~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
がんと病理 
2008/09/08 Mon 12:07
病理って何か知っていますか?

正確には、『病理学』といいます。

わからない人はWikiをみてください。

簡単に言うと手術や検査でとった組織を顕微鏡で見てどんな病気か診断する学問です。(極論ですけど。)

この中でもがんかどうかは、非常に重要な問題です。

正常な組織の顕微鏡像と比べて、おかしな顔つきをしています。(細胞異型が強いと言います)

もちろん、手術の前にがんであることがわかっていればいいのですが、中には、がんの可能性があるから手術をすることがあります。

そのときには、手術中に採取した組織をすぐに病理の検査室に持って行って、悪性かどうかすぐにみてもらいます。

術中、迅速診断と言います。

手術でなければしっかりと固定して、染色(色づけ)をしてみます。

少なくとも当日に結果が出るはずがありません。

手術は、この迅速診断の結果によって術式がかわってきます。

非常に大切なモノです。

でも、迅速なんですから、ホルマリンでじっくり固定しての標本より診断力が劣るのは想像つきますよね。

そうなんです。

迅速診断とじっくり固定後の診断は約3%程度異なるようです。

この中で半数以上が迅速固定の方法による問題です。

この中で33%が、診断するのが難しい病気、つまり良性悪性の境界領域のものです。(3%の1/3なので約1%ですけどね。)

そんな、状況の中で病理の先生は悪性か良性かを判断して外科医に伝えて、どこまで切除するかの決定材料になっています。

こんな重要な役割をこなしている病理の先生ですが、なかなか一般の方にはどんな仕事をしているのか見えないですよね。

最近、病理外来なるものが増えてきています。

想像つきましたか?

例えば、手術したら、外科の先生から術後にこんなんだったよ。って説明がありますよね。

『見えるところは、全部とりました。リンパ節にもがん細胞はいませんでした。よかったですね。』とか説明があります。

病理外来は、手術でとった組織について病理の先生から直接説明してもらう外来です。

まだ、一般的ではないですけど、徐々に増えてきています。

がんの悪性度とか、拡がりとか、主に顕微鏡的な話をするそうです。

病理外来での説明を聞いた患者さんへのアンケートでは、次に手術することがあったら病理外来で説明を聞きたい人は100%だそうです。

エクストラのお金がかかっても聞きたい人が8割もいるようです。

病理外来、一般的になるといいですね。

病理外来で聞きたい方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


恥ずかしながら病理外来、最近まで知りませんでした。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
病理外来
新情報ありがとうございます!(●^o^●)
病理を詳しく知ることは治療の第一歩だと思います。
病理外来、専門外科医、腫瘍内科医、緩和外来、心療内科、
全部揃ってたら夢の病院ですね。
夢かなぁ~。。。。

2008/09/08(月) 16:59:50
URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集 ]
へ~
病理外来、この記事で初めて知りました。

ぐぐると、都内では日医とか逓信でやってるみたいですね。

でも病理医って少ないし、今後事故調で仕事も激増するでしょうから、持続可能でしょうかね・・・
2008/09/08(月) 18:00:03
URL | まーしー #E8esl6xA[ 編集 ]
ガーネットさん
まだ、一般的ではないですから。
全部の科がそろっていても自分と合う先生やスタッフがそばにいるかの方が大切だと思います。
専門的すぎてもねぇ。

まーしーさん
そうなんです。
いい制度だと思うんですけど、病理医の数も少なく広まんないような気がします。
広まった方がいいですけどね。
2008/09/08(月) 22:33:59
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
病理外来。聞いてみたいような怖いような。。。
術中は「迅速診断」「病理に」って言葉は耳にしますが、そういう時はじっくり診断
大変な判断を要求される学問なんですね
私が通ってる病院で病理を医師一覧で確認してみようと思いましたわ

いつも、なるほど~~と拝読してます
2008/09/08(月) 23:03:36
URL | ran #LA1CAGAE[ 編集 ]
簡単にわかることもあるみたいですけどね。
なかなか、判断に苦しむことも多いみたいですよ。

私は、顕微鏡を見ると気分が悪くなるので病理は無理だと思いました。

病理の先生は、よっぽど大きい病院でないと一人しかいないことがほとんどです。

一人で病理外来は厳しいでしょうね。
2008/09/09(火) 07:18:08
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
いつもいろいろな情報ありがとうございます。

病理のお話聞いてみたくなりました。
術後そろそろ2年経つので、今更・・・かもしれませんが、忙しい外科の主治医には聞きそびれていることがたくさんあるのです。
早く一般的になるといいですね。
2008/09/10(水) 23:02:47
URL | はる #-[ 編集 ]
おそらく、病理医の数の問題で一般的にならないと思います。

なるとしても10年以上先きっと、30年ぐらい先ですね。
2008/09/11(木) 18:39:44
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/256-95b7517b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。