~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
外科医と腫瘍内科医 
2008/01/26 Sat 11:58
以前頂いたコメントに対する答えです。

外科医と腫瘍内科医、チーム医療、標準治療に関する記事を載せて欲しいのですが。

外科医と腫瘍内科医は研修時代の経験が違うのですか?
術後のイニシアチブは?
国際学会で決定した標準治療は、日本人に適用になるのか?
知りたい事満載なんです。





『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

まず、最初にお断りしなければならないことは腫瘍内科医がほとんどいないという現実です。
日本において、外科医と腫瘍内科医がいる病院というのは極めて稀でしょう。

多くの病院は、消化器がんの場合は主に消化器外科が対応する場合がほとんどだと思います。なぜなら、手術する可能性が高いからです。
そして、術後も外科の主治医が担当患者さんの治療を行うことが多いのです。

最近では、抗がん剤治療が複雑化してきており外科の先生が手術の合間に片手間で抗がん剤治療を行うことが難しく、リスクの高いこととなってきています。

そこで、米国では腫瘍内科医が抗がん剤治療を行っている現実をみて日本でも腫瘍内科医を作ろうとし始めたところなのです。


>外科医と腫瘍内科医は研修時代の経験が違うのですか?


腫瘍内科を最初から志して研修をしている医者は現在ほとんどいないと思われます。
血液腫瘍、消化器腫瘍、呼吸器腫瘍などを専門としているもしくは、専門としようとしている医師が腫瘍内科に鞍替え(と言ってもする事はほとんど一緒と思われます。)

最近は、大学の講座にも腫瘍内科部門ができてますのであと、5年10年すれば最初から腫瘍内科を志す医師が中堅となるのではないでしょうか。

外科医の研修は、ハッキリとした上下関係のもと術後管理などを中心として、手術の助手などをこなします。

>術後のイニシアチブは?

もちろん、外科医です。

>国際学会で決定した標準治療は、日本人に適用になるのか?

適応になることもありますし、ならないこともあります。

既存の抗がん剤(分子標的薬でない)の効果は、あまり人種差はないようです。
最近は、2種、3種のどの組合せが一番成績がいいのか。を比べる場合が多く各々の薬剤で日本人でも欧米人でも成績が出ているものであれば、そのまま、日本の標準治療となることもあります。

しかし、イレッサ、タルセバなどのように人種間で明らかに効果や副作用の発現率に差がある場合は、そのままあてはめることはできません。(当然ですよね。)

中には、日本で標準治療となっているが海外ではなっていない治療法もあります。
それは、日本人の方が重篤な副作用が少ないためとも言われています。



現実問題として、外科の先生はやはり手術をする事が主な仕事なので抗がん剤治療は内科医がやるべきだろうと思います。
実際何人かの外科の先生に聞いたところ、腫瘍内科医が普及して抗がん剤治療を引き受けてくれるのはありがたいとのことでした。

しかし、医師不足の現在新たな分野にどれほどの医者が集まってくるのか不明です。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

タグ : 腫瘍内科

コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます <m(__)m>
よっしぃさんこんなに早く記事にしていただきありがとうございます。
患者としては、ゆりかごから墓場までくらいな気持ちですが、現実問題はそうなんでしょうね。

外科の先生は手術で万全を期す感じで、術後療法になると標準治療でも過剰だと言うし、反対に腫瘍内科の先生は、そこまでするの?と思うくらい今度は術後療法で万全を期す感じでした。

お互いに自分の持分で万全を期すのはわかりますが、こうして分担してしまうと、誰もトータルに診れなくなるんじゃないかと思ったりもします。

医師不足って診療科目で違うのかと思っていましたが、医師のなり手が少ないという事なのでしょうか?
2008/01/26(土) 21:10:49
URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集 ]
お返事
ガーネットさんが感じられていることはおそらく、外科医と腫瘍内科医の意思の疎通がうまくいっていないため起こりうることではないでしょうか?

トータルで診る、ゆりかごから墓場までと言うのは大切なことだと思います。しかし、それぞれの専門分野もあり今は、何人かで1人の患者さんを診るケースも増えてきています。
ただし、メインで診る医者が1人であとがサポートという感じが理想だと思うのですがなかなかですね。

>医師不足
腫瘍内科医は現在の10倍は必要でしょう。

おそらく、うちは医者が余っていると実感している科はないと思いますよ。

>なり手が少ない
そうですね。現在の医療費を削減しようとする政策を続けるならば、医学部の定員を増やすことは難しいと思います。
また、定員を増やしても効果が出るのは10年以上先ですからね。
2008/01/27(日) 10:49:33
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/30-f3009cdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。