~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
モンスター対策 
2008/10/27 Mon 12:14
CATEGORY【診療】
日経メディカルに『困った患者2008』なる特集がありました。

その中でモンスターのタイプを分類している記事がありました。

・性格的問題型
独善的な価値観でクレームや不当要求を繰り返すタイプで交渉拒絶を通知したり窓口を弁護士にするのがいいらしいです。

・精神的問題型
私を排除しようとしているなどと思っているタイプでクレームとも愚痴ともつかないことを述べるそうです。
真の目的は担当者との心理的密着により『心の欠損』を埋めることらしいです。

・反社会的悪質型
巨額の金銭を得るのが目的で病院をターゲットにすることはまれ。

・常習的悪質型
比較的少額の金銭を得るためのクレームを繰り返す。
相手の矛盾をついたり、毅然とした態度が大切のようです。

この4つに関しては弁護士の方の記事でした。

また、別の病院事務の方の記事で
背景や真の要求を読み解くことが大切とありました。

真の目的は院長と話すきっかけが欲しかっただけであったりしたこともあるようです。

また、見放されたと思いこませない配慮も必要とのこと。

うーん、なんだか、医者の仕事がじわじわと増えているような印象を持ってしまいました。

考え過ぎかな。


『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
かけはし
初めまして。ryoと申します。「患者と医者をつなぐもの」・・・この言葉に自然とひかれ、ブログを拝読させて頂きました。
私は、看護師として15年ほどしか従事していませんが、医師と患者さんとの狭間で様々なことを考えさせられ、今に至っています。
拝読させて頂いた感想ですが、
さすが、医師であられる方が書かれているだけのことはある・・・。ということ・・・私は素人なので、難しい言葉は逆に辞書が必要です。それなりに勉強はしていますが、やはり、さすが・・・としかいえません。これもちょっとした壁なのでしょうか。
看護師は、医師の説明をさらにわかりやすく患者へ説明することが度々あります。それが、仕事・・・といわれれば、はい。と言わざるをえないのですが、本当に信頼される医師は、実に自然に医療用語抜きで、患者へ説明し納得していただいているように思います。
一度、そのような医師へたずねた事があります。
どうして、そんなに説明するのが上手なのか。分かりやすいのか・・・。
答えは、感性でしょ。・・・でした。
どれだけ相手を自分に置き換えて考えられるか、人の気持ちが分かるか。勉強してもムリ。とのこと。逆に不自然になるのだとか・・・・。
それは、その医師の言葉であって賛否両論あるのでしょうが、育った環境も大きいようです・・・・(その医師がおっしゃるには・・・です)
医師には大きな責任が常に課せられているだけに、様々な事を考えざるを得ないのが現状ですよね。
色んな意味で頑張ってほしいと思います。
勿論、医療従事者すべてが常にそういうことを念頭に取り組む姿勢も大事なのでしょうが・・・・。
「かけはし」そのことについて考えることの出来る医師のよっしいさんは、素晴らしいと思います。もっともっとそのような方が増えることを望まずにはいられません。
そして、私の勝手な考えですが、かけはしは、やはり最終的に心に響くものがあってこそ・・・・。
人の「温もり」を感じることの出来る医療の提供を、患者は求めているのであって例えば言葉がうまく言い換えられないのなら最終手段、絵なり、ゼスチャーなり・・・一生懸命さが温かく嬉しく感じ安心するのでは・・・。と・・・
わけのわからないことを書いてしまいまして申し訳ありません。ズレた事を書いていると感じつつ・・・。
私には文才がない・・・。悲しいですが・・・。それこそ勉強不足ですね・・・。
2008/10/28(火) 00:21:01
URL | ryo #qhVXTLRM[ 編集 ]
ryoさん
はじめまして
コメントありがとうございます。

今の医療の方向性として何でも同意書をとって画一的にならざる終えない方向に行っているような気がします。
ただ、画一的な説明をどこまで理解できるかは個人差があります。
医者の教育として、患者さんにわかりやすい説明を。とか、個々の患者さんに対応できるなどと教育を受けてきましたが、実際どうすれば、いいのかは教わりませんでした。
少しでも、患者さんに医療のこと、病気の事を知ってもらいたい。
それが、このブログを続けている理由です。
また、覗いてくださいね。
2008/10/28(火) 21:32:02
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/286-70c07213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。