~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
がんの自然治癒 
2008/09/23 Tue 10:28
世の中には、科学的に理解できないことがあります。

人間の体は特にそうです。

機械と違うのですから、だから医者の技術はartとも呼ばれることがあります。

なかには、がんが自然治癒したとの報告があります。

もちろん、ちゃんとした報告です。

検索をかけると多くのがんの自然退縮例の症例報告があります。

多いのは、腎臓がん、前立腺がん、肝臓がん、悪性黒色腫、リンパ腫あたりでが多くみつかります。

これらの症例報告をまとめた科学的な本もあるのですが、ハッキリとした自然退縮する理由はかわからないのです。

自然退縮だから、何もしなくてもよくなるって事です。

中には、がんでないのにがんであると診断した症例なども含まれているでしょう。

ですので、純粋に自然退縮する頻度はきわめて低いと考えられます。
(先進国では、3人から4人にひとりががんで死亡する時代です。)

おそらく、1000人のがん患者さんのうちひとりあるかないか程度の頻度かもっと低い頻度でしょう。

そのように、めでたく自然治癒した方は、自分の体験談やしたことを広めたりします。

もちろん、何かの法則なり共通点があればいいのですが、今までのところそう言ったものはありません。

あやしげなHPのようにこうすればみんな治るみたいなものはありません。

でも、実際自然に治癒したとしか考えられない患者さんがいるのは事実です。

ただ、それは、ほんのごくごく一握りの方だけなのです。

可能性を信じ、よくなろうとすることも大切なことだと思います。

宝くじに当たるのと同じ程度の確率に命をかけてはいけないと思います。

標準的な治療があるならば、標準的な治療をしてみるだべきである。と思います。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
@癌、自然治癒しないから
ってついてますよね。不思議でした。だって内容がそのことではなかったから。。。(その後理由がわかりました)
でも、確率は低いけど、証明できないけど結果としてそういう患者は存在するわけで
最後の神頼みはそこ?っていう気持ちにもなりますって
それにその万が一に自分が当てはまっているかも。というわけのわからない変な希望も抱いちゃうわけで

主治医に「何かをして結果悪い方へ出たら原因がわからないからすべての治療を中止するしかない」なんて言われて我に帰りました

難しいことだと思います
わらはつかみたいですけどね
2008/09/23(火) 11:16:23
URL | ran #LA1CAGAE[ 編集 ]
えっと、@以下の理由は以下のエントリーを参照ください。

http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20070909

どんな治療でもいい効果を期待するならば、悪い効果(有害事象)もあるものだと考えなければなりません。

副作用なんかありません。と言うのが一番あやしいです。
2008/09/23(火) 17:35:05
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
よっしぃ先生、先日、身内ががん告知されて、
相談されてしまいました。

でも、ここでいろいろ普段から読んでいたおかげで、
なんだかとても冷静に聞いていられました。

もともと、自分のがん検診ために読んでたんだけれど。
やっぱり、普段から、考えとくって大事ですね。
とっても、感謝してます。ありがとうございます♪

これからも、どんどん書いてくださいね~。
一層、精進してお勉強します。
2008/09/23(火) 23:01:32
URL | Kei☆ #tHX44QXM[ 編集 ]
でもね。だいたいのことは書いてしまったようなのです。

どんどんマニアな話になると普通の方はついてこれないんですよね。

どうしようかな。
2008/09/24(水) 22:32:07
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/264-24ff4ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2008/12/29(月) 01:33:03 |

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。