~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
がんのセンター 
2008/11/15 Sat 11:33
また、続きです。

手術件数が減って、どんな弊害が出たかですが

・病院が赤字になる。
・外科医のモチベーションが下がる。

のふたつをあげましたが、今日はモチベーションがさがったらどうなるかです。
手術が減ると選りすぐって手術をしているみたいです。

やっぱり、がんの手術をしたいので直接がんの手術でないもの、例えば、人工肛門増設とか術前の腹腔鏡などは他の施設に頼んでいるそうです。

ただ、他の施設に頼んでおいて、カンファレンスなどで信頼できないかも。などというようなこともあるそうです。

また、話がそれましたが手術件数が減ると外科の腕をあげるチャンスがなくなります。

術後の管理も減ります。

要するに暇になります。

この病院に来るような医師はあわよくば、日本のもしくは世界のトップをとろうとしてやってきている人間も多いのです。

そんな気持ちでやってきて、手術できないとなればモチベーションはさがります。

今までは多少しんどくても、勉強なるから、また、理不尽なことを言われても自分を磨くためとか考えられたのですけど。

現実に、ある外科のトップの先生が別の病院にいったりとか、シニアレジデント(卒後5年目以降)の先生が年度の途中で辞めたりとかしているそうです。(ひとりではないそうです。)

今までレジデントが募集して集まらなかったことはないそうなのですが、今年は、まだ定員埋まらずに募集期間を延長しているようです。

レジデント2次募集

まだ、14名も空きがあるんですね。

若い先生には、こんな情報もう出回ってるからでしょうね。

どうなるんでしょう?

どうなるんだって思う方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

上記の話は、伝聞での話と勝手な推測な話と混じっております。

もし、間違いがあれば訂正させていただきますのでご連絡ください。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
減らしたぶんの患者さんは、周辺や患者の地元の病院に紹介されているとか。

医師のモチベーション下がって、手術数も減って、患者にとっても不幸ですね。

病院の内側から壊れてしまっては...。
2008/11/16(日) 00:29:04
URL | Kei☆ #tHX44QXM[ 編集 ]
そうですね。
多分今は、がん診療でベストな病院では亡くなっているように思えます。
2008/11/16(日) 10:04:46
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
ぷぷっ
よっよっしぃセンセ、病院滅“亡”って意味を込めてます??(笑)
2008/11/16(日) 11:56:24
URL | christmas #-[ 編集 ]
あっほんとだ~。
よっしぃ先生、”亡”やん。
きっと、変換候補の優先度が最初なんですね。(*^m^*) ムフッ
2008/11/16(日) 13:48:10
URL | Kei☆ #tHX44QXM[ 編集 ]
christmasさん
kei☆さん

『亡』は、まったく意味がありませんでした。(^_^;)
ただの間違いです。
しかも、変換候補の最初でしたね。(>_<)
2008/11/17(月) 21:30:05
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/295-d2fb97a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。