~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2008/01/28 Mon 11:57
CATEGORY【緩和】
m3のブログで去年の6月8日の記事です。
ASCOが終わったところでした。




ASCO(43回アメリカ臨床腫瘍学会)の演題で急性期緩和ケアに関するものがあったようです。(日経メディカルオンライン

この記事によると急性期緩和ケアとは、
『終末期に限定したケアと考えられがちな緩和ケアだが、最近は治癒を目指す治療をサポートする支持療法として早期から導入し、患者の病期、症状に応じたケアを選択していく。』

以前、緩和ケアはいつからという話をさせて頂きましたが同じような内容で今更って感じがしました。

特に、アメリカのAnderson癌センターからの発表でありましたので余計に。

また、癌専門医に、患者に悪い知らせを伝えるための正式なトレーニングをとの記事もありました。

がんの告知、再発、根治的治療の終了時などが悪い知らせ(breaking bad newsといいます。)でありそのときの患者さんとのコミュニケーションの技術をえるためのトレーニングのことです。

SPIKESとされており

S(setting、skill)プライバシーの守れる場所、アイコンタクトを取る、院内PHSなどで邪魔されないようにする、などです。

P(Perception)患者さんの理解、認識度を確かめて行う。

I(invitation)患者さんの心の準備を確認する。(詳しい話を聞きたいのか、手短に話して欲しいのか。)

K(knowledge)専門用語を使わず、理解、心の動揺を確かめながら行う。

E(empathy、exploration)気持ちを理解する。患者さんの感情に共感する。(『大変驚かれたでしょう。こんな、話をしないといけないのは残念です。』など)

S(strategy、summary)今後の方針と要約

以前、ある研究会(名前は忘れましたが、講師はアメリカの先生でした。)で勉強したことがあります。

この発表において、アメリカでは80%のがん専門医がこのトレーニングを受けていないとしています。

日本がどうだかわかりませんが、この2つの演題をみると日本の緩和医療も決して遅れているわけではないんだな。と思いました。

今後、どんどん緩和ケアを必要とする患者さんは増えるはずです。緩和ケアに精通した医療関係者が増えますように。




『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


米国の方が圧倒的に緩和医療に関して進んでいると思っていたので、少し意外な感じがして記事にしました。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

タグ : 緩和

コメント
この記事へのコメント
緩和医療
いくつか考えていく必要があります。アメリカの新世代の腫瘍内科医の大半が緩和医療にかかわっていること。また、腫瘍内科医の歴史が40年あること。また、腫瘍内科医全員が一般内科専門医であることを考えると、日本のシステム比較するのはとても難しいですね。緩和医療は緩和医療チームだけで走らせるのは米国では無理があります。
2008/01/29(火) 10:33:10
URL | 上野直人 #-[ 編集 ]
訪問ありがとうございます。
上野先生
このようなブログに訪問頂きありがとうございます。

私は、緩和医療にかかわってはいますが、専門は肺がんです。
今の、日本における緩和医療はようやく軌道に乗りだしたところですがまだまだ至らない面もあるかと思います。
未だに、皮下輸液などは行っている施設は少ないですし。
歴史なんて浅いものです。
米国の状況を私自身ほとんど知らないのが現状でASCOの記事が不思議に思えたのでエントリーにあげてみました。

また、いろいろご指導頂ければと思います。ありがとうございました。
2008/01/29(火) 12:42:06
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/29-365d81c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近よく訪問しているブログがあります。現役の内科のお医者さんで、プロフィールには『医者が感じるギャップを埋めるために試行錯誤してい...
2008/01/28(月) 18:40:23 | 両側乳がんで乳房再建中・・・50代シングルの日々

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。