~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
経鼻内視鏡の欠点 
2008/12/12 Fri 12:47
CATEGORY【診療】
上部消化管内視鏡(通称胃カメラ)検査では、経鼻内視鏡(鼻からの胃カメラ)がもてはやされてます。

理由は、患者さんが楽だからです。

でも、検査を行う医者には楽ではないのです。

簡単に言うと見にくいからです。

経鼻内視鏡が普及してくると何かしら問題がおこるのでは?と思っていたのですが、日経メディカルの12月号に『経鼻内視鏡に死角あり』との記事がありました。

オンライン版は、こちら

現在、上部消化管内視鏡検査のうち約2割は経鼻内視鏡らしいです。
(胃カメラのうち2割は鼻からの胃カメラです。)

2000年頃から咽頭反射(オエッ手なる反射)が少ないので受診者の人気を博したとあります。

しかし、視野が狭かったり、唾液や消化液などを吸う吸引力が弱かったりして見落としが起こっているのではないかと警告しています。

この記事の最後に
内視鏡検査に伴う苦痛から患者を解放し、がんなどの早期発見の功績は大きい。
しかし、人気先行でデメリットが患者や一部の医師に正しく理解されていない。

現在、日本消化器内視鏡学会では、経鼻内視鏡の使用におけるガイドラインを作成しており来春までに公表される予定だそうです。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします。

医療を考える上では常にメリットとデメリットを考えていかなければなりません。

検査を楽に行えるようになることも大切なことです。

しかし、精度が悪い検査ではいけません。

もちろん、今後もっと経鼻内視鏡の性能がアップして普通の経口の内視鏡と変わらないレベルのなるかもしれません。

ただ、そうでない現在、十分に考えてから検査の方法を選択しなければならないと思います。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/310-5ac82b71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。