~よっしぃの独り言                   医者として10年程仕事をしてきました。 医療関係者と一般の方々の間に大きな隔たりがある事も実感しました。 これは、お互いにとって不幸なことです。 このすきまに橋を架けれたらと思いブログを始めました。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
薬価に対する噂 
2008/12/24 Wed 12:25
先日、ベバシズマブ(アバスチン)が加齢黄斑変性症に効果があるというエントリーをあげました。

http://blog.m3.com/yosshi/20081216/1

眼科の先生に聞いてみると、どうも最近発売された、ペガプタニブ(マクジェン)の値段は、1回の硝子体注射で12万円もするらしいです。

一回の治療では効果が乏しいので、6週毎に1年くらい繰り返し硝子体注射が必要らしいです。。

ベバシズマブ(アバスチン)はペガプタニブ(マクジェン)より早くから加齢黄斑変性症に投与されていて、マクジェンより効果が高いと報告されています。

理由は、ペガプタニブ(マクジェン)はVEGF165しか阻害しないため、ベバシズマブ(アバスチン)より効かないみたいです。

なのに、日本で加齢黄斑変性症に保険適応がありません。

アバスチンの薬価は100mg(4ml)で5万円ですが、硝子体注射には0.1mlもあれば充分なので、一回1250円しかコストかかりません。

なんと、ペガプタニブ(マクジェン)の約100分の1です。

そういうわけで、ベバシズマブ(アバスチン)は、加齢黄斑変性症に認可されないのではないかとさえ考えられます。

本当に効く薬が保険適応でしかも安く使えればいいのに。

こんな話しは、専門分野の先生以外知らないんでしょうね。

『人気ブログランキング』へ←ポチッとお願いします

そう言えば、『メトトレキサート』の話しを思い出しました。

メトトレキサートは、抗がん剤としても使うし、関節リウマチに免疫抑制作用を期待して用いることもある薬剤です。

同じ薬剤なのですが、抗がん剤として、内服用メソトレキセート錠2.5mgとして発売されておりお値段は1錠約46円です。

ちなみに、注射剤は200mgで約11500円です。

メソトレキセート錠2.5mgの保険適応としては、『急性白血病の自覚的並びに他覚的症状の緩解、破壊胞状奇胎の自覚的並びに他覚的症状の緩解、胞状奇胎の自覚的並びに他覚的症状の緩解、慢性リンパ性白血病の自覚的並びに他覚的症状の緩解、慢性骨髄性白血病の自覚的並びに他覚的症状の緩解、絨毛癌の自覚的並びに他覚的症状の緩解、絨毛性疾患の自覚的並びに他覚的症状の緩解』とあり、リウマチに使用することは保険請求上できません。

リウマチ用の薬としては、リウマトレックス2mgが先発品として発売されており『慢性関節リウマチ』が適応病名となっており、こちらは、抗がん剤として認められていません。

なぜでしょうか?

ちなみに値段は、2mgで約340円と『メソトレキセート錠2.5mg』の7倍同じ分量で考えると10倍近くになります。

ジェネリックでも一番安いもので190円(2mg)します。

これも、リウマチの先生に聞いた話ですが、抗がん剤の値段でリウマチも使えるようにしたら、製薬会社が儲からないからどの会社も発売しないようになるので、抗がん剤とリウマチ薬と保険適応を分けて認可したと聞いたことがあります。

安い値段で、クスリ流通しているのに何かおかしいですね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tugagu.blog34.fc2.com/tb.php/316-3a7f34ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 患者と医者をつなぐもの all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。