~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
外来抗がん剤治療 
2008/09/29 Mon 12:13
最近、外来で抗がん剤治療を行う施設が増えてきました。

病院によっては、入院よりも外来での抗がん剤治療の方が多い施設もあるようです。

外来治療の最大のメリットは何かというとそれは、もう患者さんのQOLの向上以外にありません。

入院での治療だと温泉に行きたくてもなかなか行けないですよね。

仕事をしたくてもなかなかできないですよね。

趣味に没頭したくてもなかなかできないですよね。

抗がん剤治療をしながらかなえてくれるのが外来抗がん剤治療です。

広がってきたのは理由があります。

患者さん達が希望されている1面もありますが、他にも大きく2個の理由があります。


ひとつは、医療政策として国が医療費を抑えるために外来抗がん剤治療をするように誘導していること。

例えば、外来化学療法加算ができたりとか包括医療制度などです。


もうひとつは、医学的な理由です。

短時間の抗がん剤治療が増えてきたこと。

特に乳がんの治療は短時間の治療が多いですからね。

支持療法(副作用への対策)の進化、専門的な知識をもつ医師、薬剤師、看護師の増加などが挙げられます。

ただし、専門的な資格を持っている人の数は少なすぎて全国に広まっているというような状況ではありませんけど。

こんないい面があるんですけど、まだまだ日本のどこでもってわけではないですよね。


もちろん、1医師のがんばりで外来抗がん剤治療は、できます。

でも、その医師にすんごい負担がかかることもあるんです。

外来中に、点滴のルートの確保をするのは、負担です。

当番で回してくれると楽なんですけどね。

病院によっては、看護師が抗がん剤治療のルート確保してくれるところもあるんですけどね。

まだ、一握りです。

また、患者さんが不安がって外来での治療を嫌がる人もいますね。

1泊2日の抗がん剤治療入院の方が日本人にはなじむのかも知れませんね。

アメリカでは、24時間稼働の抗がん剤の外来治療センターがあるようです。

24時間凄いけど、べつにそこまでいらないんじゃないって思う方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


それにしても24時間って、凄すぎます。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
研修医さんとかにケモ注射の針刺されると
やめて~~~って思うことも、、^_^;
ポートも看護婦さんではできないようで研修終了後の医師が担当のようです

化学治療の専門の看護婦さんが増えてくれるといいですよね
医師には言えないことでも相談できそうな気分になれます
外来お持ち帰り点滴は気分的にも楽ですよ
入院だと副作用出てなくても病院食食べることできません。気分の問題でしょうけどね
2008/09/29(月) 23:07:35
URL | ran #LA1CAGAE[ 編集 ]
>やめて~~~って思うことも、、^_^;
やっぱりそう思いますよね。
研修医の私にイヤな顔をせずに手を差し出してくれた患者さん達に感謝です。

>医師には言えないことでも相談できそうな気分になれます
やっぱり、そうなんですね。

病院で食べれなくて出来るだけ早く退院したがる患者さんもいますから。
それか、心配でずっと入院していたい方かのどちらかですね。
2008/09/30(火) 18:30:26
URL | #-[ 編集 ]
欲しい。。
お晩だす。はじめまして(^-^)
いつも、ふむふむ。と読み逃げさせて頂いてました。
☆24時間はいいけど…土日、早朝や夜間はやって欲しいと願う、地方・田舎患者だす。
田舎な居住地も最近やっと透析が夜間などでも出来るよーにはなってきましたが、、ケモは平日オンリー、時間指定。。
田舎なので人は良いけど、経営者となると話は別…月2回~4回も休み下さい。。に、快くなんて経営者はめったに居ないだすよ(笑)

☆♪ポートはNrsは刺せないんですか??
[自分で刺すのでポート入れて下さい]に「血管が使えなくなったらね」って云われたことが…本人や家族は良いのかしら??☆

☆都会(大学病院とか)のNrsは針は刺しません。刺せません。。と云われたことが有ります。
田舎はDrやNrsが[新人なんですが…。。]と云うと、威勢良く血管を貸してくれる人が多いです。
私も若き頃、貸しました…『37回』刺されたとこまでは数えてたのですが、血圧さがって冷や汗出てきてベテランサンに変わって貰いました(爆)
逆に落ち込ませたかなぁ~。。
頑張れぇ~!でこちらも意地になってました(笑)
上手くなったかなぁ~、あの時のNrsにDr。。

長文、失礼しました。
それでは☆
2008/10/06(月) 19:45:40
URL | TSUKUYOMI #-[ 編集 ]
土日、早朝都会でもなかなか難しいような気がしますね。実際遅くまでの施設って何時までなんでしょうかね。

ポートを刺すのとか、採血、抗がん剤のルートもナースがしている施設はあります。
ただし、全員ではなく院内の資格でこの人なら大丈夫だという方のみです。

>上手くなったかなぁ~、あの時のNrsにDr。。

そりゃ、うまくなってますとも。

また、遊びに来てやってください。
2008/10/06(月) 21:34:03
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/268-19e31c7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。