~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
看護師副院長 
2008/11/02 Sun 14:16
看護師が副院長の病院が増えてきているそうです。

ドクターズマガジンという雑誌があるのですがその中で『看護師副院長に聞く』というような特集が始まりました。

>よい医療とは、よい医師だけで達成できるものではない。
病院全体のチームワーク、特に看護師集団と医師の信頼関係があって初めて達成される。

>看護部長は看護部を代表するに過ぎないが、副院長は経営陣の一員であり、院長の職務を代行することもできる重要なポジションである。

などとあります。

実際、副院長が看護師である病院数は2004年51病院であったのが2008年246病院と増えてきています。

ただ、私が研修していた大学病院のナースの仕事をしない能力、かつ医師(研修医)に仕事を押しつけてくる能力を身にしみて感じていたので、積極的に副院長に看護師がなるのは恐いな。との印象も持ちます。

ただ、看護師達の意見のまとめ上げる以外にも病院全体のことを考えてくれるようになるならありだと思います。

と思いながら記事を読んでいたら。

病院の種類別に看護師副院長の病院数が載っていました。

国立病院機構  3病院
自治体病院  71病院
公的病院   17病院
大学病院   41病院

となっていました。

数で見るより割合が欲しいと思い調べてみました。

すると、国立病院機構に属する病院は146病院だそうです。
大学病院は、160病院ほどです。

自治体病院なんかいくつあるかわかんないですよね。
公的病院も不明です。

メチャメチャたくさんあるのでしょう。

国立病院機構の病院は、約2%の病院が看護師副院長です。

それに比べて大学病院は、25%もの病院がそうみたいです。

こんなに病院によって違うとは驚きでした。

と同時に、研修医時代の大学病院の働かないナース達がよみがえってきました。

もともと、力が強いから要職につきやすいんだなぁ。なんて思いました。

今後、普及していくのでしょうかね。

どうなんでしょう。

まだ、看護師副院長の具体的なイメージと今後が沸いてきません。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

あまり、まとまりのない話しでしたね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

タグ : ナース 仕事

コメント
この記事へのコメント
働かない看護師ですね・・・。残念ですが、痛感します。年齢が上がるほど多いような気もしなくはないのですが。
立場をわきまえない方もいらっしゃいますし。
残念の一言です。
看護師副院長・・・。イメージですね・・・。私もよく分かりません。
そういう立場になられる看護師の多くは色んな意味で強いのでしょうね。
2008/11/02(日) 22:29:58
URL | ryo #qhVXTLRM[ 編集 ]
実際に、看護師が副院長になってみてどうなんでしょうね。
2008/11/03(月) 08:47:29
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
なぞです・・・
e-376大きな病院ほど、そのようなケースが多いのでしょうか・・・。大学病院ですね・・・。
看護師をある意味統括できる人のほうが、チームとしてやりやすくなるのでしょうか。
けど、立場は副院長・・・。
う~ん・・・。すべての面で責任が課せられてくる立場でもあり、経営だの様々取り組むことも増える・・・。けど、そのような方がいったいどのようにその立場として活躍されているのか。知りたい事が山々です。
副院長ですからね。
ただ、それなりの肩書きは、あられるのでしょう。かなり、勉強はされているのでしょう。人柄としてもそうであってほしい。と、勝手に思っています。人選がしっかりされていたら・・・ですが・・・。
まだ、身近に接したことがないし情報も身近にはないのですが、近々、接する機会ができそうなので、じっくり話を聞いてこようと思っています。素朴な疑問をじゃんじゃんなげかけていこうかな♪と・・・。一個人として。鹿児島ならではの飲ん方(飲み会)での席なのである程度、融通がきくかなと期待して・・・。
2008/11/04(火) 03:54:28
URL | ryo #qhVXTLRM[ 編集 ]
どうも、副院長のポストが複数ある病院で多いようです。

それならば、理解できるような気がします。
2008/11/04(火) 12:48:33
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/289-47382f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。