、簡単で負担も少なく、死亡率を減らすのでかなり推奨されていますよね。

2次予防の目的は、早期発見、早期治療することによってがんによる死を防ぐことが目的です。


続きまして、3次予防です。

これは、がんに打ち勝った方へのケアやサポートです。

QOLの維持、再発予防などです。

せっかく、打ち勝ったのにあまりおびえすぎないように。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

タグ : がん予防

コメント
この記事へのコメント
がんサバイバー
乳がんは術後10年再発がなければ、がんサバイバーになりますが、
それでも最近は治療法も多種多剤で15年後、20年後の再発もある
そうですが、肺がんの場合は5年ですか?
肺がんや胃がんで10年後、15年後に再発という事はあるのでしょうか?
2008/09/01(月) 18:10:34
URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集 ]
あくまで、一般的な話ですよね。
肺がんも5年大丈夫なら再発することはまれだと言われていますけどね。
絶対かと聞かれると絶対ではないですよ。
そのがんの個性によるんですから。
2008/09/01(月) 21:38:43
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/250-3597a897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。