~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
だんなさんの言葉 
2008/10/29 Wed 12:04
CATEGORY【診療】
まず、先日墨東病院でお亡くなりになった妊婦さんに追悼の意を表します。

その脳出血で亡くなられた妊婦さんのだんなさんが会見されました。

内容をみると本当に心を打たれ、涙が出てきます。

おそらく、つらい気持ちの中、今の医療情勢、などをこの方なりに理解して以下のようなコメントを発したのだと考えられます。

「妻が浮き彫りにしてくれた問題を、力を合わせて改善してほしい。安心して赤ちゃんを産める社会になることを願っている。」

「伝わらないはずがないと思うが、誰も責める気はない。」

「傷ついて辞めるようなことになったら意味がない。絶対辞めないでほしい。」

「墨東病院の医師も看護師も本当に良くしてくれた。彼らが傷つかないようにしてほしい。」

「のど元過ぎれば忘れるのではなく、具体的な目標を持って改善に向かってほしい。何かが変われば『これを変えたのはおまえのお母さんだよ』と子供に言ってあげたい。」

この発言をみて、非常に無念な気持ちが伝わってきます。

無念な気持ちを目の前の誰かに責任を求めるのではなく、原因を分析されて、原因は、こわれつつある医療全体にある事を理解されたのだと思います。

病院の医師を責めても問題は解決しない。

強いて言うなら、今の医療情勢をほったらかしにしていたのが悪い。

これは、理解していてもなかなか出来ることではないと思います。

頭の下がる思いです。

この、1ヵ月にも満たない時間すごく考え、すごく悩み、医療の現場の状況を理解したと思います。

このだんなさんのこのような発言を聞くと、現場の人間としてはもう少し頑張れるような気がします。

ただ、悲しいことは、ことり先生のブログ『夫の会見ー『毎日』の悪意』にもあるように伝え方で全然違う印象になると言うこと。

それと、病院同士の、言った、言わないの件がどうでもよくなったというか、その様なことを伝えるために会見までひらいたこと。

また、行政同士で責任のなすりつけあいをしたこと。

これらの行為、全部、かすんで見えます。

だんなさんの発言は、偉大な力を秘めています。

望まれたように、今の医療情勢をかえるだけのパワーを持っているような気がします。

この言葉の前に、お前が悪いんだと責任の所在を求めたり、責任のなすりつけあいをすることがどれほどむなしいものかよく伝わったと思います。

今回の件をきっかけに少しでも医療がよくなりますように。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

今日発売の週刊文春に、この件に関する記事がありました。

しかも、続くそうです。

もしかして、文春が売り上げを伸ばしたいから先週のあのタイミングでたきつけたのか?

そうだとしたら、文春、ゆるせません。

あかがま先生も『争いの序曲』なんて、先読みしてますし。

なんだかなぁ。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
共感
再び訪問させて頂きました。
確かに、このニュースを知った時は、心苦しいというか、やりきれない思いでいっぱいになりました。
私は、一度、医療の現場から身をひいていた時期がありました。
このような医療の世界・・・行政との関わりの中での矛盾等・・様々な思いがあり、嫌気がさし、逃げた。それが身を引いた時の正直な気持ちでした。
でも、やっぱり、戻ってきました。
地方では、公にされず未だに、いいように言いくるめられてしまう家族がいます。
気付かず終わってしまう現実がまだまだありすぎます。
医療従事者として復帰し、良くも悪くも本当のことを伝え、伝えるからには最後まで責任を持って支えていきたい。
その気持ちが、再び現場復帰へとかりたてました。
辞めても、今は、様々な情報網があり、嫌でも知ることとなる現実。ましてや、一度は経験したことのある医療のこととなると、敏感にならずにはいられませんでした。
逃げずに、向き合う。歩み寄る。
言うのは簡単ですが、どこで歯車がくるってしまった世界なのでしょうか・・・・これから・・・なのでしょうか。すべてを否定するわけでは、ありませんが・・・。
これから・・・そう信じて、鹿児島の地で顔晴り(がんばり)ながら頑張っていこう。と・・・
2008/10/29(水) 19:14:40
URL | ryo #qhVXTLRM[ 編集 ]
>逃げずに、向き合う。歩み寄る。
これは、どんな場面でも必要。
だけど、難しいですね。

お互い、頑張りましょう。
2008/10/29(水) 23:12:07
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/287-76a4d27e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。