~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
どろなわ 
2008/11/06 Thu 12:04
医学部定員増なるニュースが駆けめぐっています。

比較的ページを割いているのがAshahi.comです。

来年度の医学部の定員を700人ほど増やしてみるそうです。

> 06年末の日本の医師数は27万8千人。提言では、日本の医師数は人口千人あたり2.1人(06年)と、米国の2.4人より少なく、これを経済協力開発機構(OECD)加盟国平均の3.1人まで、引き上げる必要があるとした。

そんな背景があるようです。

ただ、日本の医師数には、70歳になって引退している医師の数や医師免許を持ってるけど専業主婦の数もいれてもなお、少ないですからね。

それをわかるように報道して欲しいです。

また、今のタイミングでの報道は、東京の産科医療がボロボロなのが知れ渡った直後なので(知ってる人は知ってましたけど。)なんかまさに『泥棒をみて縄をなう』がぴったりあてはまりました。

ただ、そんだけのエントリーですが、何か?

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

小ネタですいません。

次は小ネタでないものを用意していますから。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/291-0ff79782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。