~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
国立のセンター 
2008/11/11 Tue 12:38
がんのセンター病院の記事が週刊誌などによく出ます。

がんセンターの役割は、がんの予防、研究、診療、教育、情報発信などが役割としてあり、病院ですが、研究機関の側面もあります。

普通に考えれば、『新しい治療法がすごい。』とか『世紀の発見をした。』などの記事かと思うのですがもっと低俗な記事です。

例えば、今年の4月に麻酔科医の数が約半分になったとの報じられました。

そういえば、去年か一昨年に国立循環器病センターのICUの医師が一斉に退職したことも報じられましたよね。

そちらは、どうなったのでしょうか?

知ってる方教えてください。

最初に聞いたときは、給料安いし、他の科のスタッフだと講演会の収入やセンターのスタッフという地位があるだけでもありがたいのかもしれませんが、麻酔科医にとって、がんセンターの肩書きは逆に合併症のない症例が多いため、下手したらよくないのかも知れない、だからやめたんだろうなと思いました。

実は、名古屋でがんに関する学会がありまして何人かのセンターに勤める知人に聞いてみました。

麻酔科の話は、週刊誌の話でほぼ間違いないらしいです。

根底に金銭が安いこともあるでしょうけど、内部にいざこざがあったことは確かなようです。

非常勤でも人を探していたらしいのですが噂によると時給3000円とのことでこの条件で麻酔をかける非常勤医は皆無に近いことは容易に想像ができます。

ただ、高齢の麻酔科医が4月以降にひとり増えたらしいのですが。

もちろん、麻酔科医の数が減って手術件数が去年までの約60%となったようです。

手術件数を増やすためにレジデントに麻酔科(CCMと言うらしい)を強制的に回らせて手術件数の確保をしていたらしいのですが、レジデント(特に内科系)の反対をうけている状況らしいです。

まあ、内科系のレジデントとしたら麻酔科をまわるよりも緩和医療(麻酔科医が中心になっていることが多い)などを研修したいと思うのは当然でしょう。

ちなみにレジデント何人いるか調べてみました。

・レジデント30名(3年)
・シニアレジデント20名(2年)
・短期レジデント10名(6ヶ月)

合計、60名もいます。

ちなみに、医者の数は300名程度いるそうです。(研究所も含めてだそうですが。)

中央病院だけでの話です。

彼らは、時給2000円程度の非常勤職員扱いで残業はつかない(つけられない)ようです。

もちろん、休日などに必ず来なくてはいけない用事があっても残業は基本的にないそうです。

ですので手取りは、約20万円から24万円程度だそうです。

きっと、すべての残業をきちんとつければ倍近くになりそうですが。

今は、1年目の研修医よりも少ないです。

話がそれてしまいましたね。

長くなりそうなので、続きは今度にしたいと思います。

ほっほーと思った方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


上記の話は、伝聞での話と勝手な推測な話と混じっております。

もし、間違いがあれば訂正させていただきますのでご連絡ください。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
麻酔科医
どうしてそんなに条件が悪いんでしょう?
麻酔科医は医師になる為の過程が、他の科とは違うんですか?
麻酔もでき、内科も診れ、緩和ケア医だったらもっと優遇されていいように思うのですが。

お医者さんが時給3,000円なんて、信じられないです!v-405
2008/11/11(火) 16:11:38
URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集 ]
いえいえ、国が決めたから融通が利かないんです。
もしかしたら、麻酔科医を集めているとのポーズだけかも知れません。

レジデントはもっと安くこき使われているようです。
2008/11/11(火) 22:06:36
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/294-dfe9ba3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2008/11/25(火) 23:04:28 |

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。