~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2008/12/21 Sun 12:12
Bさんもそう言われるのをわかっていたようで入院しました。

入院後、食事をほとんど摂っていません。

CTを見ると、食道の一部が狭くなっていそうです。

『Bさん、もしかして、麺類とかなら食べれる?』

『そや、ようわかったな。先生。』

このまま放っておけば何も食べることができません。

食道の狭くなってるところに金属のわっか(ステント)を入れると食事が通るようになりそうです。

消化器の先生と相談しました。

『うーん、ここ、放射線当たってるよな。しかも、狭窄(狭い)の場所が上すぎるわ。ステント入れるの難しいわ。やめといた方がいいで。』

残念ながら、ステントの適応ではなさそうです。

『Bさん、がんが食道をおしてるから、食事が狭いところ通りにくくなっている。もしかしたら、今後、ご飯が食べられなくなるかも。。。。』

抗がん剤治療を行って効果が出れば食べれるようになるかも知れません。

しかし、全身の状態もかんばしくなく、下手をすれば抗がん剤による治療関連誌の可能性すらあり得そうです。

Bさんに上の事実を伝えなければなりません。

『Bさん、また、重要な話をしないといけなくなりました。
できたら、また、家族の方にきて欲しいんやけど。』

また、娘さんしか病院には来られません。

病状を説明します。

『そうか、もう、メシ。。。
食われへんようになるかもしらんのか?』

『抗がん剤もなあ、効く可能性は、低いねんな。』

病状は理解されたようです。

ただし、受け入れるのには時間がかかりそうです。

抗がん剤治療は行わない方針となりました。

しばらくして、Bさんは、水分しかとれなくなりました。


『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


続く

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
何だか・・・
切なくなってきましたよ。

食事が出来なくなる・・・って
やっぱ生きていく上ではとっても
大切なことですよね。

私は去年健康診断で「食道」がひっかかった
ので、かなりドキドキしましたが、おかげさまで
大丈夫でしたが。友達のだんな様が食道外
科医で、「食道やられたらかなり辛いよ!」
と言っていました。。。

奥様が登場されないのが、またなんとも
気になりますね、先生!!!
2008/10/13(月) 21:43:08
URL | まるみ #-[ 編集 ]
そうですよね。

食べる事って大事です。
食べたくても食べれない人を見るのはつらいです。

健康診断で引っかかったらドキッとしますよね。

次回が最終回なので。。。
2008/10/13(月) 23:14:02
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/275-dc52bd10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。