~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
患者のスタンス 
2008/09/14 Sun 12:38
CATEGORY【診療】
医者のスタンスもいろいろだと言う話をしましたが、患者さんもいろいろだと感じます。

医者の言うことを本当によく聞く患者さんもいれば、そうでない患者さんも。

非常に細かい性格で、ストイックな事ばかりする患者さんもいれば、そうでない患者さんも。

家族に頼りたいと考える患者さんもいれば、なるべく頼りたくない、それどころか病状説明さえして欲しくない患者さんも。

病院を選ぶにも自分にとって通いやすさに重きをおく患者さんもいれば、どんなに遠くても名の通った○○センターに行きたがる患者さんも。

抗がん剤治療もう、しない方がいいよって説明しても、どうしてももっと抗がん剤をしたいと言う患者さんもいれば、初回治療から抗がん剤はしたくありませんと言う患者さんもいます。

でも、みんな思うことはひとつです。

病気がよくなればいい。

最高の治療をうけたい。

あわよくば、しんどくない方法で。

ある程度、患者さんのスタンスも理解できるしなんとかしてあげたいと思う。

でも、どうしようもないときがありあます。

医者が詳しく説明するのは、患者さんのスタンスにできるだけ近くて、よいと考える治療をして欲しいからです。

患者さんの希望どおりに治療がすすむことは、あまりないと思います。

この治療をしたら、90%以上治りかつ副作用の少ない治療なら、患者さんが嫌がっても尻をたたいてでも治療しましょう!と、いいますよね。

10%程度しか良くならない治療で副作用も軽くない治療を無理矢理行おうとはしません。

そんなときは、患者さんのスタンスを重視して治療方針を決定します。

もちろん、その患者さんの家族構成、仕事の状況、場合によっては趣味のことまで考えて。

まあ、いろんなスタンスの患者さん、いろんな性格の患者さんがいるから、人生いろいろが書けるわけで。

患者さんのスタンスにより、経験したことが私たち医師のこやしとなり、今後の診療に役に立ったりするわけで。

まあ、最初の方は、とことんまで抗がん剤治療をしたい患者さんと、抗がん剤はなるべくしたくないと言う患者さんと極端だなと思ったことがきっかけでこのエントリーを立ててしまいました。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
趣味の事まで考えて
確かに私の主治医もそうでした。
何気に今まできちゃったけど、この記事を読んでそうだったと・・・・。
乳房再建を提案された時「お腹の筋肉を使うと激しい運動できなくなるから」
と人工乳房を薦めてくれました。
医師は患者を知る事も処方箋の一つなのでしょうね。
2008/09/14(日) 21:24:27
URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集 ]
ガーネット さん
やはり、医者も自身が選択で悩む治療法はその患者さんの背景を考えて提案します。

お金がなくて困っていて生活保護は絶対イヤな患者さんに分子標的薬を含む高価な治療は、選択肢としては出しますけど強くは勧めにくいですね。
2008/09/15(月) 00:28:49
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/258-e7cc6ef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。