~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
有害事象と副作用 
2008/11/24 Mon 11:53
CATEGORY【診療】
有害事象と副作用は、違うものだと知っていますか?

大きくは、だぶってくるので同じように考えてしまいがちですけど、実は異なるのです。

一番広い範囲を示すのが有害事象です。

有害事象とは、『薬剤の使用者に発生した医学的に好ましくない事象。因果関係の有無は問わない。』とあります。

つまり、『ある薬剤を使用している人間におこった医学的に悪いこと』です。

具体的に言うと、咳止めを飲んで便秘を起こすというような関連があるものもあれば、血圧を下げる薬を飲んでいる期間に風邪を引いて熱を出したのも有害事象に含めます。

ということは、何らかの薬剤を使用中に転んで骨折したのも有害事象です。

何となくわかってきましたか?

要するに有害事象は薬剤を使用している人に関しての問題です。

そう考えれば、副作用、わかりますよね。

これは、薬剤が中心の考え方です。

有害事象のうち薬剤との因果関係が否定できないものを副作用と言います。

因果関係が否定できないとは、薬剤と有害事象の関連を否定できないことです。

こうした、因果関係が否定できないものを調べることにより未知の副作用を見つけることが可能になります。

実は、厳密に言うと『薬物有害反応』と言います。

なぜなら、副作用とは、主作用以外の作用もさすので主作用以外の作用が好ましい場合もあるからです。

当初の目的よりも副作用の効果のために世に出た薬があります。

そうです。

バイアグラです。

有名ですよね。

もともとは、狭心症の薬として開発されたのですけどね。

これを食品にあてはめてみると。。。。

こんにゃくゼリーやもちをのどに詰めて窒息するのも有害事象であり、因果関係が否定できないので薬物有害反応となりますよね。

薬物でないので薬物有害反応とは言えませんが。。。

ということは、どんなものでも有害反応有り得るわけです。

もちろん、健康食品もそうですからね。

ただ、調べられてないだけですから。

まあ、副作用のない薬はありませんから。

でも、主作用(効果)の方が上回っているから薬として認められているんですよ。

勉強になった方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。


そう言えば、タミフル報道の時に、有害事象と副作用を理解して報道していた記事は皆無であったように記憶しています。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
因果関係の有無は問わないっていうと、ものすごく範囲が広くなりますよね。

副作用は、医師から説明されたりしますが、
有害事象も医師が説明することあるんですか?

タミフル騒ぎ、あのまま放置なんでしょうかね?
もう、インフルエンザのシーズンなのに。
2008/11/24(月) 21:37:55
URL | Kei☆ #tHX44QXM[ 編集 ]
有害事象は、その方に起こる全てのことですので説明しません。

だって、事故にあって骨折するとかわかるわけないですし、その様なことは治療とは関係ないことがほとんどですからね。

タミフルは、因果関係がないという結論になっていますよ。

それに反論する方もいますけど。
2008/11/24(月) 21:52:44
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/300-891ac683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。