~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
センターの今後 
2008/11/19 Wed 12:43
たいそうなタイトルをつけてしまいました。

たいそうなタイトルついでに偉そうなことを書いてみます。

この病院は元々外科系中心の病院です。

オープン当初は、患者さんがなかなか紹介されなくて困っていたようです。

多くは自分の出身大学に紹介していたためです。

医局制度のためですね。

ただ、この病院は代々のレジデントが巣立ったあと様々な分野で活躍をしていきました。(なんと今年で40期だそうです。)

そうすることで、徐々に患者数も増え、名実ともに日本のがん治療をにぎる存在に育っていきました。

そして、この病院の各診療科自体が、だんだんと医局の要素を持ち出したのではないでしょうか?

しかも、白い巨塔の時代のような。

ただ、急に麻酔科医が半減してなかなかうまくいかない状況。

そんで、小さなほころびがだんだんと大きくなりやめる人間が出だしたんじゃないでしょうか。

やっぱり、外科医にとって手術件数が大事です。

やっぱり外科系は技術を盗まないといけませんからね。

麻酔科医を確保してこなかった病院の上層部の責任は大きいんじゃないでしょうか?

どうせ、困ったらレジデントにさせておけばいいなんて思っていたんじゃないでしょうか。

しかも、院長先生は病院にほとんどいなくて、他のスタッフから大ブーイングだとの記事が週刊誌に載っていました。

いっそ、これを機会に内科中心の病院に生まれ変わるのがいいんじゃないかと思います。

内科系なら手術件数が減ってもあまりダメージは受けませんから。

内科系でも技術も必要ですが、論文を読んだりして知識でカバーできる部分はかなりあります。

若くてもいい論文があれば一躍有名になるチャンスもあります。

まあ、部外者の私が考えても仕方のないことですけどね。

ただ、やっぱり、最高峰の施設であって欲しいと思うので。

正直、今は癌研有明の方がいいんじゃないかと思っています。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

上記の話は、伝聞での話と勝手な推測な話と混じっております。

もし、間違いがあれば訂正させていただきますのでご連絡ください。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/298-74dd93e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。