~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
PFI病院 
2008/12/08 Mon 13:10
PFIとは、『従来のように公共が直接施設を整備せずに民間資金を利用して民間に施設整備と公共サービスの提供をゆだねる手法である。』
(wikipediaより)

発祥はイギリスらしいですね。

要するに、民間の資金やノウハウを活用して、経営効率化をはかろうとすることです。

ちなみに、『プライベート・ファイナンス・イニシアチブ』の略で事業に参加する民間事業者でつくる特定目的会社(SPC)が建設から維持管理、運営などを行います。

病院以外にも刑務所や図書館、学校などにPFIは導入されているようです。

そのPFI病院の第1号が高知医療センターでした。

PFI病院の看板を掲げたのが2005年だったのですが、この時点でPFIの本家イギリスでは、PFIは、病院にはむかないとの記事が『PFIは死んか?』のタイトルで医学雑誌に載っていたようです。

しかも、副題には『PFIは英国で失敗したが、しかしその輸出は止まらない』とあるようです。

ネタ元はこちらhttp://www.izai2.net/eikoku.html

高値医療センターの
期待外れ資料をみて頂くとよくわかります。

さらにもっとわかりやすい例えがあかがま先生のブログです。

『PFIその1』
『PFIその2』
『PFIその3』
『PFIその4』

その中のひとつ、近江八幡医療センターがPFI病院の看板を下ろそうとしています。

『PFI解除へ近江八幡市長が起債提案 市立総合医療センター』
『PFI解除へ近江八幡市長が起債提案 市立総合医療センター』魚拓

やっぱり、PFI病院だめなんですよね。

イギリスでは2005年から指摘されていましたけどね。

最後にまたまた、wikipediaより引用です。

日本のPFIの場合、官と民間企業の垣根が低くなり、癒着が生じやすくなり官民癒着の温床との指摘がある。

また、本来なら医療本体の赤字をカバーする役割だった給食、検査、清掃、薬品調達など利益を生む部門を民間に丸投げ、特別目的会社の構成民間企業のみが利益を得て、医療本体を県民が負担するのみという構造になっているという指摘もある。

しかも、完全に民営化した場合は産婦人科や小児科などの不採算部門が切り捨てられ、地域医療が崩壊するとの指摘も挙がっている。企業契約のヴェールに包まれていて経営内容が闇の中であり、もっと情報公開をとの声がある。

PFI病院最低と思う方『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

ホントによくないですよね。

利益を病院外の企業へ渡しているだけみたいですね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
PFI
よっしぃ先生こんばんは。お言葉に甘えてまたお邪魔します(^-^)

イギリスはことごとく医療で失敗し続けてきていますものね。サッチャーの失政に遡ると聞き知ります。

官民癒着は起こるでしょうし、採算割れの部門…産婦人科・小児科の閉鎖も最初に施行されそうです。
小児科の子供達の遊び場所とかは先ず無駄とされてしまうでしょうね。

経営は大切ですが、医療と商業は一緒にしてはなりませんね。
2008/12/08(月) 23:22:05
URL | エビ #-[ 編集 ]
>経営は大切ですが、医療と商業は一緒にしてはなりませんね。

そうですね。
産科、小児科もそうですけど、救急をきちんと行おうと思えばどんどん赤字になります。
しかも、訴訟のリスクがあるからどんどん救急を撤退する中規模病院が出てきてますよね。

まったく、エビさんの言う通りです。
2008/12/09(火) 12:18:27
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
よっしぃ先生、こんにちは。

初めまして、てんこと申します。
何度もお邪魔してますが、初コメントです。
3年前に右肺下葉及び、リンパ節切除の
手術を受けました。(Ⅰa期)
今年に入って、9月には下がりましたが、
シフラだけが少しずつ上昇していました。
画像には写り込んでいないので、
今は経過観察中です。
病気の事や、気持ちを整理しながら
読ませて頂いてます。

2008/12/09(火) 16:59:17
URL | てんこ #XU/OErbs[ 編集 ]
てんこさん
はじめまして。
腫瘍マーカーも自然経過であがったり、さがったりしますからね。
経過観察もつらいですよね。
ブログが何かの役に立てばと存じます。

また、ぜひ、お越しください。
2008/12/09(火) 22:04:50
URL | よっしぃ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/308-603e0640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。