~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2008/12/23 Tue 12:07
『先生、わし、もうそんなに長くないやろ。

隠さんでもええ。

わかるから。

先生、ひとつ、お願いがあんねん。

ちょっと遠いところやけど、行きたところあるんや。』

『Bさん、どこまで行くの?』

Bさんが行きたい場所は、病院から新幹線で3時間近くかかる場所でした。

酸素も必要であり、点滴も毎日必要な状態、かつ、体力はかなり落ちています。

正直、厳しい。

『Bさん、不可能ではないけど、厳しいで。絶対行かなあかんところなん?』

『そやな、会わなあかん人がおるんや。チーちゃんに会わなあかんねん。』

『。。。。。Bさん、Bさんが行かなくてもその方に病院にきてもらった方がいいと思うけど。』

『いや、あかんねん。先生、チーちゃんは、来られへんねん。』

正直、どういう状況なのか理解が出来ません。

Bさんもこれ以上は話したくないようでした。

『とりあえず、可能性を探っていきましょう。
もちろん、一人で行けないのはわかってますよね。
娘さんが一緒について行ってくれるなら何とかなるかも知れません。』

『ありがとう。』

娘さんも協力的でした。

1泊で行くことになりました。

泊まるホテルに酸素の手配や点滴をしてくれる病院を探さなければなりません。

娘さんの旦那さんの車で行くことになりました。

出発の日の数日前の事です。

『やっぱり、先生には言わなあかんって思ってたんや。』

Bさんが、涙ながらに語ってくれました。

『実はな、チーちゃんは、ワシの嫁やねん。

今な、刑務所におんねん。

だから、出られへんねん。

あと、1年経ったら出てこれるみたいやけど。

あと、1年経ったら、。。。。。。』

Bさんは、声にならないような声で言いました。

『なんとかならへんのBさん?』

Bさんにたずねました。

『塀の中の人間は、親の死に目にもあわれへんから無理や。やっぱり、ワシが行かな無理やねん。』

そう言ってBさんは、旅立ちました。

我々の心配をよそに、Bさんは大きなトラブルもなく帰ってきました。

帰ってきたBさんは、充実した顔をしていました。

『あえて良かったぁ、先生、ありがとう。』

もちろん、他のスタッフにも大感謝をされていました。

ただ、なぜ塀の中にいるのかは誰も聞くことが出来ませんでした。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

Bさんは、まもなく天国へ旅立ちました。

もちろん、チーちゃんは、塀の中でした。

心から、無理をしてでも人生最大の旅行のお手伝いができてよかったと思います。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
また見させていただきました!
応援ポチッ!!!
2008/10/16(木) 01:04:25
URL | サトシ #-[ 編集 ]
そうでしたか・・・。
奥様も入院されてるのかな?とか思ってま
した・・・。で、もしかして意識のない状態な
のかなぁって。。
まさか、刑務所とは・・・・・。

ほんとに人生いろいろ、ですね。

でも、会えて良かったでしたv-25
Bさんはよく頑張ったのですね!!
2008/10/16(木) 20:42:20
URL | まるみ #-[ 編集 ]
う~ん、事実は小説よりも奇なり
まさかね~。想像できなかったです。
私の予想は、亡くなってお墓にお参りか、痴呆の症状が出て
特老に入居しているのかな?でした。。。

自分が逝く前するべき事をちゃんとやり遂げる事ができて、良かったですね。
先生方のご苦労も報われましたね。v-22

2008/10/16(木) 22:52:16
URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集 ]
サトシさん
いつもありがとうございます。

まるみさん
この結末を予想するのは無理でしょうね。

ガーネットさん
私も、理由を聞いたときは目が点になりました。
本当に、遠いところでした。
2008/10/17(金) 08:33:29
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
はじめまして
興味深く読ませていただきました。
健康関連のブログを作っています。
私のお気に入りリンクに入れさせていただきました。
2008/12/23(火) 16:09:00
URL | Yusuke #-[ 編集 ]
Yusukeさん
はじめまして。
少しでも医療情勢がよくなればいいなと考えながらやっています。
これからもぜひ、のぞいてみてくださいね。
2008/12/24(水) 18:33:33
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
はじめまして☆
はじめまして。
コメントを入れたのは初めてですが、去年の夏くらいから読ましていただいています。

私は肺腺癌で骨と脳にも転移があります。
告知を受けてから1年半経ちました。
息子は少年院に入院しています。
退院まであと約1年です。
退院して来た時、帰って来る場所をちゃんと用意しておいてあげたいと思うけど、1年って長いです・・・。

なんかBさんの気持ち分かる気がします。
私も待てない・・って感じたら、どんな無理をしても会いに行きます。
まぁ、今はまだまだ元気なので面会にも行くし手紙も出してますけど。。

・・・なんか、ついコメントいれさせてもらっちゃいました!
もしよかったら、これからよろしくお願いします~☆
2008/12/24(水) 23:58:10
URL | MIKA☆ #-[ 編集 ]
MIKA☆さん
はじめまして。

MIKA☆さんの状況とかなり重なる話だったのですね。

私も今までで一番印象深いエピソードでした。

これからも、ネタが尽きない限り続けますので遊びに来てください。
2008/12/25(木) 17:36:48
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/277-89c34086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。