~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2008/10/17 Fri 14:19
最近、トリアージの仕方が悪かったとの報道をちょこちょことみかけます。

いろんなブログでも取り上げられています。

もちろん、反省は必要なので今後こうすればよくなる可能性があるなどと前向きな議論は必要です。

ただ、報道の多くは、トリアージが悪かったがために命を救えなかったような論調を見かけます。

そうでしょうか?

まず、トリアージの概念がなかった場合と比較してどうでしょう。

意識のない患者や外傷のはでな患者から順番に救急車に乗せてみたらどうなるでしょう。

とくに、内臓損傷(肝破裂など)は外傷もなく痛み以外に症状のないことも多いです。

ですが、治療が送れたら命取りです。

やはり、トリアージは必要だと思いませんか?

トリアージについて批判するならまずトリアージがなかった場合と比較すべきじゃないでしょうかね。

トリアージが必要な状況というのは、日常ではありません。

非日常です。

そんな中で一人でも多くの人を助けようとしている人間をお前が悪いみたいな感じで言うのはどうかと。

それならば、黒タグをつける基準や赤タグの基準について議論をすべきだと思います。

トリアージについての反省は次にトリアージが必要になったときに生かせるようにあるのですから。

残念ながら、亡くなられた方は生き返ることはありません。

それよりも、次にトリアージされるかも知れない今命ある自分自身や家族のために議論しませんか?

その場にいる人をせめても何も生まれません。

しかも、その場にいた人は一生懸命凄いストレスを持ちながらトリアージを行った人です。

よくやったね。と褒め称えられるべき存在だと思います。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。
 

あと、最近のイヤな流れとしては、こんにゃくゼリーが製造中止となったことです。

こんにゃくゼリーがなくなったらそれで解決する問題なのでしょうか?

もっと、大切なことがあるんじゃないでしょうか?

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
臭いモノには蓋
虹です。抗癌剤イレッサの事、過去ログを調べます。実はPCの調子が悪くて、ココへは携帯サイトでお邪魔してるので、一発検索が難しいので、図書館に行かなければ。

蒟蒻ゼリーのお話、私も同感です。以前、食品関係の流通業で仕入担当してて、発売からを知ってますが、○ンナンライフさんは、とてもキチンとした会社だと記憶しております。何年か前に消費者法?法律改正があって、食品以外でも様々な商品には、注意事項を表示が義務付けられ、こんな事も?と言うような注意書きが印字されていますし、とは言え、消費する側にも意識が必要です。安全は自分でも作る事は大切ではとも思います。

確か、今回の蒟蒻ゼリー事故は幼い人に冷凍した物を食べさせての事故。亡くなったお子様を思うと胸が痛みます。企業として、販売中止はやむない選択と思いますが、それだけで解決とは難しい問題ですね。
2008/10/17(金) 19:08:05
URL | 虹 #-[ 編集 ]
世の中変な方向へと向かってる?
そんな気がします
トリアージで救われた人は感謝。その逆は批判。でも、助けなければいけない人の数が多ければ必然的に選別(嫌な言葉ですがあえて)は出てくるわけでして、始まったばかりの事を批判だけでは進歩がなく、無になってしまう
こんにゃくゼリーの件は脳に割りばしが刺さった事件を思い出します(見落としは困りますが)
その結果になったそもそもの原因はどこかへ行ってしまって、責任を他に持って行く。そんな風潮がたまらなく嫌です
命を落とされた方には申し訳ないけどちょっと・・・・ってね
マスコミの取り扱い方にも問題があると思いますよ
2008/10/18(土) 00:02:42
URL | ran #LA1CAGAE[ 編集 ]
虹さん
携帯からでしたか。確かに検索は難しそうです。<(_ _)>

>安全は自分でも作る事は大切ではとも思います。

本当にその通りだと思います。

ranさん
避けようのない事態ってありますからね。
それを何とか誰かの責任にしようというような風潮があるような気がします。

ただ、こんにゃくゼリー擁護論が出てきましたね。ニュースでも。
2008/10/18(土) 11:24:15
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/278-015dffb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。